Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

多島斗志之 『黒百合』

33332391.jpg
「六甲山に小さな別荘があるんだ。下の街とは気温が八度も違うから涼しく過ごせるよ。きみと同じ年の一人息子がいるので、きっといい遊び相手になる。一彦という名前だ。父の古い友人である浅木さんに招かれた私は、別荘に到着した翌日、一彦とともに向かったヒョウタン池で、この池の精と名乗る少女に出会う。夏休みの宿題、ハイキング、次第に育まれる淡い恋、そして死━。一九五二年夏、六甲の避暑地でかけがえのない時間を過す少年たちを瑞々しく筆跡で描き、文芸とミステリの融合を果たした傑作長編。才人が到達した瞠目の地平!」

初めて読む作家です
そこまで期待していた訳ではないけど、『黒百合』というタイトルからミステリ色の強いお話なのかと思ったけど…昭和初期のお話で、余りにも時代がかけ離れていて、ちょっとノスタルジックな気持ちになりませんでした
ゆっくり進んでいくお話で、過去と現在の章が交互になってます
最後になって、パラパラパラとお話がまとまる辺り、ちょっとNHKの朝ドラのような気がしました


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。