Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

池永陽 『真夜中の運動会』

題名に誘われてみました
池永陽は、以前読んだ『コンビニ・ララバイ』が結構面白かったような覚えがあったし、『真夜中の運動会』って、どんな運動会なんだろう???と思って


「大学受験を控えた布施靖の家庭は、波風の立たない平和なものだった。しかし、じいちゃんがボケ始めた日を境に、すべての歯車が狂い出す。父親のリストラ、いそいそと外出する母親の不審な行動、靖を誘惑する年上の女性、そして、愛する彼女がひた隠す謎の過去。家庭崩壊の危機を前に、靖は一人奮闘するが…。優しくも切ない家族小説。」

本当に優しい少年です
普通、ちょっと強がったり生意気だったりする事が多いお年頃なのに、実に優しくて軟派な少年
彼女の存在が光ってますね

多分、こうして手の上で転がされるのを良しとするのも有りだと思えるのって、なかなか難しいと思うンだけどなぁ~

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。