Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

武雄温泉

武雄温泉には有名な楼門があるので、立ち寄ってみようと行ってみれば…
130603.jpg
あらまー!
只今、保存修理中という事で、完全にネットで覆われチラリとも観られませんでした
その後暫くして、この楼門に施されている干支と同じく改修されていた東京駅にある干支の繋がりが話題になり、まぁそのうちまた行ける時があったらな~と思っています

130605.jpg
武雄温泉にも無料の駐車場があるンですね~
写真は武雄温泉新館です

入ると売店があり、温泉の受付も兼ねているようでした
130607.jpg
売店とは反対側の廊下には、ベンチが備えられてたり、湯殿が見学出来るようになっていたり

板敷きの奥にある男性用の大衆浴場
130610.jpg
モダンですね


130611.jpg
湯の中で座れるようにベンチが設けてあったり、手摺付きの階段があったり

130613.jpg
中に下りてみました
ひんやり… 歴史を感じさせる汚れ具合

130612.jpg
浴場の底から見上げた天井
まだ新しい木組みのようで、修復工事でキレイにされたのかなぁ



130619.jpg

130615.jpg
女性用の大衆浴場も同じ造りになってます


130621.jpg
ちょっとお値段の高い上々湯の浴場

130625.jpg
コチラの上々湯はタイル貼り

130628.jpg  130630.jpg
「浴槽底のタイルは、大正15年に施工されたマジョリカタイルです。現在でも色艶やに輝いています。」


2階に上がりまーす
130632.jpg
昔の建物らしい狭くて傾斜のきつい階段

130616.jpg
陶器の電灯傘

130635.jpg
長~い廊下は前面窓で光が燦々と入ってきて良いですね

130639.jpg
大広間です

130647.jpg
かなりの広さがあります
裏手の緑がキレイです

130640.jpg
廊下の窓からは、柄崎神社へと続く緑が見えます

130646.jpg
小和室もありました

130641.jpg
併設されている家族湯の屋根が見えます


130651.jpg
誰も使っていないのが勿体無いくらいの広さと景色です


130656.jpg
武雄温泉新館では、共同の元湯、蓬莱湯、鷺乃湯と、貸し切りの殿様湯、家老湯、柄崎亭があります
殿様湯に入りたかったンだけど、待ち時間が長くて諦めました
そんなに人が多い感じでもなかったンだけど…

武雄温泉は、ちょっとお値段が高めですね
貸し切り湯で¥3000前後

130617.jpg
武雄は、思っていたよりも小さな温泉町でした





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。