Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乾ルカ 『たったひとり』



「27年前に土砂崩れで半壊したラブホテルを探索に訪れた帝都大学の廃墟探索サークルのメンバー5人。一行がホテルに足を踏み入れた途端、土砂崩れがおこる直前にタイムスリップし、土砂崩れがおこるとまた事故の前に戻されるタイムループにはまり込んでしまう。ループから抜け出すには、事故で亡くなった1人を特定するしかない!? 5人は、1人ずつ建物に残って、土砂崩れに遭遇する実験を始めるが――。極限の状況で噴出する5人のエゴと愛憎を容赦なく描き出す、著者畢生の新感覚ホラー。」

5人のエゴと愛憎だけでなく、その日何故ラブホテルに1人で居て、事故に遭遇したのは誰か?という謎解きが描き出されてます
たった1人で部屋に残るなんて、絶対したくないですね
というか、廃墟探索をしたくないです
特に人が亡くなった曰くある廃墟になんて、立ち入らないに越した事ありません!

乾ルカって色んなお話を書く人だなぁ




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。