Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

水前寺公園

熊本城と並んで、ずっと行ってみたいと思っていた水前寺公園へ!!
有名な公園なのに今迄1度も行った事がなかったンです
熊本城の近くだとばかり思っていたら、意外に離れてて、駐車場を探してウロウロしているとスーパーを発見したので、地元のお店に寄って面白いモノを発見しよう!と立ち寄る事に

2012年の食味ランキングで最多得点を獲得した、熊本が誇る特Aのお米『森のくまさん』
もう全然手に入らない、デパートにも置いてないって聞いていたのに、地元のスーパーでは普通に売ってました!
熊本まで来て、お米を5kgも買って帰るなんてね~でも『森のくまさん』だもんね~と

私が探していたのは、秘密のケンミンショーでやっていたチーズの様なお豆腐なんだけど、うろ覚えだった所為か見つける事が出来ませんでした
確か、普通にお豆腐のコーナーに売ってるって言ってたンだけどなぁ…
他にもお酒やお菓子を買いましたが、やっぱり『森のくまさん』は大収穫だったわぁ~と大満足♪♪♪

閑話休題…
念願の水前寺公園は、門前町みたいな細い路地を抜けた先にありました
1300888.jpg
燈籠や太鼓橋があり
1300890.jpg
神社のような趣だなぁ~と思っていたら、出水(いずみ)神社が中にあるンですね!


1300891.jpg 水前寺成趣園
大人¥400 小人¥200なり

「桃山様式を代表する優美な回遊式庭園です。1636年(寛永13年)、細川家三代忠利公は、此の地に国府の御茶屋を設け、近侍の豊前羅漢寺前住、玄宅の為に一寺を建立。先の御茶屋も寺の所属とした為、一帯は水前寺の御茶屋と呼ばれるようになりました。その後、三代80年をかけて完成し、陶淵明の詩に由来する成趣園を命名されました。」

1300897.jpg
入場して直ぐ目に入る池
「豊富な阿蘇伏流水が湧出して作った池を中心にした桃山式回遊庭園で、築山や浮石、芝生、松などの植木で東海道五十三次の景勝を模したといわれる。」

こんな大きな池を満たす程、こんこんと湧き出ているなんて、やはり熊本は水資源が豊富なんですね~

1300900.jpg


1300902.jpg
本当に水がキレイ



出水神社の表参道鳥居
1300903.jpg
大きな鳥居です

1300917.jpg
手水舎

1300905.jpg
キレイな水がトフトフ流れています
1300907.jpg
手水舎に、こんなにワサワサと寄生して育ってる苔以外の緑を初めて見ました


出水神社の燈籠です
1300910.jpg 1300908.jpg

よくよく見ると、燈籠の上に狛犬が乗っています
1300911.jpg 1300909.jpg
燈籠&狛犬は面白いですね!! 細川家の九曜紋が施されています


1300913.jpg
細川家三代忠利公の愛用の盆栽の五葉の松


出水神社に参拝して…
1300914.jpg
「明治10年西南の役で、熊本の城下は焼野ヶ原となりました。旧藩主を敬い慕っていた旧藩士たちは、藩主の御霊を祀り御恩に報い、御恩徳によって、戦いで荒んだ人心を安定させ、熊本の町を発展させようとの願望から崇敬者相集い、細川家に関係の深い水前寺成趣園の地を選びここに社殿を創建し、細川藤孝公ほか3柱を斎鎮しました。後に歴代の藩主10柱及び忠興公室ガラシャ夫人が合祀されました。」

学問や産業の神としての御利益があるそう

神水・長寿の水
1300915.jpg
袈裟紋の水磐
細川家二代忠興公がいたく愛でて、袈裟と命名し、庭砌として据え賞翫したものだそうです
勿論、長寿の水は飲みました
普通に美味しかったです

1300918.jpg

1300923.jpg
東海道五十三次を模しているだけあって、歩くだけ色んな景色が観られます

1300920.jpg
富士山も


途中、赤い鳥居が見えてきました
1300924.jpg

稲荷大明神の幟がハタハタしてはいるけど、ひっそりした感じ
1300927.jpg
「細川家九代斉茲公により、1809年(文化6年)に勧請御鎮座され、1838年(天保9年)には、斉茲公御母堂瑶台院様御勧請の二本木御殿鎮守の稲荷社も合祀されました。」

1300930.jpg

1300932.jpg
稲荷神社の赤い鳥居は、惹かれます



細川忠利公と藤崇甲の銅像
1300937.jpg
加藤家の後を受けて熊本に入城された熊本藩細川家初代藩主、忠利公の銅像は、出水神社御鎮座100年記念に建立され、肥後細川家初代藩主で、忠利公の祖父にあたる藤崇公の銅像は、400年祭記念に建立されたようです



1300939.jpg

1300941.jpg

1300943.jpg
水前寺公園の周りには現在の様に高い建物はなく、遠く阿蘇山まで借景した庭園だったそうです


1300945.jpg
池を挟んで、出水神社の表参道鳥居

1300948.jpg
これで、ぐるりと一周
東海道を歩いた雰囲気ですね


萱葺きの古い建物
1300961.jpg
重要文化財の古今伝授の間
1300958.jpg
「細川家の祖で忠利公の祖父である藤孝公が、後陽成天皇の弟、八条宮智仁親王に古今和歌集の奥義を伝授したと言われる古今伝授の間は、当初京都御所内にあり、その後、1871年(明治4年)に細川家に譲られ、解体し保管していた物を、1912年(大正元年)に水前寺公園に移築されました。」

1300952.jpg 1300953.jpg
40年以上も保管しておいて再構築する、その技術も凄いものです
の割には、普通にそのまま建てられていて、吹きっ晒しで大丈夫なの???という感じでした

古今伝授の間古今伝授の間からの眺め
1300951.jpg
元は、茶室酔月亭のあった場所だそうです


1300962.jpg
明治天皇の行幸記念碑もありました

熊本にはお城のあるし、歴史を感じられるスポットが多いと思いました
加藤清正、細川忠利のように、福岡藩黒田家を親しみ観る場所って福岡には無いなぁ…と思ったり
どうなんでしょうね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。