Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吉田修一 『愛に乱暴』


20139981.jpg
『これは私の、私たちの愛のはずだった――。夫の不実を疑い、姑の視線に耐えられなくなった時、桃子は誰にも言えぬ激しい衝動に身を委ねるのだが……。夫婦とは何か、愛人とは何か、〈家〉とは何か、妻が欲した言葉とは何か。『悪人』『横道世之介』の作家がかつてない強度で描破した、狂乱の純愛。本当に騙したのは、どちらなのだろう?』

不倫している女性、妻、夫に不倫されている妻の話と分けて書いてあり、ちょっと因果応報なのかな?狂気が宿るの間って、こんな感じなのかな?とか、読み進めていくうちに、じんわり怖いなったり

『愛は乱暴』って、確かに愛すると、相手に対して乱暴になったり、なられたり、周りにも影響を及ぼしたり及ぼされたり、そういうのはあるかもしれない、けど…
ラストで、アリガトウに対してアリガトウと返そうという正気を取り戻す部分はイイと思ったけど、全体的にまとまりがないというか、いまいちな印象。






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。