Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暖かいね

20128972.jpgもうそろそろ秋の気配???

少しだけ朝晩が涼しくなってきたけど、まだまだ日中は25℃を越えて暖かい日が続きました
こんなに暖かいと、紅葉はどうかなぁ~?と心配になります

肉体労働で身体に厳しくするのも、良い事だと思いました
やっぱり身体は使わないと錆びちゃう!

スポンサーサイト

PageTop

おやつモダン花野季

久し振りに“おやつモダン花野季”の頂き物(^-^)v
だけプリンというシンプルなカスタードプリンです
20129005.jpg
「素朴な味ながらも、素材のよさがひかるプリンです。当店のカフェ母家の人気デザート、プリンアラモードにも使用。カップの底に潜むカラメルソースも自家製のメープルカラメル。スタンダードなのに上質なプリンです。」

20129006.jpg
今時のとろとろプリンとは違う、たまご・牛乳・てんさい糖だけでつくる「だけプリン」は少し硬めで懐かしい味がします

やっぱり、こういうカスタードプリンが好きだなぁ…



おやつモダン花野季

PageTop

瀬尾まいこ 『優しい音楽』

160_.jpg
「駅のホームでいきなり声をかけられ、それがきっかけで恋人になったタケルと千波。だが千波はタケルが自分の家族に会うことを頑なに拒む。その理由を知ったタケルは深く衝撃を受けるが、ある決意を胸に抱く―表題作「優しい音楽」。現実を受けとめながら、希望を見出して歩んでゆく人々の姿が、心に爽やかな感動を呼ぶ短編集」

表題作の「優しい音楽」も本当に良かったけど、不倫相手の子供を預かる「タイムラグ」も「ガラクタ効果」も、そんな事って普通あんまりないよねってお話なのに、登場人物が皆穏やかで気持ちの優しい人ばかりなので、瀬尾まいこらしい優しいお話になって良かったです



PageTop

真保裕一 『天使の報酬』


[サンフランシスコで日本人女子大生・霜村瑠衣が失踪し、日本から駆けつけた父親の立ち会いのもと、アパートの捜索が行われた。外務省邦人保護担当領事・黒田康作も現場に立ち会ったが、当の父親は、娘の失踪理由を知っていて隠している様子が窺われる。瑠衣の容疑は、単なる窃盗ではなく、テロ準備罪?!黒田が調べていくうちに、彼女の周囲には、日系ボリビア人や謎の日本人フリージャーナリストをはじめとする不審な人物の影がちらついていて、何人かの死亡者までいることが判明。ついに失踪事件の背後に隠されていた真実に辿り着いたとき、その重さに、黒田は愕然とする。国益を優先すべきか、邦人の命を守るべきか、黒田の苦悩はつきない。」

もう読んでる途中から、主人公黒田=織田裕二でした
真保裕一原作『アマルフィ』が映画化されてる影響だと思うンだけど、なんだかもうちょっと落ち着いた感じの人だなぁ~と思いながら読んでました

なかなか面白かったです
ラストが大急ぎでまとめちゃったような雰囲気だけど、面白かったです
天使の報酬が何であったのか、なんとなく掴めたような分からないままなので、また再読してみたいと思います

PageTop

彼岸花

東京は残暑が厳しかったけど、お彼岸の福岡は少し風に冷たさを感じるようになってきて…
この時期になると、やっぱり彼岸花が観たくなります
糸島から二丈をぶらりドライブ~♪
20128964.jpg

田圃の畦道に咲いてる彼岸花

20128954.jpg
田圃に咲く花火ですね~


20128962.jpg
彼岸花って、本当に花火みたいに、緑の茎からシュシュッと赤く細長く花弁が出て来て、パーンと開くンだね~って手前の咲き始めの彼岸花を見て思いました

20128965.jpg
夏の終わりというか、もうそろそろ秋だよねって頃に、糸島で最後の花火大会があります
忘れないように!d( ̄ω ̄*)


ひっそりとツユクサの青

20128974.jpg
稲も頭を垂れてきて、もうすぐ美味しい新米の季節になるなぁ~
太っちゃうなぁ~


20128957.jpg
もっと色んなトコの彼岸花を観てみたいな
なかなかこの時期は忙しくて、都合がつかないンだけどね

女心と秋の空って云うくらい、お天気も移ろい易いし、今日は青空で良かったぁ~('ー'*)




PageTop

成城石井プレミアムチーズケーキ

別行動だった母親が買って来ていたのは、以前お裾分けして貰って美味しかった「成城石井のプレミアムチーズケーキ」
20128892.jpg
お取り寄せじゃなくて、有楽町ルミネで購入したンだとか

20128894.jpg
「クリームチーズをふんだんに使ったベイクドケーキの土台には、素朴でナチュラルな甘さのスポンジ生地を使用し、表面にはサクサクしたシュトロイゼルが乗せられ、ローストしたアーモンドとレーズンが味にアクセントをつけています。」
この前食べた時はフローズン状態だったから、今回はよりしっとりまったり滑らかで濃厚な味わいを楽しめました(^-^)b

20128921.jpg
ん~!最高に好きなチーズケーキかも!!
“Le TAO”のドゥーブルフロマージュを抑えて1位に輝きましたぁ~('▽'*)
美味しくて大満足なチーズケーキ
この中のローストアーモンドとレーズンが良い食感なのよね~


成城石井スーパーマーケット

PageTop

東京ばな奈ツリー

東京スカイツリーのお土産はコレ!
20128897.jpg
「東京ばな奈ツリー チョコバナナ味」
コレは、東京スカイツリータウンでしか買えない限定商品(^-^)b

20128903.jpg
ひょう柄の東京ばな奈なんて、大阪のおばちゃんのハートを鷲掴みかも~ふふふ


20128906.jpg
中はチョコバナナクリームが入ってて美味しかったらしく、評判良かったみたい
喜んで貰えてヨカッタヨカッタ♪♪♪

東京ばな奈ワールド


PageTop

末永直海 『デパ地下★ガール』


「天未(あまみ)りさこ27歳。お菓子大好き、職業・デパートガール。
仕事大好き、だけど夢は寿退社。そんな彼女が選んだお相手は?女子の1番の関心事、恋とスイーツをテーマに、怒涛の勢いでストーリーが展開する爆笑&感涙必死のエンターテインメント小説。
ケーキのようにスイートで、プリンのようにキュートな直球勝負の恋と仕事の物語。」

デパ地下って、洋菓子の甘い良い香りがしたり、パンの香ばしい匂いがしたりなので、私も大好きなンだけど、そんな「デパ地下」のワクワクが感じられるかなぁ???と思ったら…

コレは、小説なの???
漫画みたいな小説、というよりも、漫画みたいに都合良く話が展開していくTVコメディドラマの原作って感じで、なんだかなぁ…
全然、おススメしないです




PageTop

朝井リョウ 『桐島、部活やめるってよ』

20129008.jpg
「田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。」

タイトルに惹かれたのが半分
表紙の男の子が、実に普通な感じで良かったので、つい読んでみたというのが半分

桐島ってタイトルに付いてるけど、殆ど桐島は出て来なくて、拍子抜けするくらい
みんなの会話や回想でしか桐島君は出て来ない…
唯一、桐島と同じ部活だった風介のトコだけは関係あるかなぁ~ってくらい登場するけど、思い出しだけで連作短編集になるのかなぁ???

高校生だった頃のモヤモヤした感じを思い出すのには、おススメかもしれません

PageTop

東京タワー

20128841.jpg
増上寺から東京タワーまでの歩道が好きです!
すごくワクワクしちゃう('ー'*)

20128844.jpg
1958年(昭和33年)に完成した東京タワーの正式名称は「日本電波塔」です

やっぱり、今の話題はスカイツリーなのか、全然お客さんがいない…
ちょっと東京タワーが可哀相になっちゃうくらい寂しい感じ
でも、私は東京タワーも大好きだよ!ってエールを送るつもりで写真をパシャパシャ☆撮りまくり!


