Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桐野夏生 『緑の毒』


『妻あり子なし、39歳、開業医。趣味、ヴィンテージ・スニーカー。連続レイプ犯。水曜の夜ごと、川辺は暗い衝動に突き動かされる。救急救命医と浮気する妻に対する、嫉妬。邪悪な心が、無関心に付け込む時――。』

なんだかカッコイイ自分に酔いながら、最低の事を平然とやっている矛盾
いくら愛する妻が浮気してるからって、お薬で抵抗出来なくなった女性を暴行するのは、カッコ悪い事この上ない
腹いせなのか、嫉妬なのか、復讐なのか…???
せめて、カッコ良く口説いてならまだしも、女性を舐めきってて、本当に最低だなぁ~と思いました

ラストでもう少しスッキリしたかったです


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。