Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吉村昭 『羆嵐』

1915年(大正4年)に北海道で発生した三毛別羆事件という、ヒグマに因って北海道開拓民が襲われた事件を書いたお話です

「北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現! 日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音……。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。」

余りにも有名なお話だけど、吉村昭という作家は緻密なノンフィクション小説を書く作家として知られていて、この『羆嵐』が1番忠実なのでは、と思っています

北海道に入った開拓民の生活の厳しさを思うと、このような事件が起こったのは悲し過ぎます
でも、相手は動物なので、一生懸命生きているからって情け容赦はしてくれません
それがまた怖い…

ヒグマが津軽海峡を泳いで渡って来たら…と思うと、ドキドキします
九州にも昔々は熊がいたようですが、今は絶滅して生息していない事になってるけど、祖母山で目撃例が出ていたりして、本当はどうなの???と心配しています


吉村昭の小説が面白かったので、幾つか読んでみようかな


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。