20128849.jpg
ツリーと飛行機雲

本当は時間があったらタワーの展望台にも上りたかったンだけど、この後待ち合わせがあったので諦めて、お土産物屋さんに寄って帰る事に


20128864.jpg
東京タワーの何が1番好きなのかというと、このグッとカーブした塔脚です
ググッときちゃうンですよね~(^-^)b

東京タワーからの夜景とライトアップをまだ観てないので、何時か絶対観に行きたいな!

20128863.jpg
東京タワー


PageTop

増上寺

都営浅草線押上駅から浅草橋駅まで
この浅草橋駅って初めて利用したけど、なんともレトロな雰囲気なんですよね~
頭上注意の階段を上り、ホームに出てJR総武線に乗り換えて浜松町へ

東京は、本当に電車と地下鉄が発達していてアチコチ移動するのに便利です
行ってみたい場所へ、どう電車や地下鉄を乗り継いで行こうかな、とか考えるのも楽しかったり



東京スカイツリーも良いけれど…

私は東京タワーも大好きなンです(^-^)b

20128811.jpg
芝大門の交差点にある増上寺大門

浜松町駅から増上寺までは真っ直ぐ歩くだけ
「ブラタモリ」で増上寺のある芝周辺と東京タワーの回があり、またゆっくり来てみたいと思っていたンですよね

20128816.jpg
増上寺の参道だったこの道、昔々は増上寺から一直線に海まで見えていたンだそうですよ

20128817.jpg
やっぱり東京タワー格好良いな♪


20128825.jpg

増上寺の三解脱門
20128822.jpg
「江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国の重要文化財に指定されています」とか
太平洋戦争の戦火で、徳川家霊廟や五重塔など沢山の遺構を焼失し、その広大だった増上寺の敷地の一部に建てられたのが東京タワーなんだそうです

20128826.jpg
普段は非公開のこの三解脱門は、江戸時代には上階に上がる事が出来たと「ブラタモリ」でやっていて、当時はお上りさんも江戸の庶民も、この三解脱門から海や町並みを眺められる展望台で人気があったとか
私達が東京タワーやスカイツリーに上るのと同じような感じだったンでしょうね


20128828.jpg
三解脱門を潜ると、増上寺の向こうに東京タワーが立ってて、大きいなぁ~と思います


20128831.jpg
東日本大震災で先端が傾いて、修理工事をしている時に謎の軟式野球のボールが見つかった東京タワーの先端部分も、この夏には真っ直ぐになったみたいですね(^-^)



20128832.jpg
お手水処

20128834.jpg
大殿(本堂)
「増上寺は、1393年(明徳4年)浄土宗第八祖酉誉聖聰上人に依って開かれました。場所は現在の千代田区平河町から麹町辺りと伝えられています。その後、室町時代の開山から戦国時代にかけて、浄土宗の東国の要として発展していきます。
徳川家康公が関東の地を治めるようになって間もなく徳川家の菩提寺として増上寺が選ばれました。家康公が住職源誉存応上人に深く帰依した為と伝えられています。1598年(慶長3年)に、現在の芝に移転し、家康公の手厚い保護もあり、増上寺の寺運は大隆盛へと向かって行きました。」

20128836.jpg
「ブラタモリ」でもちょこっと触れていましたが、風水学的に寛永寺を江戸の鬼門である上野に配し、裏鬼門の芝の抑えに増上寺を移したものと考えられるとか

どぉ~りで江戸幕府があんなに長くも続いたンですね~って


大殿から浜松町方面を眺めます
20128837.jpg

20128839.jpg
かっちゃんのビルと呼んでいた世界貿易センタービルが懐かしいなぁ…



20128867.jpg
増上寺

PageTop

逆さツリー&東京ソラマチ

昨日、スカイツリーに上って、大都会東京の景観を堪能しまくりだったのに

やっぱり、まだまだ色々と見て回りたいトコがあって…


今日もスカイツリーに来てしまいました~('ω'*)

北十間川に映る逆さツリーを写真に撮ろうと思ったンですよね~
スカイツリーを背に川沿いを歩きます

20128780.jpg

20128781.jpg
生活感溢れる下町な路地です

「時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合」を考慮し、周辺の景観との調和をデザインコンセプトにしてあるスカイツリー
でも、なんだか『鉄コン筋クリート』のようなゴチャゴチャした異空間に思えて、とても調和してるようには思えなくて、それも面白いなぁ~と思いながら、歩いていきました


北十間川に架かる逆さツリーの橋は2つ
20128772.jpg
西十間橋から


20128778.jpg
もう少し歩いて、十間橋から

この橋からが逆さツリーの撮影ポイントらしいンだけど、三脚がないと駄目なのかなぁ?
それに川面が静かでないと、キレイな逆さツリーが映らないようですね(^-^;

まぁ、でも頑張って歩いて面白かったです
東京の町をアチコチふらりと歩いてみたくなりました~(*‘▽‘)ノ


東京ソラマチに戻って、先ず向かったのは2Fにある“キルフェボン”昨日来た時に、食後の甘いモノでも~と思ったら行列で諦めたので…
20128784.jpg
この星型マスカットチーズムースのタルトが、スカイツリー限定タルトです
「 爽やかなマスカット風味が広がるなめらかなチーズムースに、ほど良い酸味の柑橘ソースを合わせました。ふんだんに飾った華やかなフルーツと星型タルト、キラキラ輝く仕上げは、東京スカイツリーの公式キャラクター、ソラカラちゃんをイメージしています。」

20128785.jpg
ドリンクはアイスカフェオレに(^-^) 
“キルフェボン”のタルト、何時も食べたい食べたいと思っていたので、今日はすんなり座れて良かったぁ~♪
やっぱり、この限定タルトをオーダーしてる人が多かったです
意外にさっぱりしてて、ちょこっとおまけに付いてた焼き菓子も美味しかったです(*^ワ^*)

で、この限定タルトには
20128787.jpg
スカイツリーのピックが立っていて、このピックをお持ち帰りしてる人も多かったので、私もお持ち帰ってみましたが、どっか行っちゃいました(^^ヾ
何色かあるみたいですよン

20128788.jpg
プレートも東京ソラマチ仕様

4Fイーストヤードのジャパンスーベニア
日本の良いモノを色々と、「かつての江戸の町に見られた商家をテー目にした日本伝統の構造美統一感のある店構えで、バラエティ豊かなショップを纏めた」エリアになります
手ぬぐいのお店やガマ口の“ぽっちり”とか、気になっていたお店をチェックして

“Hello Kitty Japan”
20128806.jpg
スカイツリー限定のキティちゃんグッズが一杯!

20128805.jpg
浅草が近いし和風テイスト満載のキティショップで、外国の女性グループが「きゃぁ~」って喜んでましたよ

確か、2Fのちょっと休憩スペースのソファでまたり
そろそろ移動しようかと伸びをして上を見たら…

20128809.jpg
スカイツリーが見えるように天窓が開けられていました



東京ソラマチ
まだまだ食べたいモノ、見たいモノがある!




PageTop

スカイツリー⑥

スカイツリーが続いていますが…(^ ^ヾ 

でもでも、もう少しだけ~d( ̄ω ̄*)

20128732.jpg
天望デッキから地上へ

あ~楽しかったね~♪♪♪ スカイツリーを堪能したね~♪(*´^ω^)(^▽^*)ノシ  


そして、外に出ると… 20128733.jpg



東京ソラマチ ウエストヤード2Fのフードマルシェは、ちょっとデパ地下の食品売り場みたいな感じで、美味しそうなお弁当やお惣菜が売っていて、しかもタイムセールだったから色々買い込んで…
20128737.jpg
スカイツリーの南側に北十間川が流れています
その川を見下ろす2Fの外、自販機前に数台あるテーブルで夜ご飯を食べました(^-^)b
柿安の牛肉弁当、天ぷら丸中の天丼、錦糸町魚寅鮨の海鮮丼に、サラダやお惣菜にビール

殆ど、車が通りません 意外に静かで、さっきまでの熱気を冷やしてくれるような
20128736.jpg
川の近くは風があって涼しくて気持ち良いくて、外で食べるお弁当の美味しさは3割増しって感じで、上を見上げれば、さっきまで居たスカイツリーが聳え立ってる…
最高の思い出になりました


お腹を満たして、さぁ!下からの2色のライトアップを見てから帰ろう!って事に
20128738.jpg

ん?

