Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

光原百合 『十八の夏』

20130740.jpg
「恋しくて恋しくて、その分憎くて憎くて、誰かを殺さなければ、とてもこの気持ち、収まらないと思った─ 切なすぎる結末が、最高の感動を呼ぶ物語。第55回日本推理作家協会賞を受賞し、2003年版このミステリーがすごい!第6位にもランクインした珠玉の連絡ミステリー」

「十八の夏」「ささやかな奇跡」「兄貴の純情」「イノセント・デイズ」の4編それぞれ違う印象の短編集です
やっぱり表題作で賞を受賞した「十八の夏」は、主人公と謎の女性との会話や関係性から、これからどうなっていくンだろう???とドキドキさせられて面白かったですね
もう1つ「ささやかな奇跡」も、大阪弁を使う小学生の息子の存在がすごく生き生きしてて、好きなお話でした

最後の「イノセント・デイズ」は救いのあるお話なのか、ちょっとなんだか、あまりにも可哀相な痛々しい少女の姿が浮かんでしまって、辛いなぁ…と





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。