Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

湊かなえ 『母性』

20120126.jpg
「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説です」著者入魂の、書き下ろし長編。
持つものと持たないもの。欲するものと欲さないもの。二種類の女性、母と娘。高台にある美しい家。暗闇の中で求めていた無償の愛、温もり。ないけれどある、あるけれどない。私は母の分身なのだから。母の願いだったから。心を込めて。私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました――。それをめぐる記録と記憶、そして探索の物語。」



女性だからといって、皆に母性がある訳でもないだろうし、何時まで経っても母親になっても娘のままでいたい女性もいるだろうし、とは思うけど…
逆に母親が驚く程に親離れしている子もいるし、親にべったりしない子もいたり

母親と子の愛情の重さのバランスが悪くて、お互いが求める姿が違い過ぎると不幸だなぁ…というのが、この本の感想ですね
それと、まぁ不幸な出来事が多過ぎるというのもあるけど、火事は全部持ってっちゃうから嫌ですね

自分が親の期待通りに、親の望むようにと考えて行動してきた娘にとって、親から褒められる事が何よりも嬉しく、親といるのが何よりも幸せで、そんな娘が結婚し出産して娘が産まれて…
自分も親の望むようにと生きてきたからと、娘にも同じようにあって欲しいと願い子育てをするけど、全然望むようには育たないから、イマイチ愛せないという、もうね、子供が思うように育つ訳ないじゃん!って

育て方で性格がどうこうなる訳ないンだし、余りにも子供に期待し過ぎても、し無さ過ぎてもいけないンだろうなぁ~と思います



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。