20128739.jpg
あれ? 
下から見たら、ただ白っぽく見えるのかな???そんな訳、無いよねー?!

20128741.jpg
ぐるんと紫に

20128742.jpg
そして、天望デッキの辺りを紫がグルグル回ったら

20128743.jpg
さわ~っと青に

当たり前ですが、オールLEDだそうです
20128746.jpg

「江戸で育まれてきた心意気の『粋』は、隅田川の水をモチーフにした水色の光で、タワーを貫く心柱が照らし出されます。」

20128747.jpg
スッキリしたキレイなライトアップですね~


ちょっとお土産を買って戻って来ると、紫に
20128752.jpg
「江戸が育んだ美意識の『雅』は、江戸紫をテーマカラーとして金箔のような煌めきのある光を散りばめています。」

紫色は大人のツリー、水色は若々しいツリー、そんな印象を受けました

LEDのライトアップが普及してから、色味が多くなり過ぎたり変化パターンが多かったり、点滅がチカチカ激し過ぎたり、なんだか欲張りなライトアップが多いなぁ~と残念に思う事が多くなっていたけど、スカイツリーのライトアップは単色でスッキリしていて良いですね

そろそろ押上駅へと歩いていたら
20128754.jpg
イーストタワーにスカイツリーが映ってるぅ!

20128758.jpg
ズームUP!

20128761.jpg
ソラマチひろば
噴水がピュピュピュ彡 子供達がキャアキャアキャア♪
子供は濡れても良いなんて、羨ましいなぁ~とか言ってみたり

…子供に戻りたい な



20128771.jpg
長々とお付き合いアリガトウございます~('ー'*)

東京ソラマチ


PageTop

スカイツリー⑤

すっかり夜の帳が下りた東京の街を天望デッキから…

20128678.jpg
多分、江戸川区方面

20128680.jpg
ズームUP!すると浦安方面
葛西臨海公園の大きな観覧車が見えました

20128686.jpg
台東区方面

館内アナウンスがあって、本日の東京スカイツリーのライトアップは、通常「粋」の青と「雅」の紫の日替わりのところをパラリンピックを記念して、1時間毎に交互にライトアップしますというご案内が!
おぉー!ラッキー☆彡
今日のライトアップは、どっちかなぁ???なんて言ってたのに2色とも見られるなんて!!
日頃の行いが良いからね~!って ふふふ

20128683.jpg
天望デッキに窓枠に映る「粋」の青

20128684.jpg
とてもキレイだね~って♪(*´^ω^)(^▽^*)ノシ

20128688.jpg
心意気の「粋」だとか

フロア350には、江戸一目図屏風というのがあって、「東京スカイツリーからの眺めが、江戸時代の絵師、鍬形恵斎によって描かれた江戸一目図屏風の構図と酷似していることから眼下に広がる景色とこの屏風を重ね合わせることで歴史を体感していただける展示となっております。」とか

そして、もう1つ
東京時空ナビという、天望デッキから一望できる景色をお客様に分かり易くご案内、解説する為の映像表示端末があります
20128689.jpg
20128690.jpg
20128691.jpg
52型モニター3面の東京時空ナビは、東西南北に4基設置されていて、タッチパネルで昼と夜の景色を見る事が出来ます
写真は西の東京時空ナビです(^-^)


各方角の東京時空ナビを見ながら夜景を楽しんでいると、何時の間にか「雅」の紫に
20128692.jpg
ちょっとムーディだね~って


20128699.jpg
東京駅方面 左端に東京タワー

20128694.jpg
ちょっとブレブレの東京タワーをズームUP!

20128696.jpg
浅草の吾妻橋と駒形橋

20128708.jpg
言問橋

20128713.jpg
向島辺り


フロア340
20128720.jpg
ガラス床その1 Glass Bottom
丸くカーブしたガラスの床、というより窓みたいでした

20128724.jpg
そして、ガラス床その2 Glass Floor
コチラは正真正銘の床Floorで、上に乗って下を見下ろす事が出来るようになってます

どう見ても、ガラスが割れても、人が落ちる程の隙間は開いてないから大丈夫(^-^)b
まぁ、全然大丈夫じゃない人達も多くて、覗くだけで乗らなかったり


東京スカイツリーの中に3時間くらい居たみたい…('ω'*) 
20128716.jpg
見所満載の天望デッキです

東京スカイツリー

PageTop

スカイツリー④


20128629.jpg
南西 最高到達点451.2/634m

この方角、富士山が見える位置に最高到達点がくるように造ったのでしょうか???
20128627.jpg
皆さん、写真を撮りまくり~♪

20128625.jpg  
月島かなぁ???高層マンションが林立してます

20128635.jpg
日の入り 浅草方面です 

20128637.jpg
そろそろ灯りがチラホラ点き始めました

20128639.jpg
ズームUP! 高層ビルの間にアサヒビールの金斗雲がチラリと見えますね

20128651.jpg
向島方面です 隅田川って意外にクネクネしてるンですね~

20128631.jpg
「451.2mの最高到達点に設けた演出空間。光とガラス面による不思議な広がり感や浮遊感、地球の円みなどが体感できます。」
この空間では、鏡に映った自分達を写真に撮る事が出来ましたよ(^-^)

天望回廊からの景観を存分に楽しんだ後、天望デッキフロア345へ
20128655.jpg

いよいよ、ガラス板から真下を覗けるねっ!!
20128656.jpg
ん?2カ所あるのかな???
表示を見ると、床の感じが違うようだけど、まぁ、行ってみよっか!って

20128660.jpg
フロア345には、スカイツリーショップやレストランがあります
コレはショップ横にベンチから撮った浅草方面です
車のヘッドライトが点くと、イルミネーションみたいでキレイです

20128662.jpg
“THE SKYTREE SHOP”のディスプレイ
ココでしか買えない限定品もあり、お土産を何点か購入しました(^-^)b

20128663.jpg
お土産を選んでいる間に、青い帳が下りてきて…

20128664.jpg

20128666.jpg

20128668.jpg
東京の夜景は、本当に光が多くてキレイですね
ただただ、もう、キレイだね~って言いながら見て回りました

スカイツリーも白く光ってます
20128669.jpg
真ん中辺りのS

20128677.jpg
ズームUP! ドームガーデンです
夜になると、こうして光るンですね~イーストタワーにもSが映ってます
イーストタワーの光が少ないのは、まだオフィスの入居が少ないからかなぁ?と思ったけど、もうお仕事終わっちゃってるのかも~
上層階は、レストランになってるので明るいですね

まだまだ続きます~d(^ω^*)  



20128673.jpg
東京スカイツリー




PageTop

スカイツリー③

天望シャトルから下りて、最初の写真です
20128541.jpg
感想は「うはぁ~!すっごいね…」でした
予想を上回る高さからの景観
出る言葉は「高いね」と「凄いね」ばかり

普通は「展望」と書くところを「天望」としているスカイツリー
正に、天からの眺めという感覚かも

20128543.jpg
遠くに、うっすらと見える富士山をズームUP!

東京に遊びに来ると、富士山はドコかな?見えるかな?と意識するようになりました
観光地で「この方角に富士山が見えます」という案内が、当たり前のようにあるからかもしれないけど、九州に住んでいたら富士山はなかなか見られる山じゃないもんね~

20128548.jpg ソラカラちゃんの順路に従い

時計回りで天望回廊へのチケットカウンターへ
おぉ~待ち時間が15~20分になってる!ラッキーじゃない?!

