Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

角田光代 『八日目の蝉』


「逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女達にかくまわれながら、小豆島へ。
偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心揺さぶるラストまで息も継がせぬ傑作長編。」

誘拐の部分で、以前実際に起こった日野OL不倫放火殺人事件を思い出しました

赤ちゃんを誘拐して一生懸命に母親として育てた犯人と、可愛い盛りの子を育てられなかった実の母親と、その後の成長した娘の現在が書かれていて、最後まで一気に読んでしまいました
誘拐から逃亡、発覚してから逮捕までの間に、何故こうなってしまったのか、という過去の部分が入れ込んである書き方が面白かったのかなぁ
誘拐した犯人と、誘拐された娘の過去と現在
これから、どうなるンだろう???と思わせられて、一気に読んでしまった感じ

実際、事件に巻き込まれた家族、特に小さい子供が受ける影響は大きいンだろうなぁ…と

映画化されるようですが、永作博美は適役かも!
誘拐された娘は、もうちょっと影のある女優さんが良いかな


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。