Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弾丸☆旅行 回転寿司北海道

お宿は皆生温泉で、夜ご飯は予定通り近くの回転寿司に行く事に
20127629.jpg
お昼もお魚だったけど、ガイドブックに載っていた中で1番そそられたお店
“回転寿司 北海道”
何故に、北海道???とも思ったンだけどね('ω'*)
境港直送!朝どれ新鮮!と

20127625.jpg
早朝からずーっと車に乗って観光地を巡って、ちょっと疲れた体に沁み入ったのが、コレ!
しじみ汁が、すっごーーーく美味しかったです♪♪♪(≧ω≦ )ノシ

最近は、均一料金の回転寿司が多いけど…
20127626.jpg
ココは、お値段色々で、こんな嬉しいまぐろ尽くしも


20127627.jpg
“海鮮市場 かろいち”でも見かけた白梅という貝の握り
福岡では見かけない貝だったけど、どんな感じかなぁ~???と
つぶ貝よりもコリコリしてて、甘くて、かなり美味しい!
お代りしちゃいましたよ~

20127628.jpg
お店の中に玉子が積んであって、こだわりの玉子を使ってあるようだったのでオーダーしてみたら、この出汁巻き玉子も絶妙に美味しい~~~(≧∇≦)

やっぱり日本海の荒波にもまれて、魚が美味しくなるのかもね~
カンパチもぷりぷり!本当に美味しかったです

お客さんが多いのも、うなずけます!
また、この辺りに来る事があったら、是非立ち寄りたいです d(^ω^*)


スポンサーサイト

PageTop

弾丸☆旅行 足立美術館

本当は、翌日に行くつもりだったけど、このままビューン☆と走って、島根県へ
母親が是非行きたい!と言っていた足立美術館
国内屈指の近代日本画を収蔵しており、特に横山大観の作品を数多く収蔵しています
20127624.jpg 大人¥2200
小雨が降る中、閉館時間まで後1時間半とちょっとだね~という時間帯もあってか、駐車場もスムーズに停められたし、館内も混んでなくて良かったです

有名な横山大観をはじめ、上村松園、川合玉堂など名だたる日本画家の作品を間近で堪能出来るだけでなく、素晴らしい日本庭園も見所です

日本庭園ランキング(アメリカの庭園専門誌)で、堂々の8年連続1位に輝いている、13.000坪の広大な日本庭園の写真です
絵画は写真撮影出来ないので…
20127591.jpg

20127594.jpg

20127595.jpg

20127601.jpg

20127602.jpg

20127603.jpg
「受付からミュージアムショップの横の通路を歩くと左側に茶室、右側に苔庭が見えてきます。さらにそのまま歩いていくと枯山水庭や白砂青松庭を眺めることができるスペースが登場。足立美術館には全部で6つの庭があり、それぞれ個性を主張しあいながら素敵な風景を醸し出してくれます。」


20127604.jpg

20127608.jpg
「枯山水庭や白砂青松庭も、庭をそのまま見せるのではなく、建物の中から大きな窓を額縁代わりにして絵のように見せるなどのアイデアが組み込まれています。」

庭園内にある東屋???
20127616.jpg
そこの玄関先に座って左右を見ると…

20127610.jpg   20127611.jpg
庭園が掛け軸のように見えます


20127612.jpg
現在、「あなたが選ぶこの一点」という特別展が開催中で、私は竹内栖鳳の「獅子」に1票入れました
もう、本当に、絵の前から離れがたくなるくらい、素晴らしかったです!

2010年に新館がオープンしており、新館では現代作家の作品を展示してました
ん~
最近の作品って、絵が大き過ぎて、色も多過ぎるような気がして、私はあんまりだったです


足立美術館


PageTop

弾丸☆旅行 白兎神社

鳥取港を後にして、ひたすらR9号線を下って米子市を目指します
この鳥取市から米子市までの日本海R9号線沿いには、道の駅が5,6カ所あるンですよね~
滅多に来ない場所なので、全部の道の駅に寄ってはみたかったけど、その道の駅の中でも、絶対立ち寄りたい!と私が思っていたのが、“神話の里 白うさぎ”

