Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大晦日

大晦日は実家で過ごしました
ウチの家では、年越し蕎麦は父親が張り切って作ってくれるンです
紅白歌合戦が終盤に差し掛かった頃、甘めのおつゆの匂いがしてきて、あぁ、年越しだなぁ…
としみじみしながら食べるのが小さい頃からのウチの大晦日です


かまぼこ嫌いなんだけどね(^-^;
何時も彩りにって絶対入れられちゃうのも毎度恒例

今年の紅白歌合戦の視聴率はどうだったのかな



スポンサーサイト

PageTop

ケーキハウス・アン

東区のケーキ屋さん開拓ぅ~(^-^)bその2
香椎参道にある有名な“ケーキハウス・アン”
調べてみたら、東区から北九州方面へ展開しているようですね~知らなかった!

ずっと以前、シュークリームを食べたような気はするンだけど…
この香椎参道ってJR鹿児島本線の踏切で何時も渋滞しているイメージがあって、なかなか行かないンですよね~
でも、福津店も出来てるようだから、これから福間海岸や宮地嶽神社に行く時には立ち寄ってみようかなぁ~と思います


苺のタルト 甘さ過ぎず、もう少し苺が甘かったらという声もあったけど、私は酸味があるのも良いと思いました

20120017.jpg
ガナッシュチョコレートケーキ 意外にあっさりめ

20120022.jpg
バナナのミルフィーユ

やっぱり東区で有名なケーキ屋さんだけあって、どれも美味しかったです♪♪♪
特にバナナのミルフィーユは好きでした


ケーキハウス・アン


PageTop

クリスマス☆彡

クリスマスケーキを受け取りに大丸パサージュ広場へ
毎年恒例の双葉女学校によるハンドベルの演奏が雰囲気を盛り上げます
20120046.jpg  20120047.jpg
今年のボトルキャップベアーには、サンタの衣装が着せられていて可愛かったです(^-^)b
クリスマスツリーはLEDがギラギラと七色に変化せず、ゆっくり変化するのも良かったです

さて、今年のクリスマスケーキ
20120058.jpg
アクアテラスの苺のタルト

20120065.jpg
シェ・クアノのプティフールDEリース

なんだか何時もと同じような感じで、いまいち気分が盛り上がらなかったので…
来年はデパートで頼むの止めてようかなぁ

ももなりシェフから頂いたクリスマスケーキ
20120067.jpg
ずっしり重いケーキを3種類
お豆さんのとアップルのとナッツゴロゴロだったかな

20120071.jpg
このナッツゴロゴロが私は1番好きだったです!!
どうもアリガトウ




PageTop

初雪彡


ホワイトクリスマスになるかもね~
と言っていたら、本当に雪が降ってきました

寒いけど、雪が降るとワクワク☆するの~ d(^ω^*)



PageTop

伊坂幸太郎 『SOSの猿』


20120244.jpg
「家電量販店の店員・遠藤二郎は、イタリアで修行したエクソシストというもう一つの顔を持つ。遠藤は他人の発するSOSを見過ごせない性格だった。ある日、知り合いの辺見のお姉さんにひきこもりの息子・眞人の悪魔祓いを依頼され、辺見家に赴く。
 一方、桑原システムの社員・五十嵐真は、20分間で300億円の損失を出した菩薩証券の株誤発注事故の調査を命じられる。 菩薩証券は、ミスの原因をシステムのせいにしたがっているという。聞き取り調査を始めた五十嵐は、なぜか奇怪な幻想に翻弄されていく。
 眞人の部屋で『西遊記』を発見する遠藤。そして五十嵐の前には異形の猿が......。これは現実か妄想か。二つの物語のゆくえはいかに。」


伊坂幸太郎って好きな作家なんだけど…
この『SOSの猿』は、あんまり面白くなかったなぁ~私は

漫画家の五十嵐大介さんとコラボした作品なんだとか
漫画『SARU』を読んだら、また違った感想になるのかもしれないけど、漫画は吉田秋生くらいしか読まないから多分読む事はないかな、と思います


PageTop

くるみの木

東区のケーキ屋さんを開拓(^-^)b
という訳で、東区のJR香椎線土井駅の近く、青葉にある“くるみの木”
駐車場には車が一杯停まっていて人気のようですね~

ちょっと遅めの時間だった所為もあって、ケーキの種類は少なめでした
小さめのデコレーションケーキを買ってみました

ショコラーデ
「しっとり柔らかなチョコスポンジに、ミルクチョコレートと練乳のクリームをサンド。トリュフをたっぷり飾りました。」

スポンジも柔らかく、練乳入りのクリームも甘過ぎず、なかなか美味しかったです♪♪♪
パクパクパク~っとあっという間に食べちゃいました~(*^ワ^*)
上のトリュフが滑らかで、とーっても美味しかったので、ツヤツヤのチョコレートケーキも食べてみたいと思いました


くるみの木




PageTop

原田マハ 『普通じゃない』


「御厨しいな26歳。花をこよなく愛して就活するもことごとく失敗。だが、ひょんなきっかけで都市開発企業社長と知り合い就職したしいなを待ち受ける「妄想」の数々……。信ずれば夢は叶う!ハートウォーミングな物語。」

全然知らなかったけど…
SNSmixi公式企画「ミクドラ」として限定公開された初の小説を書籍化だそうです

まぁ、そう言われれば、そんな感じだなぁ~というお話です
ドラマみたいな、ね
多分、玉木宏とか綾瀬はるかとか真木よう子とか出てきそうな感じ
「ありえねぇ~」と思わなければ、面白く読めると思います

『カフーを待ちわびて』は面白かったンだけど、コレはぼちぼち


PageTop

神戸イスズべーカリー

“神戸ISUZU BAKERY イスズべーカリー”
とても沢山の種類のパンが置いてあり、アレもコレも食べたくなりました
20129890.jpg
すごく美味しそうなパンの香りがする店内にうっとり
神戸マイスターが焼く食パンにすごく心惹かれたけど、まだまだこれからの行程を考えて断念

それでも、小さな山型食パンがあったので…
20123937.jpg
ゆず食パンだったかな???
 
