Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミニオン

20139594.jpg
マクドナルドのキッズセットに付いてたオマケらしいです
謎の生物ミニオン2体

バナナのミニオンは、イヒヒヒ…と笑います
逆立ちミニオンは、くるくる回ります

このオモチャが癒しなんだそうです


スポンサーサイト

PageTop

中村調理製菓専門学校


“クッチーナ・カルド”でランチをしようと思ったら、なんだか駐車場も一杯だし、いつもと比べて人が多い…
何でかなぁ???と思っていたら、近くの“中村調理製菓専門学校”で、学祭があっていたのでした
こういう機会って、あんまりないよね~って事で、調理製菓専門学校の中を見学させてもらいました

1階では、製菓の生徒が作ったケーキや焼き菓子の販売をしていたので、購入
2階以上の教室では、生徒の皆さんの作品の展示が行われていました

20139556.jpg  20139557.jpg

20139558.jpg  飴細工
なかなか独創的だと思いました


パン部門
20139559.jpg  20139560.jpg
パン生地を使った作品は、ジブリをテーマに作ってありました

20139561.jpg
紅の豚

20139562.jpg  20139568.jpg
もののけ姫
たたり神まで、よく作られてるなぁ~って感心します

20139565.jpg
魔女の宅急便

20139564.jpg  20139566.jpg
となりのトトロの猫バス
中には、ちゃんとサツキとメイちゃんも乗ってます(^-^)

コレは…
20139563.jpg
ハウルの動く城???


次はチョコレート部門
20139573.jpg
ココでも、ジブリは人気のようでした

20139574.jpg
モチーフが私の好きな蝶々

20139576.jpg
ハロウィン

20139577.jpg
和モノ

作品は中華料理やフランス料理もあり、なかなか見応えがありました
お料理を作る勉強だけでなく、接客サービスも大切だからか、生徒の皆さんも気持ち良く笑顔で、とても良い学祭でした!!



20139578.jpg
“中村調理製菓専門学校”で買った焼き菓子

20139579.jpg  20139580.jpg
ガレット&クッキー

20139581.jpg  20139582.jpg
チョコフレーククッキー&絞り出しクッキー

ちゃんとした材料を使ってあるだけあって美味しいンだけど、クッキーが少し焼きが硬かったかな
ガレットとチョコフレーククッキーは、すごく美味しかったです


20139585.jpg
ケーキ3種

20139587.jpg  20139588.jpg
オレンジのタルトはしっとりしてて美味しかったです

“中村調理製菓専門学校”の生徒の皆さんが作り、接客サービスもするレストランがあるというのは知ってるけど、なかなかの人気だそうで、しかも平日の開催なので行けないのが残念です…(・ω・`*)




PageTop

Cucina Caldo クッチーナ・カルドでランチ♪


“Cucina Caldo クッチーナ・カルド”でランチです
なんだか、色々と不安を抱えたままだったので、ホッとしたいのもあって…
オーナーとシェフの穏やかな空間の“クッチーナ・カルド”で、ゆっくりランチをしたかったのでした


20139535.jpg
グリーンサラダ生ハム添え

20139537.jpg
アサリのペペロンチーノ

20139539.jpg
ナスとモッツァレラのフレッシュトマトソース

どちらも美味しくて、パンにも合うソースでした(^-^)


20139542.jpg
この日のデザートは大好きなカタラーナ

20139544.jpg
淡い黄緑色のピスタチオのカタラーナは、まったりと美味しくて大満足♪♪♪

この日のお花は、フラワーアーチストが作ったようなデザイン性の高いモノが飾られていて面白かったです
20139529.jpg
出来る事からやっていこう
油断せずに、厳しく、日々を繋いでいこう
グラグラしながらも、と思っていた頃




PageTop

吉村昭 『真昼の花火』

「一族の家業であった繊維業界に材を取った、構造変化に伴う新旧のあつれきをえぐるスリリングな人間ドラマであり、産業小説でもある表題作をはじめ、自伝的要素の濃い未刊行小説四編。」

「牛乳瓶」と「四十年ぶりの卒業証書」が随筆、「弔鐘」と「真昼の花火」が小説という構成です
「真昼の花火」の真綿を使ったお布団から、打ち直しの必要がない人口繊維を使った軽いお布団へと変わっていく時代の流れ、家族との軋轢が、とても読み応えがありました

