Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真保裕一 『最愛』

33333622.jpg
「十八年間音信不通だった姉が、意識不明で救急病院に搬送された。重傷の火傷、頭部の銃創。それは婚姻届を出した翌日の出来事だった。しかも、姉が選んだ最愛の夫は、かつて人を殺めた男だという……。姉の不審な預金通帳、噛み合わない事実。逃げる男と追う男。姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ…… 慟哭の恋愛長編。」

真っ赤な装丁に、「最愛」の文字が気恥しいくらいのインパクト
一体どんなお話なのかなぁ?と読み進んでいきました
途中まで、激しいまでの強さを持つ姉の愛情の有り方という感じだったのが、最後になって、切ない姉と弟の愛情が根源にあった事が分かります
ラストは賛否が分かれるかもしれませんね


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。