Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

篠田節子 『長女たち』

「当てにするための長女と、慈しむための次女。それでも長女は親を見捨てる事が出来ない─親の介護に振り回される女たちを描く国民総介護時代に必読の連作短編。」

「家守娘」
幼い頃から優秀で頼りにされていた姉と、出来が悪いからこそ期待もされず、ただ可愛がられてきた妹
離婚し1人で実家の一軒家に戻ってきた姉とは対照的に、早くにできちゃった結婚し、政治家の養父とその秘書の夫を支える為に同居している妹は忙しい
父親が死んでから母親が急激に弱っていき、一緒に住む姉に重く負担が圧し掛かるというお話
まだ恋愛をしたい、仕事もしなくては生活が成り立っていかない姉の葛藤と、そんな姉にすっかり頼り切り、それでいて母親として娘を叱りつける母親の描写はやるせなくなります
そんな困った状態の母親が更に幻覚を見るようになり、とうとう放火をしてしまうけど、実は姉の為だったというオチは本当に何か出来過ぎてるような気がします
親に家を守るよう育てられてきて、長女は損だと思いながら、でも放っておけないという、これからこういう家族が増えていくンでしょうね…

「ミッション」
チベット山岳民族の健康を考え尽くした恩師が急死した為、後を継ごうと村に入った女性が主人公
確かに、こういうその地方独特の文化や考え方の違いをどうこうしようというのは難しいだろうな~と思いますね
ちょっと怖いお話でした

「ファーストレディ」…これも自暴自棄な様に食べる糖尿病の母親の代わりに、名士としての父親の横に立つ娘のお話
「家守娘」と違い、このお話の主人公には弟がいるけど、男と女では母親に対する感じ方や接し方も違うのは分かるけど…なんだか現実的に受け止めるというか、合理的というか、でも割り切れない主人公の気持ちがよく書かれてます

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。