Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山崎ナオコーラ 『人のセックスを笑うな』

「19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬ愛しさが、オレを駆り立てた…。美術専門学校の講師・ユリと過ごした日々をみずみずしく描く、切なさ100%の恋愛小説。思わず嫉妬したくなる程の才能など、選考委員に絶賛された第41回文藝賞受賞作/芥川賞候補作。」 

という後ろの内容紹介も見ないまま、作者の名前が面白いな~と印象に残っていたのと、確か映画になっていたな~という覚えがあった『人のセックスを笑うな』
自分で読む前に、お友達に貸してしまって…
そのお友達は特に何も言わなかったけど、かなり年下だったから、何か誤解されてしまったかも???と思ったら汗が出てきてしまいました
他意はないンだけどなぁ~

選考委員に絶賛されたという文体は、確かに個性的ではあると思うけど…
どうなのかなぁ?というのが私の感想

映画化に際して、主人公の2人は誰だったのか、ちょっと気になって調べてみたけど、う~ん…
まぁ、松山ケンイチは良しとします
でもね、永作博美は違-う!と思ってしまった
小林聡美のが絶対イメージだと私は思うな



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。