Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

角田光代 『紙の月』

2013011022.jpg
「ただ好きで、ただ会いたいだけだった。わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。正義感の強い彼女がなぜ? そして――梨花が最後に見つけたものは?! あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代の傑作長篇小説。各紙誌でも大絶賛され、ドラマ化もされた第25回柴田錬三郎賞受賞作」

途中から、騙されてるンだろうな、利用されてるンだろうなぁ、というのが分かっている筈なのに、貢ぐというか、大人のお金に余裕がある女性というスタイルを捨てられなくなっていく気持ちは、分かるようで解らないです

夫とうまくいっていようが、うまくいってなかろうが、若者といる自分が心地良くウキウキしてしまうと、こうした間違いを犯してしまうのかもしれないけど、今の生活を捨てる事の馬鹿馬鹿しさを考えると、ここまでするかなぁ???

冒険に出るような最後はスリリングかも



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。