20128547.jpg
天望回廊へは、大人¥1000 中高生¥800 小学生¥500 幼児¥300なり~
天望デッキのチケットはネットで事前購入出来るンですが、この天望回廊チケットは当日券のみの販売になっているようです

20128545.jpg
エレベーターを待ってる間に、隅田川をパシャリ☆
結局15分も待たずに順番がきました(^-^)

天望回廊へと向かうエレベーター
20128550.jpg
ロゴマークには、エコロジーの空色、伝統の常盤色、未来の黄金色、粋の江戸紫、華やかさの紅梅、みんなの刈安色、若さの萌黄色
「新しいタワーから生まれていく様々なモノやコト、そこに集う人々のワクワクした気持ちをカラフルなドットで表現。いずれも日本の伝統色を用いており、タワーの立つこの地ならではの歴史と文化の意味がこめられています。」とか

回廊までの天望シャトルは2基
眺望期待感を高める為に、シースル仕様となっています
20128551.jpg
奥の天井から上を見上げると、高っ!

天望回廊は、更に遥か彼方という感じがしてきます
20128552.jpg
100mも上がるンだからね

そして、また一気に連れて行かれます!

20128555.jpg
目の前の景色が見る見るうちに下へ流れ、ヒュヒュヒュっと上へと持ち上げられてくような
それでも天望デッキまでのエレベーターの分速の半分以下だとか
約30秒で、フロア445に到着です!

20128560.jpg
台東区と墨田区を結ぶXの珍しい形をした桜橋は、目印に良いですね
20128561.jpg
隅田川に架かる唯一の歩行者専用の橋だとか



20128558.jpg
下に見える丸いのは、天望デッキの屋根ですね~
そして、遥か下に見えるのは
20128559.jpg
イーストタワーと丸いドームガーデンです


人が多くて写真が撮れなかったので、スカイツリーHPから拝借しました
2nd_img_detail_01.jpg
天望回廊は丸く、スカイツリーに捲きつくガラスのチューブみたいな形をしているンですね~
なので、足元もガラス張りで景色がよく見えて楽しいンだけど、高所恐怖症の人はガラスに近寄れないかもしれないですね~(^-^;
20128562.jpg
私の母親も「嫌だ、怖い、ガラスに近付かなくても充分遠くまで見える!」と最初は近寄れませんでしたが…

20128563.jpg
フロア445で下りてから、ガラスチューブの回廊スロープを上がってフロア450の最高到達地点まで歩きますよ~

北西向き
20128567.jpg
そろそろ夕暮れになってきました


20128570.jpg
遠くは霞みがかって暮れていきます

20128571.jpg
ズームUP富士山!
黒富士が夕陽に照らされて、より見えるようになりました


20128577.jpg
分かるかな???

20128578.jpg
ズームUP! 真ん中の辺り


20128579.jpg
東京タワーです(^-^)

東京タワーに上がった時も、高いなぁ~と思ったけど、その東京タワーがこんなに小さく街に埋もれるようにしか見えないなんて、本当にスカイツリーの高さを実感します


20128586.jpg
スカイツリーの高さは634m 東京タワーは333m 約半分ですね
計画当初は610mだったけど、自立式電波塔世界一を目指し構造等の対応を行い、634mの世界一高いタワーとなり、ギネス記録認定も取っているンだとか

20128591.jpg
ソラカラちゃんが最高到達点までを教えてくれます

20128588.jpg
千葉方面です

20128596.jpg
ズームUP! ちょっと分かり難いけど…
東京ディズニーシーのプロメテウス火山が見えるーーー!と興奮しちゃいました


20128598.jpg
荒川です

20128605.jpg
白い丸いのがドームガーデン

20128603.jpg
もうね、グーグルマップの写真みたい


いよいよ!
20128611.jpg
最高到達点!!
私達が到達できる最高の高さです(^-^)b

20128607.jpg
フロア445のエレベーターを下りて直ぐの場所、回廊の起点はこんな感じ

20128610.jpg
なんだか、感動しちゃうね~って
ただ、私達は超高速エレベーターでココまで来ただけ
だけど、こんな高いタワーを造った人達、技術の凄さに感動しちゃいますね


20128615.jpg
コワいコワいと嫌がっていた母親に手摺「ソラカラポイント 最高高さ451.2m」をどうにかこうにか握らせて記念撮影~ヽ(〃▽〃)ノ やったね!



20128614.jpg
ますます黒富士がキレイに見えてきました
東京スカイツリー

PageTop

スカイツリー②

8Fから見上げたスカイツリー
20128525.jpg
「東武鉄道と東武タワースカイツリーは、①地域とともに活力のある街づくりに貢献 ②時空を超えたランドスケープの創造 ③防災面での安心と安全の提供」を基本理念にしているンだそうです

知らなかったなぁ…
てっきり地上波デジタル放送の電波塔として、東京都が開発しているのかと思っていたら、東武グループが株式会社として事業運営してるンですね~

タワーの高さ:634m 重さ:約36.000t(タワー鉄骨総重量)
足元の1辺の長さ:約68m
収容人数は、天望デッキで約2000人、天望回廊で約900人だそうです

お昼ご飯を食べた後、イーストヤード8Fへ
調度、飛行機雲が流れていたのでパシャリ☆(^-^)b


8Fは、7Fにあるプラネタリウム「天空」のドーム天井があるドームガーデンになっているンです!TVの「アド街ック天国」で、このドームガーデンからはツインタワーが望めますってやっていたンですよね~
20128518.jpg
芝生に寝そべって写真を撮ってる人もいたけど、なかなかそこまでは出来なかったなぁ
私のデジカメを芝生の上に置いて何枚か撮ってみたけど、やっぱりコンデジではツインタワーが目で見るようにはキレイに写りませんね(^-^;
後で聞いたところに因ると、太陽の位置も関係しているンだそうです
やっぱり、夕陽の頃が良いらしい~

暫く、ガーデンにあるベンチに仰向けになってまたりとスカイツリーを眺めて…

それから、ソラマチをぶらり…

さぁ、いよいよ、スカイツリー内に行こう!!
20128526.jpg
スカイツリーの入口は4Fになります

チケットを買う列に並ぶにはグループ全員が揃ってないといけないとかで、携帯で集合をかけました

20128800.jpg
只今、天望デッキ40分待ち 天望回廊30分待ちと出ておりました
おぉ… 1時間半は待たないといけないね~( ̄ω ̄*)
やっぱり今1番話題のスポットだけの事はあるね~
「ツタンカーメン展」で並んで、スカイツリーで並んで、もう東京くらい人の多い場所だと並ぶのも当たり前って感覚になって、そう苦にも感じなくなりますね

20128796.jpg
先ずは、天望デッキ(350m)へのチケットを購入して上がってから、天望回廊(450m)のチケットを購入するようになってます
先に来た事のある人に聞いたところ、天望回廊は収容人数が天望デッキの半分以下なので、ゆっくりデッキを観て回って回廊に上がろうと思ったら、人数制限ですごい待ち時間になって上がれなかったとか
だから、天望デッキに上がったら直ぐ天望回廊のチケットを買って、先に450mの回廊へと上がる事を勧められました

東京スカイツリー入口フロア内に入ると、こんな感じです
20128529.jpg
「SUPER CRAFT TREE」と呼ばれる壁面アート

20128530.jpg
「アートディレクターに橋本夕紀夫氏を起用し、東京スカイツリーの建築美である、そり、むくり、心柱などの12のテーマごとに、組子、竹細工、江戸切子といった日本江戸下町の伝統素材によるアートオブジェクトに仕立てました。」

