Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真保裕一 『奇跡の人』

ちょっと重い内容だけど、面白かったよ!と勧められて読んでみました

「31歳の相馬克己は、交通事故で一度は脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から奇跡の人と呼ばれている。しかし、彼は事故以前の記憶を全く失っていた。8年間のリハビリ生活を終えて退院し、亡き母の残した家に一人帰った克己は、消えた過去を探す旅へと出る。そこで待ち受けていたのは残酷な事実だったのだが…。静かな感動を生む自分探しのミステリー。」

面白かった!という表現でいいのかなぁ???
面白かったというか、解説者が真保裕一には有名な本が他にもあるけど、この『奇跡の人』は絶品!と評していましたが、確かに読み応えあって印象に残るお話でした
『灰色の北壁』の方が私は好きだけど、コレはコレで良かったです


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。