Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桂望実 『嫌な女』

20124222.jpg
「生来の詐欺師・夏子は男をその気にさせる天才。口癖はこれで終わるような女じゃない。 がむしゃらに勉強だけをして弁護士となった徹子は、いつも虚しさを感じている。同い年で遠戚、たびたび夏子のトラブルの始末をさせられる徹子。したたかな女と不器用な女が向き合い噛み締める人生を描く長編」

読み始めた時に感じていたモノとは、全然違う読後感でした

主人公は夏子と徹子の2人という事になるンでしょうが、弁護士の徹子が、夏子の依頼を受けて関係者からお話を聞いていくうちに浮き彫りになる夏子の人物像が興味深いです
数年越しにトラブルを解決する為に依頼してくる夏子と徹子が、それぞれ年をとり、生活の変化が書かれていて、2人の女性の対照的な人生が面白く、徹子の弁護士事務所の人達も魅力的です

虚無感の強い、不器用な生き方をする徹子が、みゆきさんに出会えたが良かったなぁ~と
こういう侍のような女性の弁護士さんが、本当に居て欲しいと思いました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。