20128531.jpg
「高さ3.5m、幅22mの大きな壁面に組み込んだ作品群は、東京スカイツリーのエントランスに圧倒的な迫力と存在感を示しています。」

人気のアトラクションの待ち行列の様にジグザグに進みながらも飽きさせない工夫が、他にもされていましたよ~
20128534.jpg
スカイツリーの鉄骨を見せていたり

20128535.jpg
隅田川デジタル絵巻
全長45mの壁面全体を使って、60インチのディスプレイに隅田川とスカイツリーを中心とした東京の街がアニメーションで映し出されていたり

20128537.jpg
隅田川から発見された千手観音様が、ゆらゆら光り輝きながら
浅草寺の風神雷神が飛んでいたり、築地の辺りにはお寿司が飛んでいたり
両国にはお相撲さんが出てきたり
車やバイクや船とかも、じわじわ~っと動いているンですよね
このデジタル絵巻は、とても面白いなぁ~!と思いましたし、外国の人達にもウケそうです(^-^)b

チケットは天望デッキ大人¥2000 中高生¥1500 小学生¥900 幼児¥600なり

チケットを購入してから、グループごとにエレベーターホールへ誘導されます
で、エレベーターとは言わず、天望シャトルって呼ぶらしいです
シャトルは4基あって、地元墨田区のデザイナー高橋正美氏を起用し、地域に受け継がれた伝統的な素材と匠の手法によって、4つの季節を表現しているンだとか

20128538.jpg
ホールの江戸組子

私達が乗ったのは、行きは春の桜
20128540.jpg

帰りは夏の隅田川の花火
20128729.jpg

江戸切子で花火を表現してあるンです
20128730.jpg
桜もキレイだったけど、江戸切子の花火も本当にとてもキレイでした!!('ω'*)

でも、350mも上がるのに、あっという間!!
エレベーターの動きに合わせたアートパネルの照明演出にも、一部スケルトンになっている天井にも正面扉からの景色にも気を取られて、「は、早過ぎるぅ~」
「日本の技術は凄いね~あっという間に350mも上がってしまった」!とビックリ☆してる人がいたけど、本当に私もそう思いました

約40人定員のエレベーターを350m上まで運ぶのに、約50秒だってーーー!!(@_@;) 
凄いなぁ~東芝の技術!世界最高速だそうですよ
耳キーンってなる暇もないくらいの速さです




20128791.jpg
東京スカイツリー



PageTop

スカイツリー①

割とすんなり「ツタンカーメン展」も観られた事だし、折角近くまで来てるし、もうこのまま今1番話題のスカイツリー観光までしてこっか!という事で

上野から東京メトロ銀座線に乗り、浅草で都営浅草線に乗り換えて押上駅へ
「ブラタモリ」でやっていた浅草駅ホームから銀座線を眺めるの図をやってみました
20128499.jpg
「ブラタモリ」結構好きでした(^-^)
もう少し東京の近くに住んでいたら、もっともっと一杯見てみたい場所があるなぁ~と毎回そそられていましたが、特に地下鉄をブラタモリは面白かったンですよね

日本初の地下鉄である銀座線は、昭和2年(1927)開業
当時はまだ強度の計算基準がなかったらしく、上野のトンネルは相当頑丈に造られているンだとか
その鉄骨や鉄筋がむき出しのままのトンネルが見られるのはココだけ!とやっていたので、写真をパシャリ☆と撮っていると、調度地下鉄がやってきて迫力ありました~♪

さて、最近開業した東武伊勢崎線とうきょうスカイツリー駅は、上がると「すみだ水族館」が入るスカイツリータウンのウエストヤードになります
私達が利用した都営浅草線押上駅は、上がると東京スカイツリーイーストタワーというオフィスビルとプラネタリウム「天空」のあるイーストヤードに出ます
20128504.jpg
うほー!やっぱり大きいねーーーっ!
と何故か少しばかり声が大きくなってしまうのは、驚きからかなぁ???
ももなりさんは、何かちょっと腹立っちゃうくらいの大きさだったと表現してたけど、確かに圧倒されますね~もうお口あんぐり開けてグッと首を反らして見上げないといけない高さだから
周りもみ~んな、み~んなお口あんぐり


20128505.jpg
上の写真「TOKYO Solamachi」の上、3Fまで上がってパシャリ☆

色々と見て回りたいけど、先ずはお昼ご飯にしよう!って事で、東京ソラマチのイーストヤードからウエストヤードへ移動して、フードコートの「ソラマチ タベテラス」へ
席の確保が大変な人出です!!
なんとか吹き抜け部分のカウンター席を確保して、それぞれ気になるモノを注文しに行きました
私が帰って来た時は、“広東麺飯房”の定食セットとたらば蟹とレタスのチャーハンを既に食べていて、チャーハンは1口貰ったら、めちゃ美味しくて2口3口強奪しました

20128508.jpg
私は“ヴィドフランス”で見つけた東京ソラマチ限定品のピザトーストにしました

20128509.jpg
ちゃんとオーブンで温めてくれるンですよ~(^-^)
スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんみたいな星型です
チキン照り焼きのピザパンで、ちょっとモチモチし過ぎてて私はイマイチだったかな

次に行った時は、“グリルカキヤス”を食べる事にするぞ~!
因みにフードコート内も、レストラン各店もドコも長蛇の列でした



20128523.jpg
東京スカイツリータウン


PageTop

上野の森美術館

東京2日目は上野へ
コレを観に東京まで来たンだもんね(^-^)b
上野の森美術館で開催されている「ツタンカーメン展」~黄金の秘宝と少年王の真実~
8/2~12/9
20128497.jpg
覚悟はしていたンだけど、先ずはチケットを買う為に並んで、チケットを買ってからも並んで、入る為の整理券を貰うという流れ
多いなぁ~

でも入る為の整理券を貰うと、30分区切りで時間制限がしてあり、その時間にならないと並べないというのは、その間は自由に動けるから良いかも
待ち時間は1時間半ほど
暑かったから、ずっと周辺で待つのは辛いよ~と、新しくなっていた上野駅構内でアイスコーヒーとケーキでお茶する事に

20129335.jpg
ツタンカーメン展は、とても見応えありましたよぉ!!
素晴らしい装飾品、細工物のお化粧箱や小物、アクセサリー、椅子、人型棺や胸像など
ツタンカーメンが使っていたとされる椅子の小ささが、少年王だったという真実を物語ってるという感じが1番しました

装飾品に沢山使われているスカラベを見ると、映画『ハムナプトラ』に出て来る黒い虫を思い出しちゃいますね~
スカラベは黄金虫なのかと思っていたら、フンコロガシなんだそうです
フンコロガシの卵は糞の中で羽化するので、エジプトでは死から甦る生命を思い起こし命を育む太陽の神と考えられ、再生・復活のシンボルとして護符や印章などの意匠に広く用いられたンだとか


そして、もう1つ印象的だったのが、ラピスラズリの青さ
本当に、あの時代にこんなキレイな色が装飾品に使われていて、現在もその青さを残しているのが驚きでした
ラピスラズリは、エジプトにおいて天空と冥界の神オシリスの石とされ黄金と並ぶ価値あるモノだとされたようで、有名なツタンカーメンの黄金のマスクにも、殻竿王笏、胸飾りやブレスレットにも沢山使われていて、とても目を惹きました

いやぁ~なんだかオナカ一杯になっちゃうくらい見応えあった「ツタンカーメン展」
入るまでは待ったけど、入ってからは結構じっくり展示物を観て回る事が出来ました
ホント観に来て良かった良かった~♪(* ^ω^)(^▽^*)ネー


20128495.jpg
上野の西郷さん
沢山の人が写真を撮っていました


このブログを書いていてHPを見たら、大好評につき来年1/20まで延長らしいですよ
上野の森美術館

PageTop

多摩川

20128490.jpg
鎌倉から横浜元町に立ち寄ってキタムラでバッグ買って

それから大田区の本牧亭って焼き肉屋さんで晩ご飯食べて

多摩川の川べりをお散歩

川の向こうは川崎市



元気で頑張ってる???




