Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

荻原浩 『押入れのちよ』

chiyo.jpg
「失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。」

「お母様のロシアスープ」「コール」「老猫」「殺意にレシピ」「介護の鬼」「予期せぬ訪問者」「木下闇」「しんちゃんの自転車」
面白くて切ないお話を書くと思っていた荻原浩だけど、こんなホラーなお話も書くンですね
表再作の「押入れのちよ」は荻原浩っぽく、押入れに住む幽霊のちよと主人公のやりとりが面白くて、でも何故押入れにいるのかという部分は、切ないお話でした
「コール」はオチがあるお話で、「介護の鬼」はそんな事ある???ってお話
私が好きなのは、最後の「しんちゃんの自転車」です
もう臭いがしたり虫が這っていたりするけど、怖がらず、気持ち悪がらず、そして、しんちゃんもしんちゃんのままで、主人公もしんちゃんのまま接する夜の不思議な時間
なんだか2人で過ごす最後の時間は、誰も邪魔しないというか、2人っきりの異空間で、その描写がとても上手く書かれてると思いました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。