Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北村薫 『八月の六日間』

201555980.jpg
「40歳目前、文芸雑誌の副編集長をしている私。元来負けず嫌いで、若い頃は曲がった事には否、とかみついた性格だ。だが勿論肩書がついてからはそうもいかず、上司と部下の調整役で心を擦り減らすことも多い。一緒に住んでいた男とは、…3年前に別れた。忙しいとは心が滅びると書くのだ。そんな人生の不調が重なった時に山歩きの魅力に出逢った。山は、私の心を開いてくれる。四季折々の山の美しさ、恐ろしさ、様々な人のとの一期一会。いくつもの偶然の巡り会いを経て、私の心は次第にほどけていく。だが少しずつ、しかし確実に自分をとりまく環境が変化していく中で、私はある思いもよらない知らせを耳にして…。」

連作短編集
きっとこんな女性達がいっぱい居るンだろうなぁ~と思う主人公が、山に癒されハマっていく様も今ではよくある事のような気がする山ガールブーム
私も簡易な恰好で気軽に登れる山なら、山登りも好きだけど、なんだか流行っているような先ずは格好だけバッチリみたいなのは苦手で…
それともう1つ、山の暗さが怖いのですね~だからテント泊とか無理だなぁ~と

この小説を読んでいて…
若い頃があって、色々経験して、冒険もして、それなりの思い出やしがらみが出来て、大人になっていく過程で積り溜まった疲れ、そういうモノが自然に触れて感動、それが山登りでなくても、キレイな桜や棚田などの景色を見て感動して癒されるンでしょうね

たまには山に登って、山の匂いを感じてみたいと思いました



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。