Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

真保裕一 『正義をふりかざす君へ』


「別れた妻の願いで故郷に戻った元新聞記者。彼を待っていたのは、彼を憎む者と、7年前の死亡事件に隠された謎だった…。正義の真の意味を問いかける長編ミステリー。」

書名の「正義をふりかざす君へ」は、主人公に向けられたモノなのか…

普段の生活の中でも、なんでよくもまぁ、こんな事を平気で言えるよねとか、よくそんな事が出来るよねとか、コチラ側したら理不尽だったり悪意に満ちてるようにしか見えなくても、アチラ側にすればアチラ側の正義や立場があるンだろうな、と思う事はあります

正義だから何でも言っていい訳でもないし、ましてやふりかざしていいとも思いません



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する