私として、「牛乳瓶」の牛乳屋さんが居た時代の空気、まるで「三丁目の夕日」みたいだなぁ~と思って、好きだけど、コレも時代と共に姿を消していった仕事ですね
今でも、牛乳瓶を入れる箱が玄関先にあるお家もあるけど、あの鳥の巣のような木箱、私の家にはなかったけど、懐かしい雰囲気になるのは何故なんだろう

PageTop

31アイスクリーム

ちょっとオヤツを食べよ~ぅ!(^0^)/
という事で、賀与丁公園からイオンモール福岡へ

2Fフードコートにある31アイスクリーム

ワンダフルハロウィンの限定メニューのサンデーをオーダー

20139515.jpg
「デビルの仮装をしたホワイトチョコのおばけたちと、怪しげな笑みを浮かべた紫いも味クッキーのジャックオーランタンがデコレーションされ、楽しい夜の仮装パーティが表現されている。」
チョコブラウニーのハロウィンサンデーは、可愛くて美味しくて満足でした


PageTop

駕与丁公園★バラ園


「1,300平方メートルの園内に、180種・約2,400株のバラの花が咲いています。普通株の他にアーチ型や傘仕立て型を多く配置しています。」

ココにしかない品種のバラもあるという事で、いつか来てみたいと思っていた駕与丁公園のバラ園
駕与丁池を取り囲んで、かすやドームと呼ばれる体育館やグラウンドもあり、池の周囲はジョギングコースになっていたり、かなり広い粕屋町の公園です

20139415.jpg
かすやドームの駐車場に車を停めて、駕与丁大橋を渡りました

20139418.jpg
そして駕与丁公園の南側、風車が目印になってる展望公園にバラ園があります

20139420.jpg
振り返ると、真っ白なかすやドーム
結構歩きましたが、展望公園近くにも駐車場がありました


20139424.jpg

20139421.jpg
夕映え

20139428.jpg
オープニングザナイト

20139437.jpg
フロリック

20139439.jpg
インターナショナルヘラルドトリビューン

20139444.jpg
スリーピングビューティー

20139447.jpg

20139454.jpg
スープニールドゥアンネフランク

20139458.jpg
ストロベリーアイス

20139463.jpg
かすやの里

20139467.jpg
バレンシア


20139477.jpg
丘の傾斜に沢山のバラが植えてあります

20139490.jpg
シュタットエルトビレ

20139470.jpg
コンラッドヘンケル

20139474.jpg
エリーナ

20139493.jpg
ディアデム

20139503.jpg
秋空

バラを堪能しました
帰りは駕与丁大橋を通らず、池の周囲を歩いて行く事に
20139498.jpg

20139507.jpg

20139505.jpg

20139499.jpg


かなり歩いて、良い運動になりました(^-^)
20139411.jpg


粕屋町が誇る2品種の独自のバラ「かすやの里」は見つける事が出来ましたが、「レイクカヨイチョウ」は見つけられませんでした
まぁ、いずれまた…


賀与丁公園



PageTop

Patisserie salut パティスリーサリュー

20139193.jpg
お友達が買って来た“Patisserie salut パティスリーサリュー”のパウンドケーキ
普通よりも、かなり小さ目で可愛いサイズです

20139196.jpg
オレンジが勝ち過ぎてない優しくて、上品なお味でした
1切れも小さいので、ペロリと食べられちゃう♪♪♪

お持たせにおススメなり~(^-^)b

PageTop

吉村昭 『星への旅』

111702.jpg
「平穏な日々の内に次第に瀰漫する倦怠と無力感。そこから脱け出ようとしながら、ふと呟かれた死という言葉の奇妙な熱っぽさの中で、集団自殺を企てる少年たち。その無動機の遊戯性に裏づけられた死を、冷徹かつ即物的手法で、詩的美に昇華した太宰賞受賞の表題作。他に「鉄橋」「少女架刑」など、しなやかなロマンティシズムとそれを突き破る堅固な現実との出会いに結実した佳品全6編。」

「鉄橋」「少女架刑」「透明標本」「石の微笑」「星への旅」「白い道」の6篇ですが、死がテーマになってます
「少女架刑」が有名なのと、表題作「星への旅」というタイトルに惹かれて読んでみたけど…
前回読んだ吉村昭とは、ちょっと雰囲気が違う、かな
寂しい印象が残る短編集ですね




PageTop

海の中道海浜公園★バラ園

海の中道海浜公園のバラ園です
ココを観るのも楽しみの一つですね~(^-^)
20139280.jpg
爽やかな色のトロピカルシャーベット

20139282.jpg
確かに、美味しそうなシャーベットカラーです


20139287.jpg
有名なハリウッド女優の名前がついたバラ、イングリッド・バーグマン

20139290.jpg
ん~気品のある赤ですね~!



