Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

湊かなえ 『贖罪』

『告白』を読んだ後、ずっと読んでみたいと思っていた『贖罪』
33332390.jpg
「取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。 」

各章が、四人の少女と被害者の母親の視点からの独白で、事件の全容とその後の生き方、事件に因り負った傷が明らかになります
題名にもなっている『贖罪』を果たしたと言えるのかどうか…
読んでいて1番印象に残ったのは、教諭になった真紀の独白でした
こういう、なかなか今の教育現場では言いたいけど言えない事、言ってはならない空気に臆せず、真紀に語らせる教諭としてのある意味真っ当なんじゃないかなと思える考え方
『告白』にも通じてるような独白が考えさせられました

日々色々と事件は起こり、その事件の数だけ被害者と加害者がいる筈ですが、実際身近にそういう事件に遭遇したりとか耳にする事もないけど、1つの事件がその後の被害者加害者に及ぼす影響って、これ程根深いものなのかもしれないと思うと、怖いです

大好きな苺とベリーの表紙だけど、中身は重い重い

『告白』程ではないけど、『贖罪』も後味が悪いと思う人もいるかも…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。