Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平泉中尊寺から毛越寺

岩手県平泉天台宗東北大本山 関山中尊寺に行きました

本堂です
201441219.jpg
お天気が良くて暖かかったです

中尊寺は2011年(平成23年)6月に世界遺産に登録されました
山号を関山(かんざん)と言い、17院により構成される天台宗の一山寺院です。850年(嘉祥3年)に慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。その後、奥州藤原氏の初代清衡が本拠地を江刺豊田館から平泉に移し、1105年(長治2年)に造営に着手しました。
初めに多宝寺が建てられ、次いで大長寿院(二階大堂))が完成したと伝えらえます。大長寿院は高さ15mという大きな建物でした。その中には高さ約9mの金色阿弥陀如来像が本尊として安置されていました。
平泉に侵攻した源頼朝は、大長寿院を見て驚き、それを模して鎌倉に永福寺を建てたそうです。このように、清衛は次々と大伽藍を建立し、1124年(天治元年)には金色堂を完成させました。全盛期には、40にも及ぶお堂や塔などがあったと言われています。
国宝の金色堂は、七宝珠玉が贅沢に使われており、他に類を見ない独自のものです。また須弥壇の中には初代清衡、二代基衡、三代秀衡のご遺体と四代泰衡の首級が収められています。

201441247.jpg
紅葉が始まってる境内はかなり広くて、本堂から不動堂、金色堂へ上って行きます

金色堂は入場の制限があり、そのお蔭で人が多くて観られないという事はありませんでした
とても素晴らしかったです

201441253.jpg
下りてきたところにある平泉文化館にある金色堂を模した花屋

201441254.jpg
盛り出し式 平泉わんこそば芭蕉館でお食事

201441257.jpg
一口サイズのわんこそばをこれだけお盆に盛るなんて、食器を洗うのが大変よね~って(笑)
薬味で味が変えられて良かったです
九州で食べるそばつゆとは違って、旅行に来たンだなぁ~と思えました

昼食後は毛越寺へ
201441260.jpg
もうつうじと読むンだそうですよ
中尊寺は知ってたけど、毛越寺は知りませんでした

201441265.jpg
毛越寺は中尊寺と同じく、850年(嘉祥3年)慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。その後、藤原氏二代基衡が造営に着手し、三代秀衡の時に完成しました。当時はお堂や塔が40以上もあり、お坊さんが生活する建物は500以上もあったそうです。吾朝無双(我が国に並ぶものがない)と言われる程、立派なものでした。
しかし、相次いだ火災により、当時の建物は残っていません。現存する常行堂も、江戸中期のものです。遺跡が良好に保存されていることから特別史跡に指定されています。

201441267.jpg
大泉が池とそれに注ぐ鑓水は、発掘調査に基づいて整備されたものです。この浄土庭園は平安時代の庭園造り秘伝書『作庭記』に忠実に造られたもので、特別名勝にも指定されています。

201441273.jpg

201441276.jpg

201441278.jpg
大泉が池の湖畔をぐるりと歩きました

201441280.jpg
大泉が池は海岸の美しさを表し、鑓水は緩やかに蛇行しながら自然の小川のように造られています。

201441282.jpg

201441298.jpg

201441300.jpg

201441302.jpg

201441304.jpg
やっぱり寺院を巡るのはイイですね
紅葉も観られて満足でした



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。