古事記、日本書紀に出てくる大国主命と因幡の白うさぎの像がありました

「因幡(いなば)の気多(けた)の岬(鳥取市白兎海岸)に住んでいた白兎が、海に流されて淤岐島(おきのしま)へ漂着したものの、帰れなくなってしまいました。
困った白兎は、出会った鰐(海の鰐鮫ワニザメ)を騙して対岸に帰ることを思い付きました。
白兎は鰐に「兎と鰐、どちらの仲間の方が多いか数較べをしようではないか」と持ち掛けて、鰐達を島から対岸の気多の岬まで一列に並ばせ、鰐鮫の背中を「一匹、二匹、三匹…」と数えながら跳び渡って行きました。
しかし、もう少しで渡り終えるところで、兎が仲間の数較べは嘘で、渡るのに利用しただけだと言ったものだから、騙されたと知った鰐達は怒って、白兎を捕まえて、その毛皮をむしり取って丸裸にしてしまいました。

毛皮をむしり取られた兎が、痛さのあまり砂浜で泣いていると、八上比売(やかみひめ)に求婚に行く途中の大国主命の兄神たち(八十神)が通りかかって、海水でよく体を洗って、風に当たって山の上に伏せているが良いと言われたので、兎はいわれた通りにしました。 しかし、海水が乾くと皮がひび割れし、痛みは更に増してしまいました。

しばらくして前に通った兄神たちの荷物を持たされて、大きな袋を担いだ末弟の大穴牟遅命(おおなむちのみこと)のちの大国主命が一人遅れて通りかかり、河口の真水で体を洗い、蒲の花粉を採って撒き、その上に寝転がって花粉を体につければ元のように良くなる」と教えました。

兎が言われた通りにすると、やがて体はすっかり元通りになりました。」

この“神話の里 白うさぎ”の近くには、白兎海岸がありましたが、雨が降っていたので立ち寄らず

駐車場に鳥居がある白兎神社へ行ってみました
母親は、石段が続いてキツそうだからと道の駅へ
20127572.jpg
かなり大きな鳥居です
お土産物を販売している小屋も、雨の為か営業してませんでした


20127575.jpg
二の鳥居かな

20127574.jpg  20127586.jpg
参道左右には燈籠があって、その上を白兎がこっちだよ~!って感じで、ぴょんぴょん

この燈籠上の白うさぎの写真を取ってる間に、徐々に雨が小降りになってきて良かった♪

20127577.jpg
白兎が体を洗ったとされる御身洗池(みたらし)
あんまりキレイとは言えないですね…(^-^;


20127583.jpg  20127584.jpg
白兎神社の狛犬は、お尻を高く上げていました
てっきり、狛兎かと思ってたンですが…


20127578.jpg
「白兎は、大国主命に大変感謝して、八上比売(やかみひめ)を妻に出来るのは、先に求婚に行った兄神達(八十神)ではなく、あなた様(大国主命)だと予言し、その通りになりました。
その為、因幡の白兎は縁結びの神とも言われています。」

なので、上がって来てみたら、カップルが3組ほど
社務所には、兎の可愛いお守りや縁石を売っていたり、奥にはハート型の絵馬掛けがあったり
成る程、縁結びの神様の神社なのね~という雰囲気でした



20127582.jpg 大変珍しい菊座石
「本殿を支える土台石(六ヶ所)に菊の紋章が彫刻(二十八弁)してある。近郷の社はもちろん、全国的にも珍しい。神社創設が皇室と何らかの関係があったものと云われている。」

20127581.jpg

20127580.jpg
こんな菊の細工を施した土台石に、本殿を乗せてるなんて、本当に珍しいですね~!

