Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

柴田よしき 『やってられない月曜日』


20131966.jpg
「高遠寧々、二十八歳、経理部勤務、就職氷河期のコネ入社が引け目──。勤め先は一応大手の出版社、彼氏はいなくても、気の合う仲間もいるし、趣味もあるし、一人暮らしも満喫中。だから辞める気なんか少しもない。けど、職場にあるのは伝票の山と経費のゴマカシとパワハラと不倫……、はっきり言って、不満だらけです! 働く女性のリアルな日常と本音を描いたワーキングガール・ストーリー」

なんだか題名だけで選んだような1冊ですね
週の始まりなのに、既に「やっとられん!」なんて、笑っちゃうって

表題作の「やってられない月曜日」から始まり、「誰にも内緒の火曜日」「とびきり寂しい水曜日」「甘くてしょっぱい木曜日」「それでもうれしい金曜日」「命かけます、週末です」

働くって色々面倒な事が山積みで、うんざりだったり、がっかりだったり、ムカついたり
たまぁにクスッときたり、面白い事も嬉しい事もあるけど、日々戦いであると思う訳です
職場で出来る友は、学生時代の友とは違います
戦友ではあるけど、仲良くてもプライベートまで付き合うような、相手の生活にまでなかなか踏み込めない感じ
自分の時間を楽しめるように、何かを持ってると強いかもって読んでて思いました

で、私も色々とやってみる事に
ジオラマまでの器用さはない、けど、何か作りたいなぁ~って
ちょっと目先を変える気持ちになれたお話でした

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。