Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神戸へ☆マウリッツ美術館展

神戸へ
初めて深夜高速バスを利用しました
20129759.jpg
色々と調べてみて、関西方面の深夜バスで神戸三宮に立ち寄るバス会社を選びました
大手の西鉄バスは大阪京都の直行便のみだったので、今回は神戸三宮着のあるWILLER TRAVELという会社の3列独立シートにしました
博多駅からの出発だったのですが、天神や小倉からも沢山の人が乗り込んで来て満員でした
高速道路では運転手の交代だけではなく、バス内にトイレが付いていないので降車してトイレ利用したり、外で身体を伸ばしたり喫煙する人も居たり
同じような高速バスが他にも沢山停車していたけど、西鉄バスやトイレ付バスでは基本的に降車は出来ないようで、リクライニングはするけどバス内にずっと居なくていけないのは苦痛だったかもしれないなぁ~と思って、私達には合っていたね~って
最後の高速SAでお土産も買ったり出来たのも良かったです

20129761.jpg
到着予定時間よりも若干早く着きました
神戸三宮駅前の大きな交差点です

20129760.jpg
とりあえず身支度を整えてから朝食を食べようって事で、パンの焼き上がる匂いに誘われるように三宮ターミナルホテル1Fのベーカリーショップ“シャンテ・クレール”へ
モーニングを食べてる方も多かったけど、美味しそうなパンやサンドウィッチに惹かれて、つい欲張って食べちゃったかも~

20129758.jpg
神戸三宮からは阪急線に乗って大阪に向かう予定にしていたので、そちらのコインロッカーに荷物を入れて身軽になって、帰りの切符まで買ってから神戸の観光スタート!(^-^)b


20129764.jpg
神戸市役所

20129763.jpg 20129765.jpg
市役所前の花時計はボタン、もう来年の干支の巳

そして、市役所前を歩きながら神戸市立博物館の場所を尋ねたオジサンが、調度神戸ルミナリエのボランティア?とかで、色々と案内してくれました
20129767.jpg
コレは絶対観て欲しいと言われたのが、市役所の直ぐ近くにある東遊園地という公園内にある「1.17希望の灯り」
「1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災
  震災が奪ったもの 命、仕事、団欒、街並み、思い出
  …たった一秒先が予知できない人間の限界…

  震災が残しれくれたもの
  優しさ、思いやり、絆、仲間

この灯りは奪われた全ての命と生き残った私達の思いを結び繋ぐ」と書かれています

此処には阪神淡路大震災で犠牲になった人達の慰霊のモニュメントもありました

20129771.jpg
神戸ルミナリエって、木製の枠組みにイルミネーションを施しているンですね

20129772.jpg
木製のアーチが続く通りを通って神戸市立博物館へ

20129773.jpg
『マウリッツ美術館展』の目玉!フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の旗がひらひらり

20129774.jpg
開館の20分くらい前に到着しましたら、もう既に30人以上の行列が出来ていてビックリ☆
私達の様に遠くから高速バスを利用して来ている人が多かったようです
(待ってる間にお化粧してる人もいたり)

20129775.jpg
入館して直ぐに私達は「真珠の耳飾りの少女」だけが展示されているお部屋を目指しました
なので、近くからレーンも遠くからレーンも何度も往復して、じっくりゆっくり観る事が出来て、とーっても満足しました

太宰府の九州国立博物館で観た「真珠の首飾りの少女」も思ってたよりも小さいなぁ~と思ったけど、「真珠の耳飾りの少女」も小さくて、でも胸から上の振り向いた少女だけなので「首飾り」よりも印象的です
青いターバンの色も、本物はこんな青なんだなぁ~としみじみ良かったです

「オランダ・ハーグにある王立のマウリッツハイス美術館が改修工事にはいるため、フェルメールの傑作として知られ、美術館の顔として最も人気の高い「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントによる感動的な再晩年の「自画像」、オランダ風景画の巨匠ヤーコプ・ファン・ライスダールの「漂白場のあるハールレムの風景」、風刺が利いたヤン・ステーンの風俗画「牡蠣を食べる娘」など約50点の出品が実現しました。」

フェルメールも良かったけど、レンブラントの肖像画もフランス・ハルスの「ヤーコブ・オリーカン夫妻の肖像画」もすごく良かったし、ヤン・ステーンの「牡蠣を食べる娘」も素晴らしかったです

大満足なり~~~♪(*´^ω^)(^▽^*)ノシ


マウリッツ美術館展



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。