本殿が西向きで、出雲方面を向いていることから、伊勢神宮や出雲大社と何らかの関連性があるのではないか、とも言われているとか
戦乱により、白兎神社に関する古書が焼失してしまい、創建に関する事柄が一切、ハッキリしていないンだそうです


20127585.jpg
お天気が良かったら、目の前の日本海がキレイに見えた事でしょうね



因幡の白兎は大国主命の国造りに助力した少彦名命(スクナヒコノミコト)の化身であるとされているとか
痛い思いもしたけれど、重要な役割を果たした白兎なんですね

白兎神社




PageTop

弾丸☆旅行 かろいち

鳥取砂丘で歩いて、砂の美術館で砂像を楽しんで、そろそろお腹も空いてきたね~という事で、ガイドブックを見て鳥取漁港でお昼ご飯を食べよう!
と向かった先は、“海鮮市場かろいち”

かろいちって、地名なんですね~「賀露」って書くンだそうです

砂の美術館で砂像を観ていたらゴウゴウと音がして、いきなりの豪雨!
私達は砂丘に居る時に雨に降られず良かったけど、雨脚は少ぉし弱まったものの、そのまま降り続き…

地図を頼りに辿り着いた“海鮮市場かろいち”の敷地に隣接して、JA鳥取直売所“わったいな”や、“とっとり賀露かにっこ館”というカニが主役の小さな水族館などもあったンだけど、雨が降ってるから見て回るのは断念して、とりあえず“海鮮市場かろいち”内でお昼ご飯を食べよう!って事に

ガイドブックに、美味しそうなお寿司の写真が載っていた“寿司若林”にしようかと思ったンだけど、定食も色々とある“市場料理 賀露幸”にしました
20127561.jpg
私の海鮮丼 コレは普通に美味しかったです
カツオのたたきも入っていたけど、やっぱりたたきは枕崎で食べたモノの方が美味しかったですね
鯛がプリプリで甘くて、美味しかったなぁ


20127564.jpg
母親がオーダーしたのは、日替わり定食(時価)

20127565.jpg
この日はカレイの煮付け
このカレイの柔らかさ、調度良い加減の煮付け具合、もう最高!でした(^-^)b


お腹を満たしたところで、市場内をウロウロしてみたり
まだお昼ちょっと過ぎだったけど、もう海産物は結構売れてるようで、観光バスが乗りつける場所なのかもしれないね~と

私が気になったのはコレ!
20127567.jpg
岩ガキですよーーー!

牡蠣好きの私としては、1回は食してみたい~(≧ω≦ )と思っていたンです!
でも、岩ガキって結構お値段が、ね…
と思ったら、小さいカキから中くらいの、すっごく大きなモノまで色々あって、サイズに合わせてお値段もお手頃だったので…
(大きなカキは、1個が¥900!)
20127566.jpg
この小さめの岩ガキの盛り合わせ4個で¥1000

お店の方に聞いたら、その場で開けて下さるという事で、念願の岩ガキ初体験!(*^ワ^*)ワーイ♪
お店の奥で、さくさく開けて貰いまして~

20127569.jpg
レモン果汁をちょちょっと振りかけて~

20127568.jpg
小さめのサイズでも、この大きさ!
何時も食べてる冬の焼き牡蠣“ひろちゃんカキ”の大よりも、更に一回り大きくて重い感じ

お味の方は、本当にお店の方が言うように、濃厚!
塩味が強くて、ちょっと渋みがあって、ミネラル豊富だなぁ~と感じますね

毎年冬になると、一緒に焼き牡蠣を食べに行く母親も、かなり興味をそそられて食べたそうでしたが、生は怖い!でも、食べたい!と盛んに迷ってました
「焼いてくれたらいいのに」って(笑)

海鮮市場 かろいち


PageTop

弾丸☆旅行 砂の美術館

鳥取砂丘へ行く途中にありました
20127517.jpg
まだ、新しい施設のようです
ででん!と砂のオブジェが目を惹きました!

「世界初、砂を素材にした彫刻作品を展示する美術館」
20127518.jpg
砂の美術館
「自然が気の遠くなるような年月を経て作り出した造形美である鳥取砂丘。
そこに、人の力で新たな造形美を創り出し、この地を訪れる人に今迄にない感動と感激を与えたい。そんな思いが現実となり、2006年11月18日に砂を素材にした彫刻作品である砂像を展示する砂の美術館を開館しました。」


20127520.jpg  20127519.jpg
砂像スタッフの皆さんと、作像風景
「砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示しています。」


第5期展示は、「砂で世界旅行・イギリス~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り」

20127525.jpg
イギリスと言えば、この特徴的な帽子を被った近衛兵 そして、バッキンガム宮殿

20127523.jpg
ロンドンタワー橋

20127528.jpg
コレは一体…??? シェークスピアの戯曲ハムレットの一場面なのかな?
髑髏を持つリア王???襟のフリルが凄いです!