20120023.jpg
トーストすると、ゆずの良い香りがして果肉も食感も調度良く美味しかったです♪♪♪


20123941.jpg  20123940.jpg
食べ応えありありシナモンロールと優しいお味のミルクフランス


20123938.jpg  20123944.jpg
大好きなクグロフ型ハーフ
リンゴとレーズンの生地にレモン風味のアイシングがかかってます


買って来た“イスズベーカリー”のパン全部当たり~ヽ(〃▽〃)ノ 美味しかったなり~♪

催事で来てくれないかしら???

ISUZU BAKERY


PageTop

またまた!成城石井プレミアムチーズケーキ

神戸から阪急電車に乗って大阪へ向かう途中の事
あ!(*゚ρ゚) アレは!!

特急が通過する駅構内に「成城石井」の文字を発見!母親も気付いたようで間違いないよね?!って
それで、大阪の従姉妹に聞いたら成城石井のスーパーが阪急梅田駅にあるよ!って教えて貰ったので、おぉ~またまた大好きなプレミアムチーズケーキを買えるじゃん(≧∇≦)ノシ
2人で大喜びしちゃいました

20120027.jpg
結局、今回もプレミアムチーズケーキを4本お買い上げ
私は写真撮り忘れてるけど、上がシュトロイゼルじゃない有機苺とブルーベリーのチーズケーキも買ってみました
すっごく見た目がキレイでうっとりしちゃったンだけど、やっぱりシュトロイゼルのチーズケーキの方が美味しかったです(^-^)b

20120029.jpg
この上のサクサクっとしたシュトロイゼルが美味しさの重要ポイントなのかも~
ベリーがもっと酸味があったら良かったのかもしれないとも思ったけど、チーズが負けちゃうかなぁ

20120036.jpg
成城石井が福岡にも進出してくれたら良いのにな!!


PageTop

ふる里の味 とん蝶

大阪の従姉妹が「帰りに食べてな!」
と、わざわざ新大阪駅に立ち寄って買って来てくれた只今激熱中らしいおこわ“ふる里の味 とん蝶”
20123936.jpg
ずっしりと重かったぁ…(^-^;

元はお菓子屋さん“御菓子司 衣笠”が作ってるみたいですね
「国内産もち米の白蒸しに大豆、塩昆布を合わせ、彩りに小梅を添えました。 白蒸しの味わいが郷愁をそそる弊舗自慢の逸品です。」とか

20123946.jpg
ずっしり重いだけの事はあって、かなりモチモチっとした美味しいおこわだったそうです
上品な味のおこわでもあったようです

店頭販売のみ!
とん蝶

PageTop

大阪城②

いよいよ大阪城内へ入場します
大手門です
20129985.jpg
本当に何もかもが大きいなぁ…

「城の状麺を大手(追手おって)と言い、その入口を大手口(追手口)、設けられた門を大手門(追手門)と呼ぶ。現存する大阪城の大手門は寛永5年(1626)、徳川幕府により大阪城再築工事の際に創建された。正面左右の親柱の間に屋根を乗せ、親柱それぞれの背後に立つ控柱との間にも屋根を乗せた高麗門形式である。」
20129986.jpg
「屋根は本瓦葺で、扉や親柱を黒塗総鉄板張とする。開口部の幅は約5.5m、高さ約7.1m。親柱・控柱の下部はその後の腐食に因り根継が施されているが、中でも正面右側の控柱の継手は、一見不可能にしか見えない技法が駆使されている。」


大手口枡形という城の主要な出入口に設けられる四角い区画の先にある多聞櫓
20129988.jpg

その大手口枡形にある巨石です
20129990.jpg
「敵の侵入を食い止める役割を果たした大手口枡形は、城の威容を誇示する巨石が数多く使用されている。」
写真手前の巨石は大手見付石で表面積が約29畳敷(47.98㎥)の城内4位、写真奥の巨石は大手二番石で約23畳敷(37.90㎥)の城内5位の大きさがあるとか

こんな大きな石を瀬戸内海の小豆島から運んだようですよ!凄いですね~

多聞櫓です
20129992.jpg
「大手口枡形の石垣の上に建つ櫓で、大門の上に跨ぐ渡櫓とその右側に直角に折れて接続する続櫓によって構成される。徳川幕府による大阪城再築工事により寛永5年(1628)に創建されたが、天明3年(1783)の落雷に因って全焼し、嘉永元年(1848)に再建された。」

20129994.jpg
「土塁や石垣上に築かれた長屋状の建物を一般に多聞と呼ぶが、その名称は戦国時代の武将・松永久秀が大和国の多聞城でこうした形式の櫓を初めて築いた事に由来すると言われる。
現存する多門櫓の中でも、この多門櫓は最大規模で、高さ約14.7m、建築総面積は約710.25㎥ある。渡櫓内部には70畳敷を最大とする部屋が4室、続櫓内部には廊下のほか9畳・12畳・15畳の部屋が計6室あって、多数の兵や武器を蓄える事ができ、枡形の内側に多くの窓があり、また大門を潜る敵を真上から攻撃する櫓落としの装置が設けられるなど、高い防御能力を備えている。」

20129993.jpg
櫓の上に計300畳以上の広さがあるだけあって、厚み?というか門なのに、門を入って土間を通って門を抜けるような感覚ですね

20129995.jpg
「大阪城の二の丸には京橋口、玉造口にも多聞櫓があったが、現存するのはここだけである。」

20129999.jpg
ボランティアのおじさんの多聞櫓の説明を聞きながら写真を撮っていると…
ココでカメラが終了!!(o;TωT)o" なんでやねん!

