Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

横山秀夫 『影踏み』

引き続き、横山秀夫『影踏み』を読んでみました
最初は設定に引っかかったけど、読み進めて行くうちに『臨場』よりも面白くなってきて、こういう連作短編は好きです

色々な事件が起きながら、色んな事が明らかになっていきます

「深夜の稲村家。女は夫に火を放とうとしている。忍び込みのプロ・真壁修一は侵入した夫婦の寝室で殺意を感じた━。直後に逮捕された真壁は、二年後、刑務所を出所してすぐ、稲村家の秘密を調べ始めた。だが、夫婦は離婚、事件は何も起こっていなかった。思い過しだったのか?母に焼き殺された弟の無念を重ね、真壁は女の行方を執拗に追った…。」

こんな泥棒いるのかな?いないよね~多分(^-^;
ドラマになるとしたら、誰が主人公かなぁ???


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する