20127526.jpg  20127527.jpg
左はイギリス王家の紋章、右はイングランド王室の紋章のようです


20127531.jpg
エリザベス女王の公邸、ウィンザー城

20127530.jpg こんなモコモコした木々まで、よく作られてるね~


そして、館内最奥で1番大きく作られていたのは、エリザベス女王一世
20127534.jpg

20127537.jpg
威厳のある凛とした雰囲気が、スゴイよね~と


20127539.jpg 20127540.jpg
イギリスを代表する科学者、ダーウィンとニュートン

20127538.jpg 進化論も彫り込まれてて

20127542.jpg
ダーウィンの背中にいるお猿さんの顔が、実に可愛くて!リアルに作られてて!感動~('▽'*)


20127543.jpg
その横には、イギリスの産業革命を下から順に


20127545.jpg
ロンドン塔

20127551.jpg
2階から見下ろしたロンドン塔
周囲の人と比べても、その大きさが分かると思いますが、上から見ると、また違った発見がありました!

20127553.jpg  20127554.jpg

20127556.jpg 塔内に人が立っているンですよ!

上から見ないと分かりませんよ~('ω'*)

20127558.jpg  20127559.jpg
ウィンザー城にも人がいました!おぉ


20127535.jpg
シェークスピアの戯曲が数多く初演されたグローブ座
20角形の円筒型の劇場で、立ち見客もいますね~



「砂像は水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術です。素材が砂であるため、制作中から完成後も常に崩れる危険が付きまといます。素晴らしい芸術作品でありながら、崩れやすく、その姿を永遠に維持することができない砂像は、その儚さの中に美しさを秘めているのです。砂という崩れ易い素材に、砂像彫刻家達は果敢に挑んでいきます。そうして生まれた砂像は、多くの人々に感動と驚きを与え続けています。」

本当に凄かったです!
コレ全部ただ水で固めた砂を削って作ったなんて、感動です♪('ー'*)
第4期の動物一杯のアフリカを観てみたかったなぁ…と思いました

砂の美術館

第1期から4期までは、仮設テントでの展示だったそうです
今年の4月14日に美術館として完成したばかり 入場料も大人¥600 小中高¥300
コレは是非モノのお立ち寄りスポットですね(^-^)b



PageTop

弾丸☆旅行 鳥取砂丘

鳥取砂丘に行ってみたい!という母親の為に、夜中の3時起きで出発!
福岡から8時間余りかけて行って来ました!(* ̄ω ̄)v

中国道をひたすら走って佐用ICまで
そこからは鳥取自動車道(なんと無料!)を通って、鳥取市内へ
片側1車線の高速自動車専用道路で、鳥取自動車道なかなか快適でしたが、鳥取市内に入ってからの片側2車線バイパスの信号が悪くて車が進まない~(u_u;)


梅雨の最中の親孝行です(^-^)b

高速道では結構な雨に降られたりもしたンだけど、鳥取砂丘に着いた時には雨が止みました
さすがは晴れ女!

鳥取砂丘は、少し雨が降った方が歩き易いとガイドブックに書いてあったので、調度良い加減かもね~と言いつつ、駐車場から階段を上って行くと…

おぉ~!
20127483.jpg

ほぉ~!
20127486.jpg
「思っていた以上に、広いね~! 本当に砂丘って言うだけあって、砂の丘なんやね!」と

20127487.jpg
鳥取砂丘のオアシス
「鳥取砂丘の中央部の通称・馬の背の北側 にある水たまり。 梅雨時期には池のようになるが、夏場になると蒸発して消えてしまう。」とか
梅雨の時期だけど、そんなに水は溜まってなかったです
緑があるのがオアシスっぽい


早速、馬の背と呼ばれる砂丘列へ歩いて上る事に
20127489.jpg

靴が砂だらけになるのを避ける為に、サンダルを持参してたンだけど、途中で素足に
素足の方が上り易いし、気持ちが良いです(^-^)b
20127490.jpg

かなりの勾配ですよぉ~!
20127494.jpg
写真で、馬の背の高さが伝わると良いンだけど…

鳥取砂丘は、東西約16km、南北2km、最大高低差90mもあるンだそう

20127508.jpg
馬の背、頂上まで後少し
もう、息が上がってます~:゜(;´∩`;)゜:

