Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

角田光代 『さがしもの』

kakuta.jpg
「『その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ』、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。初めて売った古本と思わぬ再会を果たす「旅する本」。持ち主不明の詩集に挟まれた別れの言葉「手紙」など九つの本の物語。無限に広がる書物の宇宙で偶然出会ったことばの魔法はあなたの人生も動かし始める。『この本が、世界に存在することに』を改題。」

「旅する本」「だれか」「手紙」「彼と私の本棚」「不幸の種」「引き出しの奥」「ミツザワ書店」「さがしもの」「初バレンタイン」の9編とも本に纏わる短編になっています

「旅する本」と「だれか」は似たような、旅先で同じ本に出会うお話です
他の短編にも同じような事が書かれてるけど、本当に本って、自分の年齢、置かれている状態というか、数年後に読むと印象や感想が違うモノになる、というのは実感します

「彼と私の本棚」が興味深かったです
自分の読む本、好きな作家、好きな作風を知られたくないような、知ってもらって一緒に感動したいような、複雑な気持ちがあって、この2人のように本棚を共有するのは少し抵抗あるかも…
音楽の記憶と共に、本にも、その時の記憶があって、思い出したくて読み返したりする事もありますね

「引き出しの奥」「ミツザワ書店」「さがしもの」は好きな感じ
特に「ミツザワ書店」みたいに、好きな本に囲まれてお昼間を過ごせたら…理想かなぁ



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。