Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

芦屋★洞山

福岡へ戻りながら立ち寄ったのが、洞山です
島の真ん中に洞穴があるンだそうですよ!
元は岸から歩いて渡れなかったそうですが、今では地続きになっていて磯釣りしている人が沢山いました
なので、駐車場はフリーな感じだったけど、釣りの道具や餌?が散乱してて、ちょっと残念でした
20131463.jpg
車を停めたところからは洞穴は見えなくて…

20131456.jpg
お!おぉ~!意外に大きく開いてます

20131459.jpg
まぁ、自己責任で、入ろうと思えば入られそうだけど、ロープで規制されてます

20131461.jpg
「この洞穴は、神功皇后が関の津(芦屋)に足を留められた際、弓に矢をつがえ北に向かって放ったところ、矢はこの山を貫いて、はるか先の岩屋に命中。貫いた穴の跡が、歳月と伴に大きくなったものだ、と言われています。」と石碑に書いてありました

洞山の手前にあるのが、堂山蛭子宮
20131465.jpg
ちゃんとお参りして行こうって事で
20131466.jpg
短い石段ですが、急こう配です

「1897年(明治30年)頃、柏原浦に住む佐野屋の老女が、この堂山に延命地蔵堂の建立を発願。その工事中、地下から50~60cmの一席五輪塔、板碑、石仏など300基が出土した。材質は主として石灰石。
壇の浦の合戦後、平家一門の追悼の為に落人達が密かに祀ったものという説。また山鹿兵藤次秀遠の部下として、多くの犠牲を出した山鹿水軍の遺族が供養の為に造立したとする説がある。」

20131468.jpg 芦屋のご当地マンホールです

堂山の対岸、狩尾岬へ
時間が遅かったので???チェーンがしてあり駐車場が閉鎖されてました
残念!
20131469.jpg
遊歩道をぷらぷら
この辺りの海岸は岩盤が多く、波に洗われて色んな紋様が出来上がっていますね
千畳敷みたいです

20131470.jpg
左のこんもりした緑が堂山、右の小さい緑が洞山ですね
満潮時は渡れなくなるとか

20131471.jpg
ズームUP!

20131472.jpg
更にズームUP!!
調度漁船が通りかかりました(^-^)

夕日の時に見られたら、もっとキレイだったかも…
霞んでいたので、残念でした

20131476.jpg
またいつか…



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。