リセットしても駄目なので泣く泣く諦めて、後は携帯でパシャパシャ☆

201200086.jpg
2Fに展示されている現在天守閣で使われている金の鯱鉾と伏虎、菊の御紋の原寸大レプリカ
圧倒される大きさでしたよ~!
この前で記念撮影している人が多かったです

8Fの手摺にはカバーが掛けられてました
201200087.jpg
そして、落下防止のネットが張られてました
201200088.jpg
でも、カメラで撮影出来るようになのか、ところどころネットがなかったは良いと思いました



201200023.jpg
大阪城
「豊臣秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改めさせ豊臣氏の影響力と記憶を払拭するように再建したとされる。その後、幕府の近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。

現在は、昭和初期に復興された天守と幕末期の櫓や門などが現存し、城跡は国の特別史跡に指定されている。」
復興天守には市民の寄付金申し込みが殺到したとか
半年で目標額の150万円(現在の600億から700億円に相当する)寄付金が集まったそうで、市民の熱い心意気を感じます

本当に立派なお城でした







もう1つ グッと心惹かれた建物がコチラ
201200021.jpg
大阪市立博物館
旧陸軍第四師団司令部庁舎を利用して昭和35年(1960)に市立博物館として開館し、平成13年(2001)に大阪歴史博物館の開館に伴い閉館したとか

大阪に現存する最大の戦争史跡として保存する予定ではあるものの、今後の仕様予定は未定となっているとか
勿体無いです
こんな歴史のある建物は利用してこそ!




PageTop

大阪城

昨夜は親戚のお家にお泊り
夜遅くまでお喋りして、しっかり朝ご飯を食べて、伯父ちゃんの車で大阪城まで送ってもらいました
『プリンセス・トヨトミ』って本も面白かったで~と従姉妹に勧められたンだけど、舞台となった大阪城って今迄1度も観た事がない!是非観てみたい!

大阪城の第一印象は、兎に角大きいンだなぁ…って事
駐車場からお濠を回って城内に入るまでが、ぐる~りと広くて大変!

このお濠なんて、福岡のお濠なんて比べモノにならないくらい広さ
20129957.jpg

駐車場から城内までは、キレイに整備された公園です
20129958.jpg
多分NTTかな


20129959.jpg
桜の木が一杯で、きっと春のお花見の季節は多くの人で賑わうンだろうね~って

20129961.jpg
枝垂れ桜の並木かなぁ~って言っていたら…

20129962.jpg
1本だけ、コレはどう見ても桜じゃない???って
早咲きの寒緋桜かな?表記がないので分かりませんでした


20129965.jpg
桜並木エリアを出ます

20129967.jpg


20129968.jpg

20129971.jpg NHKらしいです

20129973.jpg

20129975.jpg
NHKって立派な建物なんですね~
お隣りは元防災センターだったかな???

20129977.jpg
桜並木エリアを出てからココまで5分くらい歩いていると思います
なかなか城内まで辿り着かないです

20129981.jpg
駐車場から歩く事20分、ようやく城内へ

この広さを感じられただけでも、大阪城が幾度も天下取りの舞台になってンだなぁ~
と実感出来ました

城壁とお濠の立派さに圧倒されて、同じような写真ばかり撮ってしまってます

出来れば桜の季節の来てみたいですね



大阪城

PageTop

ご当地マンホール☆神戸

久し振りに、ご当地マンホールの蓋シリーズを(^-^)v

20129762.jpg
コレは三宮駅の近くだったかな???
神戸ポートタワー、風見鶏の家、ロープウェイ…後はちょっと分かりません

20129782.jpg
コレは元町辺り 六甲山かな

20129849.jpg
コチラは上の写真のものと同じマンホールみたいだけど、ピンク色が付いてました

コレは北野異人館辺り
20129885.jpg
風見鶏に街灯、ポートタワーと神戸海洋博物館、そして旧居留地の建物かな?

20129891.jpg
コレは芸術的過ぎる感じだけど、このタイプよく見かけました


PageTop

神戸ルミナリエ

今年で18回目を迎える神戸ルミナリエ
今年のテーマは「光の絆」です

土日祝日は入場制限があります
私達は点灯30分前くらいから案内に従い、元町から大丸のある四つ角へ出て行列に参加しました
もう、噂にも聞いていたし覚悟もしていたけど、こんなに凄い人が集まるなんてビックリ☆という感じでしたが、その人の多さで寒風にも耐えられました
片側2車線の道路幅一杯にいる人が、ゆっくりゆっくり進んで行くンです

大丸から行列に並んで、点灯時間になっても徐々にしか列は進んで行きません
旧居留地に入り、ぐるりと回って、もう1度大丸まで戻って来て大丸の正面です
20129900.jpg
とても神戸の街に合う、旧居留地の建物のような大丸

20129903.jpg
すごくお洒落だよね~と言い合っていたンだけど…
こうしてお洒落なデパートになっているのも、阪神淡路大震災で被災して新しく建て直したからなんですよね


20129904.jpg
旧居留地38番館とTESTA神戸居留地

この角を曲がると、ルミナリエが目に飛び込んできました!

