Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

百田尚樹 『永遠の0』

201332343.jpg
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。そう言い続けた男は、何故自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる─。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。」

大好きな岡田准一クンが主演で映画化されている『永遠の0』
色々と話題になっていたので気にはなっていたけど…
先に映画を観た人が、すごく良い映画だったから!と皆に観に行くよう強力に推していて、映画が良かったから本も買って読んでみたのよ~!という事で、読書好きな私に読んで読んで!と貸してくれたのでした

で、読んでみたら、とても良かったというか、よく出来ているというか
太平洋戦争の展開や、その当時の人の苦しい生活、何故兵隊になったのか、生きる為に必死だった時代がよく分かりました

死んでしまった祖父の事を知っている人達に話を聞きに行く各章の中で、私は通信兵が語る特攻隊の話が1番切なく印象深かったです
知らなかった特攻しながら通信ボタンを押すという行為の非情さ、その音を最後まで聞き届ける通信兵、そして、その為に戦後も音楽が聴けなくなる…
涙が出ます

読んでいて、好きだけど岡田准一クンではないかも…と
でも、映画も観に行くつもりです

どういう風に映像化されているのか興味があるのは、零戦の動きです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。