地面からニョキニョキと咲いている一群がありました
20139292.jpg
コルチカムというユリ科の花
花が先に咲くらしく、ニョキニョキと花だけ開いて立ってる感じで目立ちます

20139294.jpg
上から見ると淡くて優しい感じの花だけど

20139348.jpg
球根には毒があるそう!
ちょっと深海に立ち並ぶオオグチボヤのような、そんなイメージをしてしまったり(^-^;)


20139297.jpg
ダークな色合いの寄せ植え
こういう色合いの植物が多い場所には、コスプレ撮影隊が陣取っていますね


20139299.jpg
屋根のない美術館・光の城までの坂道

20139300.jpg
チーズケーキの上にラズベリーのせのせ♪スウィーツな色合いの寄せ植え

光の城
20139331.jpg

真ん中の人工池
20139337.jpg
時々ブクブク.。o○ と水が出てくるンですね~!

20139342.jpg
なんだか得体のしれない植物
花が終わったのか、実が終わったのか、何故にこんな形のボコボコが羅列してるのかなぁ???

20139344.jpg
コップブラシのような真っ赤な花

20139307.jpg
すごく目立ってた青い朝顔

白壁に仲良く???
20139345.jpg
カマキリの卵と蓑虫が並んでいました(^-^)

フラワーガーデンの入り口に駐車してあった自家用ちゃりんこ
20139314.jpg
赤で揃えたロードタイプのメットも恰好良くて、パシャリ☆彡
どんな男の子が乗ってるのかなぁ~って想像してしまいます




20139317.jpg
コスモスと大観覧車
コレが海の中道海浜公園の風景だと思います

ちびっこ広場にキッチンワゴンカーが色々出ていました
20139321.jpg  20139323.jpg
手持ちのピッツァ、パンツェロッティ
揚げピッツァなるモノで、熱々でチーズとろとろで美味しかったです

20139325.jpg  20139327.jpg
空飛ぶ唐揚げSORAKARAなるモノは、ニンニクの香りが食欲をそそります
1番の行列ぶりでした


帰りはカナールを通って
20139370.jpg
10月なので、もうハロウィン仕様になってます

20139371.jpg  20139379.jpg
ハロウィンも年々定着してきてるようですね

20139375.jpg
ジャックランタンのカボチャって、近くで見ると肉感的…
草間彌生さんがモチーフとして使うのも頷けたり

20139381.jpg
出口の噴水が、調度始まってビックリ☆彡

今年は新しいフォトグラファーもどきが出現しました

海の中道海浜公園


PageTop

海の中道海浜公園★秋の無料開放デー

国営の海の中道海浜公園が、秋の無料開放デーという事で広告されていたので、お天気も良い事だし~と行ってみました
20139214.jpg
こういう催しが春と秋にあり、キレイな花々に触れ合えるのは本当に嬉しいです!

20139215.jpg
広告にも紹介されていたコキア
コキアの丘で有名な茨城県にある『ひたち海浜公園』も国営なんですね~

20139218.jpg
『ひたち海浜公園』に比べると、規模は小さいけど

20139221.jpg
緑から赤、茶色へと変化するコキアの丸さが可愛いですね
真っ赤になったところを観てみたいなぁ~

そして、コキアのある虹の池、彩の池を回るとと、最初のコスモス畑
20139223.jpg

20139225.jpg
オレンジ色のコスモスって、温かい感じがしますね

20139230.jpg

20139237.jpg
ピンク一色よりも、こうした色とりどりのコスモス畑って好きかも~

秋の無料開放デーは、コスモスは6~8分咲きな感じの場所が多い、かな
長く楽しめるように、時期をずらして咲くようにしてあるンだろうけど、丘の上からコスモスを見下ろせる場所は、まだまだこれからで、ちょっと残念でした


20139243.jpg
動物達とも触れ合っておかなくては!

