Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

柳川雛祭り☆さげもんめぐり②

20130843.jpg
柳川藩立花家の別邸の松濤園、通称『御花』へ

20130845.jpg
立派な門構えでございますね(^-^)

20130847.jpg
「明治43年に立花家の迎賓館として建てられた、鹿鳴館様式の流れをくむ伝統ある建物」です

開園時間は9:00~18:00 入園料は¥500なり

20130850.jpg
入館口のさげもんです

20130925.jpg こんな案内版がありました
松濤園と言う名前の通り、クロマツに囲まれた池庭で、座敷からの眺望を楽しむ観賞式の庭園となっており、冬場には野鴨が飛来するようです

20130913.jpg
松濤園を望む100畳敷の大広間の濡れ縁に飾られた雛人形

この日は某地元の有名な政治家のパーティが催されていたようで、大広間もレストランも貸し切りになっていましたが、2階から
20130920.jpg
「約280本のクロマツ,庭石1500個,石灯籠14基があり、沓脱石の巨石は旧天守閣の台石を移したといわています。」とか

20130921.jpg
「園池のなかの二つの島と多数の岩島」そして、その岩島の間をスイスイと泳ぐ鴨の皆さん

20130923.jpg
う~ん…石だか鴨だか分からないですね~(^-^ヾ


20130918.jpg
和の大広間の向こうに西洋館

渡り廊下を通って西洋館へ

20130853.jpg  20130855.jpg
渡り廊下にはズラリとイラストが展示されていました 
「ワカマツカオリ」というイラストレーターの作品だそうです
立花誾千代のゆかりの地である立花藩別邸での開催『まりしてん 誾千代姫』


20130862.jpg
西洋館へ…

20130865.jpg 表玄関ホール

20130867.jpg

20130866.jpg
シャンデリアが素敵です

20130863.jpg
2階へ

20130875.jpg
「当時は要人たちを迎えた園遊会が催され、その美しさは、明治の面影を今に伝える柳川情緒のシンボルとなっています。」

20130876.jpg

20130880.jpg
「当時すでに自家発電所を設け、輸入品のシャンデリアや電気器具を使っていました。今もランプシェイドなど多くの設備が当時のままに残されています。」

20130883.jpg
天井が高くて暖炉があるのが西洋館らしいなぁ~と思います

20130882.jpg
1階へ

さげもんの飾ってある御役間へ

20130888.jpg

この御花のさげもんの雰囲気が、やはり1番素敵です
20130891.jpg
光の感じが良いのでしょうね

20130892.jpg
この真正面にソファが置いてあるので、ゆっくりさげもんを楽しめます♪♪♪


20130887.jpg  20130897.jpg
鳥の皆さんをクローズアップ

20130895.jpg
こういうの家にあったら良いなぁ~と思ったり


御役間から大広間への渡り廊下
20130908.jpg
窓に向かって置かれている椅子に腰掛けると…

20130905.jpg

20130906.jpg
それぞれに趣向を凝らした雛人形が飾られていたり


20130910.jpg
大広間の廊下にズラリと並んだ金箔押桃形兜(おしももなりかぶと)
これだけの数が並んでいると、飾りの様に見えてしまいますね

外に出ます
20130936.jpg
御花の中にもお濠が入りこんでいて船溜まりがあって

20130934.jpg
この御門は、その昔、船を使った要人御用達だったようですね


20130943.jpg
柳川へ来ると、ゆっくり時間が過ぎるような気がしますね
緑と水と白い御花と、静かな町並み
あんまり飾って無いのが良いのかもしれません


20130954.jpg
柳川へは高速ICも新しい道も出来てきて、行き易くなりました





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。