うっわぁ…
綺麗だね~~~!!

神戸ルミナリエのオープニングを飾るアーチ「フロントーネ」
20129909.jpg

「記憶への扉」
20129912.jpg
高さ24m 雄大なギリシャ文字アルファがモチーフ

20129914.jpg
下まで来ると、その大きさに圧倒されるねって
もう、私達も周りからも「うわぁ…」「キレイ…」と感嘆の声が漏れるだけ('▽'*)

20129916.jpg
通りにビルに映るのも、またキレイです ルイ・ヴィトンのドットイルミネーション


メイン会場の東遊園地へと続く23連アーチ「ガレリア」
20129921.jpg

「空の回廊」
20129925.jpg
確かに、空に浮かぶ道標のような感じ


20129922.jpg
バーニーズニューヨークの入った25番館

「空の回廊」を歩く頃には人波も緩やかになっていて、お洒落なビルに映るルミナリエを観たり、路上の出店を冷やかしたりする余裕があります

神戸ルミナリエは、協賛企業と市民や観光客からの募金に依って成り立っているそうです
その募金は1人¥100
コレくらいなら子供でも気軽に募金出来ますよね(^-^)b
私はポケットに入っていた数百円を募金させてもらいました

20129926.jpg
最後のガレリアの向こう、東遊園地のメイン・スパッリエーラが見えて来てワクワクどきどき☆彡

「光の到達点」
20129931.jpg
「ルミナリエはヨーロッパのバロック時代(16世紀後半ルネッサンス期)に盛んに創られた祭礼や装飾芸術のひとつとして誕生した、光の魅力を駆使した建築物がその起源とされ、やがてイタリア南部において電気照明を使用した幻想的な光の彫刻に変化を遂げ、現在の形態になったものです。
様々なデザイン様式の木製アーチの構造体に色とりどりの電球で彩色が施され、その設置デザインによって三次元的な芸術空間を創造するもので、アーチ型構造体を道路上に設置したガレリアと呼ばれる遠近感のある回廊や、スパッリエーラと呼ばれる光の壁掛けなどで構成されます。」


20129932.jpg
いよいよスパッリエーラの中に入ります!

もう、中は写真を撮る人、頼む人、皆うっとりしたり笑顔ばかりの大混雑
20129938.jpg
オメガをモチーフにした光の道のフィナーレに相応しい、輝く光の園です!

イタリア人のヴァレリオ・フェスティと神戸市在住の今岡寛和の共同作品であるルミナリエ
20129940.jpg
「阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐ、神戸のまちと市民の夢と希望を象徴する行事として開催しています。
大震災が起こった平成7年(1995)の12月、年初の悲しい出来事による犠牲者への慰霊と鎮魂の意を込めた「送り火」として、また、間もなく新しい年を迎える神戸の復興・再生への夢と希望を託して「神戸ルミナリエ」が始まりました。未だ震災の影響が色濃く残り、復旧途上にあった神戸の夜に初めて灯った、イタリアからやってきた荘厳な光の芸術に連日感嘆の声があがり、震災で打ちひしがれた神戸のまちと市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。そして、会期終了直後から継続を求める強い声が市民や各界から寄せられ、翌平成8年(1996)の開催が決定しました。」


20129944.jpg
「カッサ・アルモニカ」
過去と未来の輝きと共に生命の響きを伝える光の記念堂

20129950.jpg
なんだか、何時までも観ていたい、立ち去り難い気持ちになりました


それでも、大阪で待つ親戚のトコに遅くならないうちに行かないとね…って
振り向き振り向き帰路へ
20129952.jpg
外から観たスパッリエーラ

20129954.jpg
東遊園地の外にあるソロピース「光の戯れ」

この後は阪急電車に乗って大阪まで
特急だった事もあって、意外にあっという間に着いちゃって、ご馳走になりました
フグの白子焼きウマウマ~ヽ(〃▽〃)ノ ホロ酔いなり


神戸ルミナリエ

PageTop

神戸北野三宮

北野天満神社から歩いて三宮まで下りて行く事にしました
下りて直ぐのトコにある「風見鶏の家」
20129880.jpg
北野町広場には休憩してる人、修学旅行生などが一杯いて、この風見鶏を撮影している人も多かったですね~

20129882.jpg
こうして見ると風見鶏らしいかも

トーマス坂を下る途中にあったスターバックス
20129884.jpg
景観に見合うお洒落な洋館風の造りになっていました
そろそろカフェタイムと思ったけど、行列が出来ていたので諦めました

生田神社に立ち寄りたかったンですけど、もう神社はいいって却下されて残念!
それでも、トーマス坂から下った辺りにあったよね~と探していた美味しいパン屋さんを発見!
20129888.jpg
“イスズべーかりー”見つけた時は嬉しかったぁ~('▽'*)

「国的にも通用するハイレベルの技術・技能者を神戸市が認定した制度=神戸マイスター」をパン部門で初認定されたパン職人が焼いてると観光前に調べている時に知って、すっごく気になっていたのです!(≧ω≦ )ノシ

荷物になると思いながらも厳選してパンを数種類購入しました

神戸と言えば、やっぱりチョコレート・パン・珈琲が美味しい街という事なので、絶対食べてみたかったンだけど、朝食で食べた“シャンテ・クレール”も昼食の”フリュティエ・コム・シノワ”のパンも美味しかったから、“イスズべーかりー”も楽しみ楽しみ♪♪♪


さて、阪急三宮駅まで戻りました
20129892.jpg  20129894.jpg
駅前広場にあったオブジェ
調べてみたら「AMORE アモーレ」 愛という事らしいです
震災復興モニュメントとして「不屈の精神で立ち上がる姿が表現」「人間の体をモチーフに地上から高みへ上る人物をイメージ」してあるンだそうです
芸術って難解ですね…(^-^; 私の印象では「よっこらしょ、絶妙バランス」かな???


