Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

横山秀夫 『震度0』

「大震災の朝、一人の県警幹部が失踪した。蒸発か?事件か?錯綜する思惑と利害、保身と野心、激しい内部抗争を背景に、N県警幹部6人の密室劇の幕が開く…」

時々読んでみる横山秀夫です
短編が好きだけど、この長編もサクサク読めて、面白かったです
プライドや意地や競争心は、多分きっと女性よりも男性の方が強い!だから、警察という組織の中の、キャリアとノンキャリアの駆け引きは、この『震度0』のように熾烈だろうなぁ…



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する