20127497.jpg
後ろを振り返ってみました 人が小さく見える~


頂上まで上ると、目の前は日本海!
達成感もあって、風が気持ち良い~~~♪♪♪


20127504.jpg
もう殆ど、馬の背からは真下というような海で遊んでいる家族連れチラホラ



20127503.jpg
馬の背から海への急斜面には、うっかりしたら下まで転げ落ちてしまいそうな怖さがありますね

20127501.jpg
「こんなにスゴイとは思わなかった」と満足そうな母親と風に吹かれて、またり


そろそろ下りよっか~ なんだか下りる方がコワイ感じがしたり
20127510.jpg
私の足跡

風が吹いているので、足跡も暫くすると風紋に埋もれてしまいます

20127511.jpg
怖いのか、滑り降りるような格好の人もいたり…

かと思えば…
20127512.jpg
傾斜のキツイ場所から

20127514.jpg
わざわざ駆け下りるチャレンジャーもいたり

面白そうだけど
余りの傾斜にぐんぐん加速が付いて、自分では脚をどうしようも出来なくなりそう!
なので、私には無理ですね(^-^;


20127515.jpg
「砂丘と砂漠の違いは、雨の量です。砂漠は乾燥地気候の中で乾燥が著しい地域にあります。乾燥のため生物の活動がほとんど維持されない不毛の地です。
一方、砂丘は、風によって運搬された砂が堆積して丘などの地形を作ったものです。鳥取砂丘は、中国山脈から千代川によって日本海まで運搬される土砂がやがて砂となり、北よりの風により海岸に吹き上げられ堆積してできた海岸砂丘です。
鳥取砂丘では、雨もたくさん降るし、冬には雪も積もります。植物も育ちますが、砂の動きが激しいところでは、植物が生長しにくく、広大な砂の面が広がっています。」

風の力で、こんなに砂を押し上げて…
自然の力ってスゴイもんだよね~と感心しきり


私達は、砂丘入口階段の前の、道路を渡って直ぐのトコにある砂丘会館に車を停めました
階段下りたトコにある鳥取砂丘ジオパークセンターは、駐車場が有料みたいでした
でも、ココは無料の足洗い場があるので、素足で歩いた後キレイに洗えて便利でしたよ(^-^)b







鳥取砂丘①  


PageTop

そろそろ


次の一歩を踏み出す時かも

若い時みたいに、えいやっ!といけなくなってきて

不安ばかり

でも、仕方がない

なるようにしか、なっていかない



PageTop

乃南アサ 『殺意・鬼哭』

「殺意は、加害者・真垣徹の独白で綴られている。内なる大輪の花に魅せられ、彼は殺人者になる。鬼哭は、被害者・的場直弘の独白で綴られている。それは刺されてから死ぬまでの三分間の意識の流れ。おそらくミステリー史上、かつてない試みであろう。…エンターテインメントの域をはるかに越え出た力業であると評された異色作」

なかなか面白い、かなぁ…と思って読み始めたンだけど、どんどん退屈になってきて
これ程の長さはいらなかったンじゃないかな、と思いましたね

ちょっと『風紋』を思い出しました
一体どうして、あの電話でスイッチが入ったのか?!今迄20年間の親交があったのに、今更何故???
というような、『風紋』で凶器が最後まで明かされないまま進んでいくようなスッキリしない感じ



PageTop

マリンワールド④

コチラも新しく作られたエリアのようです
「かいじゅうアイランド:アシカやアザラシたちが水中を優雅に泳いだり、エサをとる姿をより身近に体感観察できる施設です。」
20126640.jpg
怪獣ではなく、海獣ですね
海にすむ獣(哺乳類)のエリア


イルカプールも覗ける丸い小窓
20126647.jpg
かなりのスピードで泳いでいました

20126641.jpg
カマイルカ
ジッと見入っていたらカメラ目線をくれたので、急いでカメラを構えて2周回目でパシャリ☆


板張りの観覧デッキに開けてある丸い窓から、コンニチハ!
20126650.jpg

20126658.jpg

20126657.jpg
ゴマフアザラシの皆さん、羨ましいくらい気持ち良さそうに泳いでいます('ー'*)


