Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

瀬尾まいこ 『あと少し、もう少し』


「走るのは好きか? そう聞かれたら答えはノーだ。でも、駅伝は好きか? そう聞かれると、答えはイエスになる――。応援の声に背中を押され、力を振りしぼった。あと少し、もう少しみんなと走りたいから。寄せ集めのメンバーと頼りない先生のもとで、駅伝にのぞむ中学生たちの最後の熱い夏を描く、心洗われる清々しい青春小説。」

各区間を走る男子が、各話の主人公になり、それぞれの走る理由や走るまでの気持ち、学生生活と練習への取り組み、そして本番での駅伝の話が書いてあります

陸上経験の殆どない、頼りない事この上ない顧問の上原先生、全体を通しての主人公は主将の桝井
1区は、身体は大きいのに小心で控え目な設楽
2区は、走りは早く根性もあるヤンキー太田
3区は、ジローこと、お調子者の仲田真二郎
4区は、皆からクールと思われている飄々とした渡部
5区は、1年後輩の俊介
そしてラストの6区は、主人公の桝井

とても中学男子らしいお話です
ちょっと大人になりかかってて、でもまだ子供な、複雑だけど単純な男の子らしさが面白くて、続きが読みたくなりました

努力や一生懸命さが輝く年頃に、もう1度戻りたいなぁ…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。