Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

坂東眞砂子 『パライゾの寺』

「明治2年、長崎・浦上村の隠れ切支丹たちが土佐の漁村・天浜へと流罪となった。志操堅固な信徒たちに手を焼く村の顔役らちは、遊郭の女郎たちをけしかけて戒律を破らせ、棄教に追い込もうとする。表題作など、宮本常一とおぼしき民族学者が採集した回顧譚の体裁で語られる、濃密なエロスとグロテスクな哄笑に満ちた7つの物語。」

今の時代が違って、昔々の女性は生き難かったンだろうな~とは思っていたけど…
必死に働いても貧乏な生活が当たり前の時代の、男と女のお話
面白かったです
村人から伝え聞いた回顧譚という書き方も良かったです
ちょっと、宮本常一って人の本も読んでみたくなりました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する