20139244.jpg
白鳥に黒鳥、鴨の皆さん、優雅にスイースイー♪

20139247.jpg
その横で、ギャアギャアとうるさいルリコンゴウインコとベニコンゴウインコ
特にベニコンゴウインコがずっとギャアギャア鳴いていて、小さい子供が怖がる程の騒音ぶり
しかも、止まり木から逃げて、攻撃的姿勢を見せたり、野生全開でした

20139246.jpg
ひっそりとムシアツガメ
アジア圏内で最大の大きさに成長する為、アジアのゾウガメとの異名を持つとか
20139251.jpg
なかなかガメラなゴツゴツした手と愛らしい目です



20139260.jpg  20139261.jpg
あまりの暖かさに??? ぐでーんぐでんしてるカンガルーと元気なカピバラさん

20139263.jpg

20139265.jpg
スッとして静かな佇まいのフラミンゴ達

20139272.jpg
池で餌が散らばらないよう、ロープで工夫

20139269.jpg
食事中のプレリードッグの皆さん

20139270.jpg
その横で、「死んでるのっ?!」と子供達に心配されていたビターンと伸びたプレリードッグ
しばらく伸びていて、いきなりスックと立ち上がり穴に潜り込みました
こんな姿は、海の中道海浜公園ならではだと思ったり

動物と触れ合って、休憩する事に
20139274.jpg
秋の味、巨峰ソフトクリームなり~
めちゃ巨峰でスッキリ美味しかったなり~

20139278.jpg
持って来ていたハッピーターンちょこっとチーズ味
お味は、普通のハッピーターンの方が美味しいね!だけど、💛型が入っていたのはラッキー☆彡

お次はバラの園へ


PageTop

COFEE VELOCE

20139210.jpg
博多阪急や博多アミュエストでお買い物をした後の休憩に、博多駅前の“COFEE VELOCE”へ
結局、博多駅の中のカフェはどこも混雑してるし、“COFEE VELOCE”のアイスココアが大好きという事で、よく利用してます

20139212.jpg
私は、このソフトクリームがデデンとのっかったコーヒーゼリーがお気に入り(^-^)b

もっと郊外にも出店してくれたらイイのになぁ!


PageTop

博多郵便局


博多郵便局が解体され、移転するらしいとニュースで知りました

ずっと其処にあると思っていた大きな建物が無くなるなんて、ちょっと想像も出来ないけど
なんだか、博多駅もすっかりキレイに様変わりして、きっと全く違った景色になってしまうンだろうなぁ~と思うと、少し寂しいような、遠い過去を懐かしむような、そんな気持ちで写真を撮ってきました

博多駅と郵便局の間の道を抜けたり、車を停めて人待ちしたり
深夜に働く郵便局員の姿が見えるのも好きだったな



PageTop

吉村昭自選作品集第11巻

yosimura.jpg
 「羆嵐」「ハタハタ」「羆」「海の鼠「魚影の群れ」「海馬(トド)」

本当は「羆嵐」を読んで他にも読んでみようと思って、 羆繋がりで探していたら、自選短編集しかなかったので…
「羆」はヒグマで、ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇るクマ
そのヒグマを子供の頃から飼っていたけど、成長したヒグマに愛する妻を殺された男が、人間を襲うようになった熊を撃ちに行くお話で、淡々とした中にも壮絶さがありました
「ハタハタ」も、北国の寒村の厳しい生活、昭和の初めの頃はこういう生活が殆どだったのだろうけど、数年に1回の豊漁と父親の遭難を天秤にかけなければならないのが、辛く切ないお話でした

とても昭和というか、戦後の貧しく厳しい生活が伺えるお話です

PageTop

ガトー風月のマロンパイ


今年も届いた秋のスウィーツ(^-^)♪♪♪
ガトー風月のマロンパイです

あぁ、秋だわ
としみじみ味わいました



PageTop

栗ご飯

20139203.jpg
大きな栗を貰ったので、今秋初の栗ご飯です~ (*´ー`) ほっくり甘い
 
栗を剥くのも好き、食べるのも大好き!!

優秀な栗が多かったので、大目に炊いちゃいましたぁ~幸せ♪♪♪



PageTop

荻原浩 『押入れのちよ』

chiyo.jpg
「失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。」

「お母様のロシアスープ」「コール」「老猫」「殺意にレシピ」「介護の鬼」「予期せぬ訪問者」「木下闇」「しんちゃんの自転車」
面白くて切ないお話を書くと思っていた荻原浩だけど、こんなホラーなお話も書くンですね
表再作の「押入れのちよ」は荻原浩っぽく、押入れに住む幽霊のちよと主人公のやりとりが面白くて、でも何故押入れにいるのかという部分は、切ないお話でした
「コール」はオチがあるお話で、「介護の鬼」はそんな事ある???ってお話
私が好きなのは、最後の「しんちゃんの自転車」です
もう臭いがしたり虫が這っていたりするけど、怖がらず、気持ち悪がらず、そして、しんちゃんもしんちゃんのままで、主人公もしんちゃんのまま接する夜の不思議な時間
なんだか2人で過ごす最後の時間は、誰も邪魔しないというか、2人っきりの異空間で、その描写がとても上手く書かれてると思いました