振り出しに戻しました
20129895.jpg
神戸そごう前
そろそろ日が傾いてきました
これから、神戸ルミナリエの観光客が増えてくるのかなぁ?と思ったけど、元町アーケード内はそう混雑もしていませんでした

20129898.jpg
本当は“はらドーナッツ”のカフェ“豆茶”に行きたかったンだけど…
すっごい混んでいるし、寒い中待ってられなかったので、飛び込みで入ったお店でケーキセットを食べましたが、写真撮り忘れなり

地元常連客がいるような昔ながらの喫茶店で、接客も温かく親切でした
神戸の人って、観光客が多いから慣れてるのかなぁ

PageTop

神戸北野八幡宮

北野町広場のトコに北野天満神社がありました
学問の神様だそうです
20129858.jpg

「北野天満神社は、霊顕あらたかな学問の神様で親しまれている菅原道真公をお祀りする由緒ある神社です。
治承4年(1180)の6月、平清盛公が京都から神戸に都を移し、福原の都をつくるに当たって禁裡守護、鬼門鎮護の神として、京都北野天満宮勧請して祀られた古い歴史をもっています。」

北野八幡神社の鳥居
20129860.jpg

大河ドラマ「平清盛」に関連して、「KOBE de 清盛2012」イベントを開催中とか
20129861.jpg
とても急勾配の石段に息が上がりそう!でも、そんなに段数はないので大丈夫(^-^)b

とてもイケメンな清盛公のイラスト入り幟
20129862.jpg
あんまり評判が良くなかったらしい大河ドラマだったけど…
縁の地では盛り上がっていたのでしょうか

お手水処
20129863.jpg
祀られている菅原道真公は学問の神様ですが、この「叶え鯉」への祈願が恋愛成就に御利益があるというこ事で、良縁を祈願する叶い恋の絵馬もご奉納できるようになっておりますとか

20129864.jpg
鯉に水をかける事から、恋にかけるという事らしいのですが、恋に賭ける?駆ける?
なんか、どちらも危険な恋の予感がするような???( ̄ω ̄*) しちゃいます

20129868.jpg
そろそろ受験の終盤、追い込みの時期だから、御神籤がいーっぱい!

太宰府にも鎮座している御神牛
20129866.jpg
菅原道真公は丑年生まれで、牛を可愛がっていたようですね
この御神牛を撫でている人がちらほら


20129869.jpg
境内の中央にある拝殿

20129870.jpg
寛保2年(1724)から神戸の港を見守り続けてきて、現在は舞の奉納や結婚式が行われているそうです


境内からは、直ぐ下にある有名が「風見鶏の家」があります
20129874.jpg

ズーーームUP!
20129875.jpg
もっと大きく、鳥って形をしていると思っていたけど、意外にシンプルだったね~と


HPには「港が見える丘の神戸・北野天満神社」とあります
20129876.jpg
海は見えるけど、港までは高層ビルが建っていて見えてるのかなぁ???

20129878.jpg
海まで見下ろせるというか、広く神戸市街地を見渡せる神社ですね

20129879.jpg
神社の直ぐ裏手は堂徳山
紅葉の時期に来たらキレイかもしれません



北野天満神社

PageTop

神戸北野おらんだ坂

「ラインの館」の横の細い坂道を上って行きます
20129836.jpg
本当に細くて、ようやく擦れ違えるくらいの幅のトコもあるし、かなりの急な上り坂です

20129847.jpg
神戸北野の阿蘭陀坂らしいです
「オランダ坂」って言うと長崎ってイメージが強いけど…
こういう異人館のある場所の坂は、オランダ坂って呼ばれるものなのかも???

20129837.jpg
坂の途中の横道も、長崎に負けず劣らずの細道で、まるで猫の通り道みたいです

20129838.jpg
坂の途中の立派なお家も、神戸北野異人館地区の美観に沿うようにしてあるみたいにモダンで素敵☆

20129839.jpg
でも、毎日この坂を上がったり下りたりは辛そぉ…(^-^;

