Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

金城一紀 『映画篇』

金城一紀は、『レボリューションNo.3』が大好きで、それから次々読みましたでも、『SPEED』でなんか終わっちゃって…
あんまり面白くなくなった気がしてたけど、久し振りに読んでみた『映画篇』は結構面白かったです!

なんで、開いた最初ページに、オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」のイラストが付いているの??と疑問に思っていたら、映画の題名が付いてるそれぞれ短編を繋ぐ映画として、「ローマの休日」が出て来ます
そして、何故イラストなのか?という謎も、最終話で解けます

それぞれ癖のあるお話ですが、「ドラゴン怒りの鉄拳」と「愛の泉」が好きでした
ドチラの映画も観た事はないけど…

対話篇も読んでみようかな


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。