PageTop

江ノ電②極楽寺~腰越

江ノ電って、本当にワクワク楽しいンです(^-^)b
満員だったので、あんまり写真は撮れなかったけど…
20128474.jpg
この稲村ケ崎から七里ガ浜まで、しばらく海とR134号線と並んで走る景色
よく映像でも見るけど、本当に良いです
R134はビックリするくらいの大渋滞で、最後の海水浴を楽しみに来た人達なのかな???

ちょっとチンチン電車みたいな雰囲気もあって、運転席から正面が見えるンですよね~
20128477.jpg
運転席の直ぐ後ろに席があって、子供連れの家族が座っていたンだけど、もぉ~男の子が大はしゃぎで、私も座ってみたかったなぁ~
鎌倉高校から先、民家の軒先スレスレを通って行くのも楽しい~♪どきどきワクワク~('ω'*)

20128478.jpg
腰越を過ぎると、道路を走ります
道路には「電車優先」と書いてあって、道路の真ん中を江ノ電が走るンですよ

正しく路面電車!
20128481.jpg
離合の為に自動車が停車して待つンですね~

江ノ島駅の手前にある龍口神社の前、すごいカーブしてる個所があって、おぉ~!こんなに曲がれちゃうの?!って感じ
調度、長崎の路面電車が大波止から出島、築町へと行くような本当に急カーブ
皆さん揺れ揺れで面白かったです


湘南海岸公園まで乗って、折り返しました
時間があったら江ノ島も行ってみたかったンだけどね
鎌倉の後は、横浜元町に行きたいって言うので、お付き合いしなくちゃです
20128486.jpg

江ノ電に乗って江ノ島巡りをしよう!は次回のお楽しみだぁ!!


江ノ電



PageTop

極楽寺切通し~坂の下

御霊神社から星の井通りに出て、路地に入って由比ヶ浜方向へと歩く事にしました
20128454.jpg
本当に細い路地が入り組んでます

20128430.jpg
海だぁ~! 星の井通り交差点☆

20128455.jpg
R134沿い ローソン鎌倉坂ノ下店横の路地から

20128456.jpg
細い路地を入って行くと、ドラマでは「カフェナガクラ」として登場していた“カフェ坂ノ下”
コチラもパンケーキがお勧めみたいだけど、食べたばかりだったし、満員御礼だったようなので、お楽しみは次回に取って置こう!

こういう細い路地裏に、すごくノスタルジー感じてたみたいで…
20128459.jpg

私も鎌倉に住んでみたいなぁ~と思うくらい魅力的な町だと思うけど
20128460.jpg
坂ノ下は路地が入り組んでて、ちょっと迷子になっちゃいそうだったですね(^-^;



20128462.jpg
極楽寺坂切通しに戻ります

20128461.jpg
南無虚空蔵菩薩の幟旗
「虚空蔵堂は、行基が彫った虚空蔵菩薩が祀られている御堂といわれ、本来の名は星井寺という。現在は、成就院が管理している。」

成就院も紫陽花で有名です

20128463.jpg
路地だけでなく坂道や石段も多いですね



江ノ電を上から眺められるポイント
20128466.jpg
線路上に架かる桜橋からパシャリ☆

振り返ると、直ぐそこが極楽寺駅
20128464.jpg
この極楽洞を抜けて来る江ノ電を撮ろうとする人も、御霊神社鳥居くらい多くて人気のスポットのようですね~九州から来てるおばちゃん3人組から声をかけられて、話してみれば、めちゃ御近所さんだったりして笑いました
こんな遠く、鎌倉まで来て、こんなローカルな話をするとは思わなかったぁ~

20128469.jpg
この桜橋を渡ってある観音堂
暑くてバテバテ 暫く休憩しました

20128473.jpg
そして、ドラマでよく出て来ていたらしい極楽寺駅から江ノ電に乗車しました



江ノ電散策MAP


PageTop

再び!江ノ電!!①御霊神社

前回は江ノ電に乗って長谷駅へ
鎌倉の大仏の高徳院長谷寺を観て回りました

今回は、江ノ電1日フリーパス「のりおりくん」¥580を使って、江ノ電を満喫しよう!
そして、私は観てなかったンだけど、ドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地を巡ってみよう!
って事で…

20128418.jpg
JR鎌倉駅西口にある時計台
旧鎌倉駅舎の時計台で、現在の駅舎に改築される際に市民の要望によって保存されたンだそうです

先ずは、江ノ電に乗って長谷駅で下車して、坂の下辺りへ


ドラマ「二番目の恋」にも、私の好きな吉田秋生の漫画にも出て来るコチラ
20128431.jpg
力餅屋さん
なんと!創業300年の歴史がある老舗だそうです!おぉ
源義家に従い、後三年の役で活躍し力持ちだったという武将・鎌倉権五郎景政に因んだ権五郎力餅が看板商品だとか

この力餅屋さんの横から入って行きます
20128432.jpg
百日紅がキレイ~♪

奥に、御霊神社(ごりょうじんじゃ)の鳥居が見えます

突然、警報機の音がしたので走る走る!
20128434.jpg
鳥居の目の前を江ノ電が通過~~~('▽'*)わぁ~♪

もう本当にスレスレを通過して行くンです!! 

20128437.jpg
線路を渡ると直ぐ鳥居!面白いなぁ

御霊神社に参拝します
この神社も、ドラマにも漫画にも出て来ます

20128438.jpg
先ずはお手水を頂いて…

20128441.jpg
御霊神社は、通称を権五郎神社と呼ばれているとか

20128443.jpg
「平安時代後期創建の古社で、御祭神は鎌倉武士・鎌倉権五郎景政公で、様々な志の成就に御利益があるとされています。弓立ての松があり、福禄寿は鎌倉江ノ島七福神の一つとなっています。」

20128444.jpg
並び矢の紋 権五郎公は弓が得意だったでしょうか

暫く境内でジュースを飲んで休憩

カンカンカン♪

おぉ! 江ノ電が来る来る来る!
20128446.jpg
境内からだと、鳥居越しの江ノ電が楽しめます(^-^)b

20128447.jpg
もぉ~ワクワクしちゃいます(≧∇≦)ノシ

鳥居から線路沿いなんて、迫力あって楽しい♪楽しい♪
20128449.jpg

割と直ぐに電車がやって来るのも、また良いですね~
20128450.jpg
クラシカルな江ノ電も走ってるンですね~
この先はトンネルになっていて、次が極楽寺駅になります

その極楽寺駅を目指して歩いて行きますよ~



20128451.jpg
御霊神社

鎌倉に来たら、是非ものです!!


PageTop

Cafe Dining Nico Nico

鶴岡八幡宮から江ノ電の旅に出る前に、鎌倉駅周辺で早めのランチでも~と
情報誌を見て、看板メニューのふかふかホットケーキを是非食べてみたい!とイワタコーヒーへ
でも、ホットケーキの焼き上がりが既に1時間半待ち!
え?えぇ??まだ開店してから1時間ちょっとなのに???
お昼までまだ時間あるのに??? 本当にビックリしちゃいました(。゚ω゚)

お天気も良いし、行楽日和だからでしょうか
小町通りなんて、人・人・人って感じで、凄い人出だね~と驚いてたンだけど…
その後も情報誌やガイドブックに出ているようなお店を探して歩いたけど、辿り着けなかったり、軒並み満席やら予約席やら

途方に暮れていた時、偶然見つけたのがコチラのお店
20128427.jpg
“Cafe Dining Nico Nico カフェダイニング ニコニコ”

20128428.jpg
このランチメニューの看板が出ていなかったら、素通りしちゃうとこでした
美味しそうな匂いがするし、ちょっと冒険してみよう!って事で…d( ̄ω ̄*)


店内はカウンター席のみ8席
先客が2組いらして、「お好きなところへどうぞ」と私達は真ん中の席に座りました

自家製パン付きパスタランチが、なんと¥1000!
しかもオイルにトマトにクリームとオリジナルのソースの4種類から選べて嬉しい限り☆彡 

私は、鎌倉しらすと鎌倉野菜のオリジナルソースに
20128420.jpg
最近TVでも話題の鎌倉野菜、コレは食べてみなくちゃ!と
盛り盛りの鎌倉お野菜をどかすと…
20128423.jpg
名産のしらすがたぁ~っぷり!!(*^ワ^*)
ズッキーニ、ラディッシュ、そして初めて食べるお野菜がありました
ラディッシュの下にあるピンク色のお野菜
調べてみたら、多分コールラピみたい 



20128424.jpg
コチラは、ほたてとなすと水菜のトマトソース
ぷりっぷりで大ぶりのほたてがめちゃ美味しくて、酸味の効いたトマトソースが好き好き♪♪♪

自家製パンの写真、撮り忘れてる…(^-^; パンも美味しかったですよ!