20129840.jpg
オランダ坂を上りきったトコにある北野東公園

20129843.jpg
ココから左に石畳の小径を通って北野町広場を目指します
って、本当は観光客の波に乗って進んでるだけだったりします

20129844.jpg
途中、紅葉がキレイ~♪

20129846.jpg
北野観光するつもりじゃなかったから、あんまり色々と調べてなくて…(^-^ヾ
でも、確か有名な「風見鶏の館」とかは観ておきたいよねって

オランダ坂から見下ろした神戸市街地
20129850.jpg
かなり高いよね
写真じゃ分かり辛いけど、遠く海まで見えます
夜景もキレイだろうね~って

長崎のヘイフリ坂を思い出して、また歩いてみたくなりました


PageTop

神戸ぐるりんバスから観光☆彡

神戸三宮駅まで戻って、駅前から神戸市内を回っている観光バスシティループに乗って、バスから乗ったまま観光をする事に
ちゃんとバスガイドさんが居て、主要観光施設の案内もしてくれます
20129795.jpg
メリケン通り沿いにある神戸郵船ビル
初代米国領事館の跡地に大正7年(1918)、曾禰達蔵・中條精一郎の設計により旧日本郵船神戸支店として建設された近代ビル。 当初は銅葺きの屋根と円形ドームを戴いていたが、昭和20年(1945)の神戸大空襲で焼失。その後昭和28年(1953)戦後の改修に当り、安井武雄の事務所の設計で円柱を角柱にするなどの修復工事が行われ、当初の装飾的な華やかさがなくなりモダンな印象の建物となったとか


メリケンパークにある神戸ポートタワー
20129797.jpg
メリケンパークだけでなく、神戸のランドマークとも言える高さ108m
「真紅のつづみ形のポートタワーは、高さ108m。世界最初のパイプ構造の観光タワーで、その形は世界でも類を見ないユニークなことで知られています。360度見渡せる展望室からは、港と市街地、六甲山や大阪湾・淡路島までのぞめます。」とか

今回はバスから観光だったけど、展望フロアには床が回転する喫茶室があるらしく、360度パノラマ展望を20分1周りで楽しめるそう!下関の火の山公園にある回転するレストランを思い出しました

つづみ型の面白い形だけど、大震災の時も殆ど被害を受けなかったンだとか
地上部よりも地下部が重たくなるよう設計されていて、また設計段階で何度も実験を繰り返し、実際に震度7の揺れにも耐えたそうで、ユニークな見かけと違ってしっかり者のタワーなんだなぁ~と感心しきり

20129798.jpg
ホテルオークラ神戸と神戸海洋博物館

そのままバスは元町中華街から旧居留地を抜け三宮駅へと戻り、北野異人館街へ
神戸ルミナリエの為の交通規制が始まったらしく、途中からバスは迂回したり渋滞に巻き込まれ、ウトウトしていると着きました
北野異人館バス停で下車して、目の前にある異人館へ
20129803.jpg
ラインの館

異人館は有料のトコが多いようです
大体¥500~¥1000の入館料が要るようですが、コチラは無料
20129805.jpg
大正4年(1915)に建築された木造2階建下見板張りオイルペンキ塗りで、開放されたベランダ、ベイ・ウィンドー、軒蛇腹、よろい戸など、明治時代のいわゆる異人館の様式をそのまま受け継いでいますとか


20129806.jpg
建築主はJ.R.ドレウェル夫人で、明治9年当時大阪造幣寮の
御雇外国人であったイタリア人マンチーニ氏と結婚しました。しかし同13年マンチーニ氏が死亡した
ため、ドレウェル氏と再婚しドレウェル邸と呼ばれていましたが、その後ドイツ人が住み、近年神戸市が所有者となったので名称を一般公募したところ、ドイツのライン河ではなく下見板の横線(ライン)が美しいからという事で、「ラインの館」となったようです


20129816.jpg 玄関ホールにはクリスマスツリー

先ずは2Fへ
20129817.jpg
コレがベランダなの???と神戸市街地を一望出来る広い廊下って感じ

20129818.jpg
異人館の街並みの向こうに近代的な建物が見える風景
昔は海までスッキリと見渡せていたのかもしれません

20129820.jpg
ランプみたいなシャンデリアが素敵です

20129822.jpg
2Fからお庭を見下ろすと、まだ紅葉が頑張っていました


20129828.jpg 20129829.jpg
もう薄らとしか残っていないけど、飾り模様の施された鏡には正装した貴婦人と紳士がいました

2Fでは、北野異人館街の歴史や震災関係の展示などがありました
神戸の街の無残な被災写真を見ると、本当に地震は怖いとも思ったし、よくぞここまで復興したなぁ~と感動もしたり
人間って頑張れるンだねって

1Fはギャラリーやお土産物屋さんがありました
20129830.jpg
お庭に面した出窓のトコにもクリスマスツリー


20129833.jpg
ラインの館



PageTop

神戸元町ランチ♪フリュティエ・コム・シノワ

美味しそうなケーキ屋さんって感じのお店が出していたランチメニューに惹かれて…
20129793.jpg
“Fruitier Comme Chinois フリュティエ・コム・シノワ”

パスタランチとサンドウィッチランチの2種類のみで、先着20名様のみケーキ付!ヽ(〃▽〃)ノ
やっぱり神戸のケーキって魅力ありありだもんね

20129784.jpg
かぶとゆずのチキンスープ
白菜もたっぷり入っていて、なんだか初めて食べるお味のチキンスープで美味しかったです!