観覧デッキから、地階と下りていけるようになっています
20126662.jpg
カリフォルニアアシカ
窓にいるカップルと比べると、カリフォルニアアシカの体の大きさがよく分かります

階段状になったプールのアチコチに、窓が設けられていて、泳ぐ海獣達を間近で見る事が出来て、とても面白かったです(^-^)b

20126663.jpg

20126666.jpg
何故か、ずっと背泳ぎしていたゴマフアザラシ
クセなのかなぁ???

20126668.jpg
狭い通路を2頭通過中

通路にゴマフアザラシの説明がありました
20126670.jpg

20126669.jpg
愛らしいなぁ~


20126673.jpg
すい~

20126674.jpg
すいすい~


プールに半円状に張り出した窓があって、その上で休憩している模様
20126678.jpg

下から覗けるから
20126679.jpg
カリフォルニアアシカのお腹の部分をよく観察出来ますね~ 大きな足だぁ~!

20126681.jpg
下から覗いていたら気が付いたようで、ゆらりと泳いでカメラ目線をくれました(^-^)
ちょっとオジサンっぽい


かいじゅうアイランドを後にして、本館へ
お土産物を見ていたら、そろそろラッコショーが始まるようだったので観てみる事に
20126685.jpg
始まる前に、ラッコの写真を撮ろうと頑張ってみたけど、ラッコって全然ちっともジッとしてないので、どの写真もブレブレ(^-^;
やっとショーが始まったら、お姉さんの元で少しは大人しくなりました

20126686.jpg
オスのリロ

20126687.jpg
メスのマリン
このマリンが産んだ赤ちゃんラッコが、現在、飼育委員の手で子育てされているとか
「ラッコの赤ちゃん子育て日記」

20126689.jpg
白っぽいマリンと黒っぽいリロ
種類が違うのかと思ったら、人間と同じように、ラッコも年をとるにつれて頭が白くなるンだそうですよ!
で、このマリンとリロは8歳くらいの年の差があって、すごい姉さん女房の夫婦だとか

このラッコショーのお姉さんのお喋りが、とても面白かったです!!(*^ワ^*)




20126671.jpg
久し振りのマリンワールドは、楽しく面白かったです♪♪♪

お天気の悪い時には、水族館って良いかも~
九州各県と沖縄下関の水族館は行ってるンですが、動物園より水族館の方が断然楽しくて好きな私
何時かシャチのいる鴨川シーワールドに行ってみたい!というのが、密かな夢です


MARINE WORLD

ついでに
鴨川シーワールド

PageTop

マリンワールド③

イルカ・アシカショーを観終わって、館内へ戻って…

20126552.jpg
カミナリイカ 西日本では紋甲イカ
20126553.jpg
春から初夏の、雷の鳴る頃によく獲れるから、だとか

20126555.jpg
コウイカ

こうして見ると、店頭に並んでたり、よくあるイカの絵とは随分違う形で、結構ゆらゆらと漂ってるだけなんですね~水槽の中は安全だからでしょうか
もっと、ピュッピュッと泳いでる姿を見てみたかったンだけど


20126557.jpg
まるで、おもちゃの魚って感じの愛嬌のある顔をしたアカモンガラ
ん???青い体なのに、何故アカモンガラ?と思ったら、歯が赤いンだそうです
でも、待ってても全然見る事は出来なかったけど
尾も面白い形をしています


小さなフグもいました
20126558.jpg
多分、ハコフグの中の、ラクダハコフグかな
この形のフグは、本当に可愛いなぁ~

大きな水槽に1匹だけ入れてあったンだけど、壁面に映る自分を敵と思っているのか、盛んにツンツン突撃していました(^-^)
201236558.jpg
よぉ~く見ると、目の色がキレイな青!
でも、皮膚に毒の粘液を持っているンだとか


20126559.jpg
オビテンスモドキ幼魚
成魚になると、ちょっと模様が変わるようです
古代魚みたいで、昆虫の幼虫みたいで、あんまり…かな(^-^;


20126582.jpg ヤドカリの皆さん

マリンワールドのスタッフのアイデアなんでしょうか???
博多どんたくに因んだ飾りを乗せた宿を背負って、ちょこまかと動いているのが、可愛かったです♪♪♪

20126583.jpg
博多にわかせんべい

20126584.jpg
マサカリ担いだ金太郎に、兜にプチケーキのような花盛り

20126585.jpg
コレは、花バスかな!