PageTop

SKIPPY PEANUT BUTTER

お友達にお願いして買って来て貰ったモノ
“KIRKLAND カークランドシグネチャー”というコストコの自社ブランド(知らなかった!!)のピュアオリーブオイル5リットルを3本と、この“SKIPPY スキッピィ”のピーナツバター1.81kgです
どうも毎度アリガトウございますです!! 重いモノばかりでスミマセン!!


おぉ…この大きさ!圧倒されます
やっぱり1.81㎏にもなると、重量感が半端ないね~って
わざわざ340gの普通サイズと一緒に記念撮影してみました

20139191.jpg

“SKIPPY”は、「ピーナッツ本来の味と香りを大切にした甘くないピーナッツバターです。おいしさの秘密は選び抜かれた本物だけを使っているから。口の中に広がる香ばしさはピーナッツそのものです。」
この甘過ぎないピーナツバターが好きだという父親の為に買って来てもらったのでした

私も好きだけど、こんなには食べられないです




PageTop

ミスタードーナツ&ハローキティ

ミスタードーナツから、ハローキティのお人形付限定BOX発売!!
数量限定という事で、なんか勢いで買って来てしまいました~♪(* ̄ω ̄)v

お好きなドーナツまたはパイ7個と、ハロウィンの仮装をしたキティちゃんのお人形付で¥1000

20139182.jpg 20139183.jpg
店員さんが限定BOXを組み立てて、窓を開いて、キティちゃんをセットしてくれる間、後ろの女の子の目が釘づけになっていていました

20139184.jpg
「ふんわりとしたイースト生地にホイップクリームを詰め、つぶつぶ食感のストロベリーミルク風味のチョコでコーティング。おばけに付いたしっぽがなんとも言えない可愛らしさ!」のミスドおばけホイップ

20139186.jpg
「クッキー生地をジャックランタンのキティちゃんに型抜きして、ストロベリークリームでコーティングしたハロウィーンらしいドーナツ」と、秋マロンドーナツシリーズから、1番見た目が栗だった「焼き栗ドーナツチョコ」をお試しに

秋の旬の栗を使用した商品で、香ばしい粒状の焼き栗が入ったマロンホイップを詰め、チョコとゴマでデコレーションした味も見た目も栗そっくりな焼き栗ドーナツ2種と、人気のココア風味のポン・デ・ショコラ生地を使用したドーナツ3種を発売中!だそうです


PageTop

『永遠の0』



遅い時間ではあるけどロングラン上映中の『永遠の0』
映画の日に観に行く事にしましたが、予想外に観客が多く、しかも女子高生や高校生のカップルが8割

本を読んでいるので、内容が分かっているからストーリーは追い易かったです
現在と過去が交差するので、若い時と年取ってからの登場人物が追い難いかも

ドッグファイトからの神業という飛行シーンが、なかなか想像出来なかったけど、映画を見て「おぉ、成る程~」と分かったのが映画を見て1番良かったかな

本とは違うけど、本と同じように最初と最後が同じ場面というのも良かったです
最後の鬼気迫る顔、その時の思い、気持ちは、観てる人がどう感じたかで変わるのかもしれません
私は、こんな戦争をしている世界と自分と、取り巻く環境への葛藤、抗う事の出来なかった自分に対して、大局の前での無力さなど色々な想いをぶつけてやる!ぶつかってやる!つもりだと受け取りました

最後に、この映画はかなり批判されているようで…
私からすれば、同じ零戦の映画を作った宮崎駿が、どうしてそこまで批判するのか、全然零戦がカッコイイとかそういう感じは受けなかったけどなぁ、と違和感がありました
本の中で、こんな飛行距離を持つ飛行機を作ったら、搭乗員は過酷な戦いを強いられる…と零戦を批判する場面が出てくるンですが、その零戦を設計した人を主人公にした映画を宮崎駿が作っていたから???と思ったり
それぞれ思想信条はあるだろうし、あって当然だけど…
私は、若者にこそ観て欲しい映画だと思いますね






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。