Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桐野夏生 『リアルワールド』

「高校三年の夏休み、隣家の少年が母親を撲殺し逃走。ホリニンナこと山中十四子は、携帯電話を通して、逃げる少年ミミズとつながる。そしてテラウチ、ユウザン、キラリン、同じ高校に通う4人の少女達が、ミミズの逃亡に関わる事に。遊び半分に始まった冒険が、取り返しのつかない結末を迎える。登場人物それぞれの視点から語られる圧倒的にリアルな現実。高校生の心の闇を抉る長編問題作」

読み始めた時はイマイチだったけど、割と最後までスラスラと読みました
女子高生の話し言葉よりも、方言の方がいいなぁ~
女子高生だけでけじゃなく、母親を撲殺する男子高生にしても、とても危うい時期なんだろうね~って部分が、上手く書かれてあると思いました

次は、実際の事件をモデルにしたという『グロテスク』を読んでみようかな


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。