20129785.jpg
自家製パンって書いてはあったけど、何故かキッシュまで付いてきました~おぉ
サービス良過ぎるぅ~!('▽'*) しかも温めてありました
パンも美味しいね~って言っていたら、お店の方が「ウチはパン屋さんもやっているンですよ」と教えてくれて、良かったらと店舗カードまで持って来てくれました

20129787.jpg
メインのブロッコリーとツナのトマトパスタです
ブロッコリーの茎も柔らかく、トマトの酸味も程良く、トマト大好きな母親は大満足♪♪♪
私もツナの臭みが全然なくて、とても美味しい!と思いました

ケーキ付きで喜んでいたのに食べられるかしら???というくらいのボリューム

でも、ゆったりとしたお店の雰囲気のままお喋りしているうちに、美味しそうなケーキが運ばれて来ると食べられちゃうから不思議なもので
20129789.jpg
アマンドショコラ

20129790.jpg
ミルクレープ

ケーキ屋さんだけあって、ケーキも美味しかったです!!
特にミルクレープはクリームのミルキーな甘さとクレープの柔らかさが、そんなにミルクレープ好きではない私でも美味しい~♪とパクパク食べちゃうくらい
20129792.jpg
紅茶はポットでたっぷり

とても満足出来たランチでした




Fruitier Comme Chinois

PageTop

神戸元町を歩く

神戸市立博物館で『マウリッツ美術館展』を堪能した後は、神戸元町や中華街をぶらりしてみようって言っていたけど…
『マウリッツ美術館展』のあるオランダに因んでオランダの物産、私の大好きなMiffyちゃんなどのディック・ブルーナのグッズ販売もあっていて、私がすっかり気を取られているうちに、四国から来たオバちゃん達と意気投合した母親が「一緒に中華街まで行こう」という話がまとまっていて…
20129776.jpg
写真はコレだけ 多分38番館???雰囲気のある旧居留地の古い建物
でも、ゆっくり観る事は出来ませんでした…道案内役の私(^_^;
あら~素敵ね~と盛り上がりながら神戸中華街に到着
もう既に中華の良い香りが漂ってきます
20129777.jpg
早速「何か食べましょう!」と言うオバちゃん達とまだオナカ一杯の私達はココでお別れ

20129778.jpg
神戸元町アーケード入口
色々と母親が喜びそうなお店があって、そそられまくりで、荷物を増やしたくないから大変でした

20129781.jpg
お!はらドーナッツ発見!
食べたいなぁ~ でも朝のパン欲張り過ぎが響いて諦めました(ノ∀`)
3時のおやつに食べに来よ~っと!
 
20129783.jpg
アーケードからの脇道から見えた神戸ポートタワー

神戸元町はお洒落なお店が沢山あって、歩くだけでも楽しいです♪


PageTop

神戸へ☆マウリッツ美術館展

神戸へ
初めて深夜高速バスを利用しました
20129759.jpg
色々と調べてみて、関西方面の深夜バスで神戸三宮に立ち寄るバス会社を選びました
大手の西鉄バスは大阪京都の直行便のみだったので、今回は神戸三宮着のあるWILLER TRAVELという会社の3列独立シートにしました
博多駅からの出発だったのですが、天神や小倉からも沢山の人が乗り込んで来て満員でした
高速道路では運転手の交代だけではなく、バス内にトイレが付いていないので降車してトイレ利用したり、外で身体を伸ばしたり喫煙する人も居たり
同じような高速バスが他にも沢山停車していたけど、西鉄バスやトイレ付バスでは基本的に降車は出来ないようで、リクライニングはするけどバス内にずっと居なくていけないのは苦痛だったかもしれないなぁ~と思って、私達には合っていたね~って
最後の高速SAでお土産も買ったり出来たのも良かったです

20129761.jpg
到着予定時間よりも若干早く着きました
神戸三宮駅前の大きな交差点です

20129760.jpg
とりあえず身支度を整えてから朝食を食べようって事で、パンの焼き上がる匂いに誘われるように三宮ターミナルホテル1Fのベーカリーショップ“シャンテ・クレール”へ
モーニングを食べてる方も多かったけど、美味しそうなパンやサンドウィッチに惹かれて、つい欲張って食べちゃったかも~

20129758.jpg
神戸三宮からは阪急線に乗って大阪に向かう予定にしていたので、そちらのコインロッカーに荷物を入れて身軽になって、帰りの切符まで買ってから神戸の観光スタート!(^-^)b


20129764.jpg
神戸市役所

20129763.jpg 20129765.jpg
市役所前の花時計はボタン、もう来年の干支の巳

そして、市役所前を歩きながら神戸市立博物館の場所を尋ねたオジサンが、調度神戸ルミナリエのボランティア?とかで、色々と案内してくれました
20129767.jpg
コレは絶対観て欲しいと言われたのが、市役所の直ぐ近くにある東遊園地という公園内にある「1.17希望の灯り」
「1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災
  震災が奪ったもの 命、仕事、団欒、街並み、思い出
  …たった一秒先が予知できない人間の限界…

  震災が残しれくれたもの
  優しさ、思いやり、絆、仲間

この灯りは奪われた全ての命と生き残った私達の思いを結び繋ぐ」と書かれています

此処には阪神淡路大震災で犠牲になった人達の慰霊のモニュメントもありました

20129771.jpg
神戸ルミナリエって、木製の枠組みにイルミネーションを施しているンですね

20129772.jpg
木製のアーチが続く通りを通って神戸市立博物館へ

20129773.jpg
『マウリッツ美術館展』の目玉!フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の旗がひらひらり

20129774.jpg
開館の20分くらい前に到着しましたら、もう既に30人以上の行列が出来ていてビックリ☆
私達の様に遠くから高速バスを利用して来ている人が多かったようです
(待ってる間にお化粧してる人もいたり)

20129775.jpg
入館して直ぐに私達は「真珠の耳飾りの少女」だけが展示されているお部屋を目指しました
なので、近くからレーンも遠くからレーンも何度も往復して、じっくりゆっくり観る事が出来て、とーっても満足しました

