Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

万城目学 『プリンセス・トヨトミ』

20130483.jpg
「大阪が全停止? 著者が満を持して贈る大阪の秘密…
女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子(ちゃこ)。彼らが暮らす空堀(からほり)商店街に、会計検査院の調査官3人の手が伸びる…」

「5月末日の木曜日、大阪が完全に止まる。あらゆる種類の営業活動、商業活動、地下鉄、バス等の公共機関も一切停止。しかしそのことは大阪人以外は全く知らない。その発端となったのが、会計検査院からやってきた個性豊かな調査官3人と、空堀商店街にあるお好み焼屋の中学生の息子に、その幼馴染の女子。彼らが、大阪人に連綿と引き継がれてきた、秘密の扉を開けてしまうのだった……。歴史と古典を巧みに取り入れた突飛な着想と独特のユーモアで人気を博す著者が京都、奈良を舞台にした物語の次は、いよいよ大阪。万城目マジックをご堪能下さい。」


昨年末の神戸大阪旅行に行った時に、明日は大阪城を観光するという話をすると従姉妹が「映画になった『プリンセツ・トヨトミ』を読んでみたら?なかなか面白かったよ」と勧めてくれてから、ずーっと気になっていて読んでみよう!と思っていました
初めて読む万城目学 まきめって読むのさえ知りませんでした

感想は、大阪やったら有り得る話かも、とちょっと期待させてくれるお話
この本を読んでから、もっとディープな大阪を観て回りたい!と思いましたね
特に千本松大橋、自転車と一緒に川を渡してくれるポンポン船にも乗ってみたいし、実際にある空堀商店街も歩いてみたいし、その商店街でお好み焼きも食べてみたいです

大阪だけでなく、京都や奈良のお話も書いているようなので、今度はそちらも読んでみたいと思っています





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も読んだ~

先月読んだ!面白かったわ~。
丁寧な描写で、登場人物が想像しやすかった。
映画の方も録画したので、見るのが楽しみ。

春は、いまいち調子が上がらなくていかんです。
ボーッとしてる時が多い気がする。全体的に右が調子悪ー^^;

ももなり | URL | 2013年03月24日(Sun)16:47 [EDIT]


私も~

色々と調子が悪いッス…
まぁ、もうジタバタしても仕方ない、かな
疲れてる時には休養が必要だと思えるようにはなった、かな

映画は映画でなかなか良い出来だったと珍しく思いましたよ(^-^)
女性調査官が全く違うタイプとして描かれていたけど、それはそれで有りかなって


ももなりさんへ | URL | 2013年03月26日(Tue)17:57 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。