Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

角田光代 『おやすみ、こわい夢を見ないように』

105823.jpg
「あたしこれから殺人計画をたてる。我慢をかさね、やっと受かった高校で待っていたのは、元カレ剛太の抹殺宣言と執拗な嫌がらせ。すべての友に去られた沙織は、不登校の弟をコーチに復讐の肉体改造を決意するが……。理不尽に壊された心のゆくえを鮮烈に描く表題作をはじめ、ひそかに芽ばえ、打ち消すほどに深く根を張る薄暗い感情のなかに、私たちのいまを刻む7つの風景。」

「このバスはどこへ」「スイート・チリソース」「おやすみ、こわい夢を見ないように」「うつくしい娘」「空にまわる観覧車」「晴れた日に犬を乗せて」「私たちの逃亡」

誰の心の中にもある悪意というか、モヤモヤイライラした感情から殺してやりたい傷つけてやりたいという感情まで、様々な憎しみや哀しみが書いてあります
題名に惹かれたンだけど、こわい夢を見ないようにっていうよりも昔の色んな事を思い出したり、今のモヤモヤした気持ちを考えさせられたりで、全然こわい夢を見ないようにじゃないじゃん!と

小学生の頃の先生の理不尽な言動だったり、一緒に生活すると相手の考え方、ああ言えばこう言ってくるというのが分かっているからこそ会話が成立しない、大切な娘の筈なのに思うようにならない、小さい頃の関係性が大人になって逆転するとか
多分、誰にでも経験ありそうな、そんな部分を書いてあって上手いなぁ~と思いました

モヤモヤしている時には読まない方が良いかも


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。