多分、御夫婦でされてるお店かなぁ
付かず離れずが感じの良くて、とても満足しました
全然、情報誌やガイドブックには載ってなかったけど、コスパ高だし雰囲気良いし、隠れ家的なままだと良いなぁ~と思ったり

この冒険は大成功(^-^)bだったよね~って
また、鎌倉に来たら“Cafe Dining NicoNico”でランチしよう!


PageTop

鶴岡八幡宮

前回来た時は、大雨で本当に泣かされましたが…

今日はお天気に恵まれて快晴!!
青空に映える~♪ 鶴岡八幡宮の三ノ鳥居
20128417.jpg

三ノ鳥居から境内に入ると、右に源氏池、左に平家池という蓮池があります
その源平池に架かる約10mの太鼓橋
20128415.jpg
当時は木造で朱塗りだった為、赤池と呼ばれていたとか
以前は通行出来たようですが、現在は通行禁止です
20128413.jpg
渡ってみたかったなぁ

我が国初の幕府政治の舞台 鶴岡八幡宮
幕府の儀式や行事はすべてここを中心に行われ武門のシンボル的存在でした
「康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。
その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年(1180)鎌倉に入るや直ちに御神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地にお遷しし、 建久2年(1191)には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心としました。 また、頼朝公は流鏑馬や相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる社頭での神事や行事を興し、 関東の総鎮守として当宮に厚い崇敬の誠を寄せたのです。 以降、当宮は武家の精神のよりどころとなり、国家鎮護の神としての信仰は全国に広まりました。」

元々は神と仏を一緒に祀る神仏混淆色が強い神社だったのが、明治維新の神仏分離令で仏教色がなくなったのだとか

20128412.jpg
表参道 広いですね~

20128411.jpg
例年200~250万人の初詣客で、この参道が埋め尽くされるのかと思うと凄いなぁ~

20128410.jpg
手前正面に下拝殿(しもはいでん)別名「舞殿」

20128400.jpg
源義経の愛妾・静御前が舞を舞った若宮回廊の跡地に建つ拝殿
前回来た時は、大雨の中、この下拝殿で結婚式が行われていました

20128402.jpg
静御前は、どんな気持ちで舞を舞った事でしょうね



20128399.jpg
手水舎

拝殿前に手を清めて…
さぁ、いよいよ大石段へ

20128403.jpg
大石段は61段あります 結構な急勾配で息が上がります(^-^;

20128404.jpg
應神天皇・比賣神・神功皇后をお祀りする本宮です
文武11年(1828)江戸幕府11代将軍徳川家斉によって再建された本宮は、鮮やかな朱色と細やかな浮き彫りなどの装飾が印象的

正面の八幡宮の文字
20128405.jpg
神聖な神の遣いである鳩がモチーフ
この八幡宮の鳩八の字から鳩に因んだお土産の鳩サブレーや鳩のお守りがあるンですね~



「大石段を登ると上宮、ここからは、鎌倉の街を一望できます。更に空気の澄んだ晴れた日には水平線や伊豆大島を見ることが出来ます。」
20128406.jpg
霞んでて、ちょっと写真には写りきれなかったけど、彼方に海が見えましたよ!('ー'*)


晴れて良かった♪♪♪


鶴岡八幡宮


PageTop

北鎌倉散策

JR横須賀線なり~
20128341.jpg
東京から小1時間で来られる鎌倉

20128348.jpg
紫陽花がキレイな時期に、是非再訪したい明月院

20128354.jpg
細い路地が多いから、カーブミラーもアチコチ向いてて


鎌倉市のご当地マンホール
20128342.jpg

20128352.jpg

20128345.jpg
そして、何故か横須賀市のモノ
横須賀線だから???


北鎌倉から鎌倉へと歩いて行く途中のトンネル
20128391.jpg
巨福呂坂洞門(こぶくろざかとんねる)

巨福呂坂は、鎌倉七口(三方を山に囲まれた鎌倉の陸路入口)の一つで、鶴岡八幡宮裏の雪ノ下から北鎌倉駅を結ぶ切通しだったそうですが、その後の震災で拡張され車の交通が可能となり、平成5年(1993)に落石防護施設として、今のこのトンネルが整備されたようですね


20128390.jpg

「切通しを歩いている実感を損なわないようにアーチ状の梁とし、天井開口部を大きな六角形にし、石積みの壁を造るなど雰囲気を改善した巨福呂坂洞門が作られた」そうです

20128393.jpg

20128394.jpg
すごく風も通る気持ちの良いトンネルでした(^-^)


20128397.jpg
県立近代美術館鎌倉別館

もうこの先は、鶴岡八幡宮になります



PageTop

北鎌倉②

北鎌倉には紫陽花で有名な明月院や花菖蒲で有名な東慶寺などがあるようで、次回は是非お花のキレイな時期に鎌倉再々訪したいね~という事で

円覚寺と並んで禅宗のお寺として有名な建長寺へ
20128355.jpg
臨済宗 五山第一 建長寺
「北条時頼が建長5年(1253)に宋から来日していた高僧の蘭渓道隆を招いて建立。」

円覚寺は鎌倉五山第二位
五山とは、鎌倉時代末期頃より幕府が制定した京都と鎌倉の寺院で構成される五山制度という寺格の事

20128356.jpg
日本で最初の禅宗道場であるとか  拝観料¥300

20128357.jpg
総門には山号の「巨福山」
建長寺10世住職で書の名手であった渡来僧の一山一寧(いっさんいちねい)の筆
巨の文字に筆の勢いで加えられた「、」は、別名「百貫点」と呼ばれ、百貫の価値があるとされているそう


20128359.jpg
総門から入って直ぐ見えてくる三門

「創建当時の建物は失われたとはいえ、総門・三門・仏殿・法堂(はっとう)・方丈が一直線に並ぶ宋風の伽藍配置は、創建当時の面影を残すものとされる。なお、地形の関係で総門 - 三門間の参道は斜めになっている。」


20128361.jpg
銅板葺きの二重門で、関東大震災で倒壊し再建され、下層は門扉も壁も無い吹きっ放しで、上層には宝冠釈迦如来像や銅造の五百羅漢像などを安置しているとか

20128366.jpg
円覚寺の三門と同じく、上層への階段があります


20128364.jpg
「建長興国禅寺」の見字は、後深草天皇の書


20128365.jpg
三門右手にある鐘楼で、コチラも国宝

20128383.jpg
円覚寺、常楽寺の梵鐘と並んで、鎌倉三名鐘と呼ばれているそう
慶長7年(1255)鋳物師物部重光が制作、高さ約210cm、口径124cm
建長寺創建当時からの貴重な鐘


20128368.jpg
三門を抜けて行くと左手にあるお手水

20128370.jpg 仏殿
東京芝の増上寺にあった徳川秀忠夫人崇源院の霊屋を建て替えに際し、譲渡されたもの
正保4年(1647)に移築されている

20128371.jpg

仏殿の後にある法堂
20128374.jpg
天井に描かれた雲龍図は、素晴らしかったです


方丈の入口の門
20128377.jpg
唐門
仏殿と同じく、芝の徳川秀忠夫人崇源院霊屋から移築したものだとか

方丈庭園など見てみたかったのですが、この日は総住職の説法会みたいなものがあるとかで、人が大勢座っていたので、私達もお話も聞いてはみたかったけど…
20128378.jpg
時間が分からなかったので、唐門前の蓮を愛でるだけに留めておきました

20128379.jpg
福岡ではお濠の中で咲くので、こんなに近くで蓮を観るのは初めてです

20128381.jpg
緩やかな花弁がキレイですね~('ー'*)

本当は、建長寺最奥の半僧坊まで行ってみたかったンだけど…
この唐門横から石段を250段くらい上がって行かなくてはいけないようだったので、もうすっかり気温も上がってきて汗だくになってきたので断念しました


20128386.jpg
また何時か、ゆっくり北鎌倉を歩こうね!
紫陽花の季節に来たいよねっ!!





