Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お伊勢参りの旅①

早朝の便で大阪伊丹空港へ
20年に1回の式年遷宮だから! 特別なんだから!
と、なんだか母親の勢いに引っ張られ、気が付けばお伊勢めぐりをする事になったのでした

まだ着いたばかりの空港で、早速15th記念ご当地キティちゃんのお土産を買ったり

小学生以来の伊丹空港だけど、こんな街中に下りて行くンだね~って言っていたら、福岡空港も同じやろう~って言われて、そう言えばそうですよね

伊丹空港からバスで、三重県伊勢市へ
途中、車中で配られた昼食のお弁当が面白かったです
20132077.jpg  20132078.jpg
モー太郎弁当っていう黒毛和牛の焼き肉弁当
想像以上に、とても美味しくて嬉しかったンだけど、先ず外箱を取ってからの牛顔の蓋!
20132074.jpg
ちょっと笑ったような、この牛顔に笑ってしまいました
そして、更に!この牛顔の蓋を開けるとメロディーが流れるようになっていたンです
もう、車内のあちこちから電子音の『故郷』が、プープープ、プーププ、プープープープー♪
揃わない輪唱状態にハマってしまって、暫く笑いが止まりませんでした


お弁当を食べたり、車窓から万博記念公園の見事な桜並木を観たり、太陽の塔の大きさにビックリしたり
転寝したりしているうちに、伊勢神宮の外宮に到着です
お伊勢めぐりは、先ず『食物・穀物を司る神である豊受大御神』がお祀りされている外宮(げくう)、豊受大神宮から参拝し、『皇室の御祖先の神である天照大御神』がお祀りされている内宮(ないくう)、皇大神宮を参拝するのが習わしだそうです

伊勢神宮に来た事がある母親が、結構玉砂利の参道を歩くのよって言っていたので覚悟はしていたけど、そうでもなかったです
外宮は左側通行、内宮は右側通行となっています
やはり式年遷宮とあり、観光客がかなり多いという事でサクサク歩いてはいけません

20132083.jpg
第一の鳥居は、新しいのモノに建て替えられていて、白木の眩しい鳥居でした

20132087.jpg
木の大きさにビックリです

20132088.jpg
コチラが新しく作られている御正宮です
10月に第62回目のお引越しがあるンですね

20132089.jpg
20年経つと、これだけ古くなってしまうンだなぁ~と思いました

『式年遷宮は、20年に一度、社殿を建て替え、御装束・神宝も新たに造り替えて、神さまにお遷りいただくという、神宮でもっとも重要な祭です。式年遷宮で全てを造り替え、その美しさを保ち続けています。繰り返し再生することで、みずみずしいままに「永遠」をめざす——。伊勢神宮の「常若」の精神を、式年遷宮は象徴しています』


式年遷宮を迎えた伊勢神宮は、パワースポットとして有名なんだそうです
今の私には、パワーが必要!
その伊勢神宮の中でも、更にパワー漲る場所が「三つ石」
20132090.jpg
注連縄で囲まれた場所がある、何だろう???と思ってました、実は
きっと、何か神聖な場所だから結界が張ってあるンだろうなぁ~と思ったけど、周りには誰もいないし…
周囲を掃いている職員のオジサンに聞いても、「大事な場所」としか教えてくれず、ガイドさんも何も説明しないので、帰ってから知ったパワースポットでした

手を翳したら温かみを感じるそうなですが、なんだか恐れ多くて結界の中に手を翳さなかったのが悔やまれます…(u_u;)

20132098.jpg
参拝者が多いので、手水舎も広く、柄杓も一杯ありますね

そして、内宮へ
20132101.jpg
外宮よりも、森々としている印象

20132105.jpg

3002106.jpg
10月に新しく移る御正宮前の石段には、白木の屋根が造られてました

20132111.jpg
内宮の御正宮です
兎に角、人が多くて多くて、記念撮影するだけでも大変でした
でも、一度はしてみたいと思っていたお伊勢参りが出来て、良かった良かった(^-^)
次回は、もう少しゆっくりと歩いてみたいです

伊勢神宮の外宮と内宮は、近くに隣り合うようにあるのかと思っていたけど、約5キロくらい離れた場所にあるンですね~全然知りませんでした
何事も行って観て感じる事が大事! d(^ω^*) かな


伊勢神宮


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。