太宰府の九州国立博物館で観た「真珠の首飾りの少女」も思ってたよりも小さいなぁ~と思ったけど、「真珠の耳飾りの少女」も小さくて、でも胸から上の振り向いた少女だけなので「首飾り」よりも印象的です
青いターバンの色も、本物はこんな青なんだなぁ~としみじみ良かったです

「オランダ・ハーグにある王立のマウリッツハイス美術館が改修工事にはいるため、フェルメールの傑作として知られ、美術館の顔として最も人気の高い「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントによる感動的な再晩年の「自画像」、オランダ風景画の巨匠ヤーコプ・ファン・ライスダールの「漂白場のあるハールレムの風景」、風刺が利いたヤン・ステーンの風俗画「牡蠣を食べる娘」など約50点の出品が実現しました。」

フェルメールも良かったけど、レンブラントの肖像画もフランス・ハルスの「ヤーコブ・オリーカン夫妻の肖像画」もすごく良かったし、ヤン・ステーンの「牡蠣を食べる娘」も素晴らしかったです

大満足なり~~~♪(*´^ω^)(^▽^*)ノシ


マウリッツ美術館展



PageTop

森浩美 『こちらの事情』

20120169.jpg
こちらの事情を口にする時、それは身勝手な言い分になってしまうのかもしれない。でも察して欲しい時がある。」

森浩美の家族シリーズであるところの第2弾になるようです
「靴ひもの結び方」「妻のパジャマ」「荷物の順番」「葡萄の木」「晴天の万国旗」「甘噛み」「短い通知表」「福は内」
男の見栄やら虚勢やら女性のおおらかさや強かさが書かれていて、子供目線のお話は少ないけど
私は「妻のパジャマ」「短い通知表」が好きかな

家族シリーズ3作品読んでみて、お勧め順位は③①②です



PageTop

マリノアシティ☆X’masイルミネーション

帰りはマリノアシティに立ち寄ってお買い物&X’masイルミネーションを観て来ました
海が近いので結構寒いです… (u_u;)

でも、子供達は元気一杯駆け回ってました
X’masだから、イルミネーションを施された機関車が子供を乗せて走っていたり
この大きな天井まで届く勢いのクリスマスツリーの横の電飾の小さいお家も、子供達の格好の遊び場になっていて、小さいお家に小さい子供達がワイワイしてて可愛かったな

20129750.jpg
鳥栖のアウトレットに比べて、濡れずに動けるのが良いです

20129752.jpg
まだ6時前だというのに、あっという間に暗くなってしまいますね
そして、あっという間に年末を迎えてしまそうだよね~と

その前に最後の神戸大阪の旅の計画を立てなくちゃ!と焦っちゃいました



PageTop

ミルクプラント伊都楽のソフトクリーム

糸島の岐志漁港で焼き牡蠣を堪能した後は、お約束の伊都彩菜でお買い物です(^-^)b
伊都彩菜は、糸島でとれた新鮮な食材を販売するJA糸島の産直市で、九州最大規模の売り場面積を誇り魚介類からお肉、お花の他にお惣菜やお菓子類の販売もしていて、ココで何でも揃っちゃう!のが人気の様です
何時も車がいーーーっぱい停まっています
売り場も人がいーーーっぱい!

母親達がお買い物に精を出している間、私はコチラでお口直しを~

ブランド牛乳で知られる伊都物語のミルクプラント“伊都楽”のソフトクリーム
あまおうイチゴのソフトクリームは、バニライチゴ(甘め)とミルクイチゴ(さっぱり)とあって、甘めのバニライチゴの方が男性に人気なんだとか

コーンも美味しいし盛り盛りの¥300バニライチゴ
し・あ・わ・せ❤






PageTop

冬と言えば!焼き牡蠣だぁ~!

糸島半島の岐志漁港に焼き牡蠣を食べに行きました~(*^ワ^*)
冬が来たねっ!美味しい冬がやって来ました!
わくわく、わくわく☆彡
20129741.jpg
今回はお昼時で以前行った加布里漁港の“ひろちゃんカキ”に行ったら、何時お席が用意出来るか分かりません(空き次第、携帯に連絡を入れてくれるシステムらしいです)と言われたので、もう少し走って岐志漁港の“富士丸”へ

車を停めた先に“富士丸”があり、そのお店の前で呼び込みをしていたお兄さんが「今なら直ぐに座れますよ!」と案内してくれたので、ラッキー☆でした(^-^)
その後、私達が牡蠣を焼き始めた頃から次々お客さんが来られて待ちが出ていました
調度入れ換わりに当たって良かった良かった♪
20129730.jpg
とりあえず!先ずは牡蠣を4kg! そしてヒオウギ貝を焼く焼く焼く!

20129734.jpg
ぷるんぷるん♪♪♪

私は半生くらいが好きです!d(^ω^*) 嗚呼、口福なり~~~

20129738.jpg
イカの一夜干しも焼き焼き


20129739.jpg
牡蠣のお汁にお醤油を垂らして…
もう、牡蠣大好きです!!美味し~い!

20129732.jpg
岐志漁港の牡蠣小屋では、持ち込みOKなのも有難いです
先ずはビールをオーダーしてから(礼儀としてらしいです)お代りは持ち込みのビールを飲みました
私はビールは飲まないけど、白ご飯がないと食が進まないので、牡蠣ご飯をオーダーした後は、持参したオニギリ片手に牡蠣を食べまくりました

呼びこんでくれたお兄さんも、多分、家族営業?お手伝いのお姉さん達もすごく元気で感じの良い“富士丸”でした

ハンガーもウインドブレーカーもありましたよ(^-^)b


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。