20128363.jpg
臨済宗 建長寺派大本山 建長寺


PageTop

鎌倉へ行こう!北鎌倉編①

またまた東京へ遊びに行って来ました(^-^)b

前回大雨で殆ど観光が出来なかった鎌倉リベンジだぁ~!と行く前から、めちゃ張り切っておりました

早朝から出発して、駅構内でパンやお稲荷さん色々と買い込んで…

横浜で横須賀線に乗り換えて、北鎌倉で下車!

20128278.jpg
緑が多くて、朝の空気がまだ少しひんやり

この北鎌倉駅で下車して、線路を渡って直ぐ!
201282833.jpg
臨済宗大本山・円覚寺(えんがくじ)

20128281.jpg
北条時宗公御廟所
「弘安5年(1282)蒙古襲来の際の戦没者の霊を慰めると共に、禅宗を広める為に北条時宗が中国より無学祖元禅師を招いて建立。」

201282822.jpg
北鎌倉駅から境内への入口、総門には「瑞鹿山」の額が掲げられています
「山号の瑞鹿山とは、円覚寺開堂の儀式の際、白鹿の群れが現われ説法を聴聞したという故事によるもの」だとか

この総門を入ると拝観受付があって、その前に屋根のある休憩所がありました
そこで年配のグループがお弁当を広げてあったので、私達もココで朝ご飯にしました
自販機もおトイレもあります
201282855.jpg 拝観料¥300
お隣のグループから、お惣菜のお裾分けを貰ったり
朝の清々しい空気の中で食べると美味しさ倍増だよね~と

201282888.jpg 三門
夏目漱石の『門』、川端康成の『千羽鶴』にも登場する山門で、2階建てで2つの屋根を持つ格式高い二重門の楼上には、観音像や十六羅漢像などを安置しているとか

20128289.jpg

「三門は三解脱門(空・無相・無願)を象徴すると言われ、諸々の執着を取り払って佛殿(涅槃・解脱)に至る門とされています。」

201282955.jpg
逆光が強過ぎて、折角の青空が飛んじゃって残念だなぁ…

20128296.jpg
「円覚興聖禅寺」の額字は、伏見上皇の勅筆とされているそうです

20128298.jpg
楼上への階段発見!

20128300.jpg
三門を潜ってからパシャリ☆ ちょっと青空♪('ω'*)

三門を潜ると仏殿が見えてきます
20128297.jpg
震災により倒壊したので、昭和39年(1964)に再建されたそうです

20128301.jpg
仏殿は大光明宝殿といい、本尊の木造宝冠釈迦如来坐像の他、梵天・帝釈天像も安置してあります

20128303.jpg
天井図は、守屋多々志の描いた「白龍図」 力強いですね~

境内は本当にキレイですね~よく掃き清められてます
20128304.jpg 選仏場

仏殿の横の道を更に奥へと歩いて行きました
20128308.jpg
ひっそりとしてるね
と、この木々を上に下に動き回る黒い物体… 何だろう???とよく見たら…
もぉ~ビックリ☆ヽ(*゚O゚)ノ 「リスがいるぅ~!」
野リスがいるなんて、本当に驚きました! 思っていたよりも大きな尻尾でした


20128309.jpg
正續院

20128311.jpg
「開山無学祖元の肖像彫刻(重文)を安置する塔所、開山塔である。舎利殿の背後にすっぽり隠れるように建つため、一般の拝観者はこの建物を目にすることはない。本尊として文殊菩薩像を安置する。」

20128314.jpg
大方丈
「本来は住職の居間である訳ですが、現在は各種法要の他、座禅会や説教会、夏期講座等の講演会や秋の寶物風入等、多目的に使われています。」とか
確かに、かなりの大きさです

ココで折り返して…

20128318.jpg
サワサワと涼しげな竹林

20128321.jpg
弁天堂 梵鐘(おおがね)の案内があったので…

20128322.jpg
こぉ~んな急勾配の石段を上りました~:゜(;´0`;)゜:。 もう息は上がるし汗かきかき

20128325.jpg
で、コチラが梵鐘(おおがね)

20128326.jpg
国宝だそうです

高さ259.4cm 口径142cm
20128328.jpg
「正安3年(1301)北条貞時が2500人の善男善女当山250人の僧衆の合力によりい鋳造。当時その巨大なること関東第一。江の島弁天の助力により鋳造が円成したとして、例の弁天堂にその尊像を祀る。」

よくこんな高い場所まで、こぉんな重い鐘を運んで来たよね~と

20128329.jpg
「鋳造を依頼された物部国光は、2度失敗を繰り返してしまうが、北条貞時が7月7日の夜、江の島の弁財天に参籠したところ、その加護に因って3回目の鋳造で成功したと言われている。
北条貞時は、洪鐘鋳造の成功に感謝して弁天堂を建立し、江の島にあった弁財天が円覚寺の鎮守として祀られている。この弁財天は、弘法大師の作とも言われ、江の島の弁財天と夫婦弁天と呼ばれている。61年毎に行われる洪鐘祭で、夫婦弁天が出会う事となっている。」とか

61年に1度なんて、気が遠くなりそう…
この前の洪鐘祭は昭和40年だったとか

という事は、次回の洪鐘祭は平成36年頃、かなぁ???


20128331.jpg
弁天堂からの展望

20128334.jpg
おぉ!富士山が見えるーーー!! なんだかめちゃ興奮してしまったぁ~♪(* ̄ω ̄)v

20128317.jpg
今年は蝉の抜け殻を見てないなぁ~と思ってたら、鎌倉で今年初!
すっかり気温も上がってきて、汗ばんだ体に風が気持ち良かったです



北鎌倉は回れないかなぁ~と思っていたから、早起きして良かった!(^-^)b
20128339.jpg

臨済宗 圓覚寺派本山 円覚寺 



PageTop

よーじやカフェ

20128277.jpg
飛行機に乗るのは、とっても好きなんだけど…
1人で飛行機に乗るのは、というか搭乗手続きが緊張しますね(^-^ヾ

まぁ、なんという事もなく無事に羽田に到着したンですが、1人なので待ち合わせまで自由にしてよう
怪しい顔のラテアートが楽しみたくて、“よーじやカフェ”へ

京都に3店舗と、東京には新しく出来た渋谷ヒカリエとこの羽田空港にしかない“よーじやカフェ”
あぶら取り紙やスキンケア用品の他、カフェグッズなども販売していましたよ

PageTop

白い彼岸花


残暑の所為か、何時もはそろそろ見かける真っ赤な彼岸花もまだまだみたい
と思っていたら、白い彼岸花がポツポツと咲いていました

どこか田圃や川岸の辺りをお散歩してみようかな
真っ赤な彼岸花が楽しみ



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。