Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東野圭吾 『手紙』

ドラマにも映画にもなる作品を沢山出している東野圭吾ですが、初めに読んだ『白夜行』がイマイチで、その後ずーっと読まなくて…
私の中では、ちょっと村上春樹みたいな位置にいた事もあるけど、お友達に勧められて『レイクサイド』と『ダイイングアイ』を読みました
感想は、ドラマみたいというか、ドラマ化されそうなお話です

で、今回は『手紙』
「強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、強盗殺人犯の弟という運命が立ちはだかる過酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。」

東野圭吾の本で初めて、一気読みしてしまいました
一体、どうオチがつくのだろう???と

何故、人を殺しちゃいけないのか?の答えが書いてある本だと思います

私は「罪を憎んで人を憎まず」と言える程、寛容ではありませんが、それにしても、罪を償うという事が一体どんな事なのか、更生するというのはどういう事なのか、考えさせられました
私だったら、どうするだろう???


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。