Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

瀬尾まいこ 『僕らのごはんは明日で待っている』

20131830.jpg
「運命的でも情熱的でもないけれど、互いを必要としている二人の恋。一人でだって生きてはいけるけれど、あなたとだったらもっと楽しい。泣いて笑って温かい、著者の魅力全開の感動長編。」

感動長編と紹介されてるけど、「米袋が明日を開く」「水をためれば何かがわかる」「僕が敗れるいつくかのこと」「僕らのごはんは明日で待ってる」の連作短編集になってます

高校生の葉山亮太と上村千春が運動会に向けて奮闘する「米袋が明日を開く」から始まる2人の恋の行方、というか大人になっていくお話なんだけど…
そう泣いて笑って温かいという展開ではないかなぁ~と思います

瀬尾まいこの優しい文章で、なんとか読み進めたけど、最後の表題作「僕らのごはんは明日で待ってる」は、辛いお話でした
でも、こんな風に、同じような不幸を経験したお互いが、思いやって感じ合って繋がっているのは良いなぁ~と思わせる瀬尾まいこのお話は好き




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。