Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊坂幸太郎 『グラスホッパー』

201555241.jpg
『「復讐を横取りされた、嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探る為、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに─「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯する時、物語は唸りを上げて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた分類不能の「殺し屋小説」』

殺し屋稼業の業界ってのがあるのか、ないのか…
その殺しの手口で、「押し屋」「「自殺させ屋」「ナイフ使い」と、妻の復讐の為にジタバタする主人公の鈴木と、組織の女・比与子が組織のボスの長男を殺しから始まって交錯していくお話です

この『グラスホッパー』を読む前にに、『残り全部バケーション』を読んでいて、同じ殺し屋稼業のお話でも、私は後者が好きです
でも、なんだか続いているようなお話、かなぁ

『グラスホッパー』はバッタの事らしいですが
色んな昆虫というか、生き物の名前の殺し屋が色々と出てくるのと関係しているのかな?
殺し屋業界の話は、これが最初で、次が『マリアビートル』みたいなので読んでみようと思います

最後の出てくる小さな兄弟との出会いと別れが、淡々としていて切なく良かったです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。