20126586.jpg
柏餅を背負ってるヤドカリもいました
すごいクオリティの飾り物!スタッフに手先の器用な方がいるんでしょうね~
クリスマスやお正月の時期なんて、また可愛いンだろうなぁ~ワクワクしちゃいますね!(^-^)



すごく人相の悪い魚です
20126588.jpg
カエルアンコウかな?
泳ぐというよりも、歩くような移動の仕方
20126589.jpg
そして、ラクダハコフグみたいに、コチラも壁面に映る自分に威嚇しているのか、頭突きしまくり


下の階へ行く途中の壁
20126591.jpg
クジラやサメなどの実物大のイラストが描かれていて、人間との対比だけでなく、写真に収まりきれない大きさを壁面一杯に描いてあるので、圧倒されますね~

20126592.jpg
龍宮の遣いまで


以前来た時は、こんな仕掛けの通路じゃなかったです
20126593.jpg
深い海に下りて行く感じで、なかなか良いですね~('ー'*)

蛍光塗料で描かれているのか、うき上がって見えます
20126594.jpg

20126596.jpg

20126597.jpg
コレは誰が描いたンでしょうか…???


薄暗い通路の先には…

20126608.jpg
パノラマ大水槽があります!!

20126603.jpg
サメの皆さん

20126605.jpg
マンタ!(Sサイズ)

20126604.jpg
ハリセンボン? オキナワフグ? 悠々自適に泳いでて目立ってました


20126599.jpg
このパノラマ水槽は、マリンワールドの1~2Fの高さのある水槽です
水深7m、最長奥行10m、最長幅24m、水量1400㎥、水温は21~22℃に保たれています

20126611.jpg
厚さ28.5cmのアクリルガラスの実物が置いてありました
アクリルガラスにかかる圧は、なんと110t!! 
自動車100台分の重さを支えると、子供にも分かり易く書いてありました(^-^)
実際の安全強度は、更にこの30倍までの重さに耐える事が出来るそうです!凄いですねーーー!


20126614.jpg 更に奥へと…

20126618.jpg
トラザメの皆さん

20126619.jpg
生きてるのかなぁ~?と思うくらい、動かない…
普通のサメよりも顔は可愛いけど、トラではないかなぁ

20126616.jpg
そのトラザメの卵 中に赤ちゃんが入っているらしいのが分かります
「メスは半年から2年ほど、体内で精子を保存する事ができ、産卵の時に卵子と精子を受精させて産卵します。」って、まぁ、なんと便利な事でしょうね

20126617.jpg
で、よく見たら、中の赤ちゃんサメちゃんとうにょ!と時々動きます!
こんなライトに照らされて、ちゃんと育ってるンだぁ! ('▽'*) おぉ!
うにょ!と動く赤ちゃんサメは、既にある程度サメらしい形になってて、大体1年くらいかけて孵化した時には、もう立派なトラザメの姿になってるンだそうです

20126621.jpg
なんともアンバランスなタカアシガニ
転びそうだとか、脱皮がし難かろうとか思ったり

20126624.jpg
モヤモヤとしたイソギンチャク群
20126623.jpg
よく見ると、根元には貝やらエビやらが潜んでいました


20126622.jpg
クモヒトデの仲間 オキノテヅルモヅル 言い難い名前だわ~(・ω・`*)


コレは苦手な人もいるかも…

海中のダンゴムシって感じ

深海の掃除屋さんと紹介されてました

20126629.jpg
ダイオウグスクムシ
「漢字では、大王具足虫と書きますが、具足とは武士が身に付ける鎧や兜の事です。ダンゴムシと同じ仲間で(やっぱりね!)50cm近くまで成長する世界最大の等脚類です。海の掃除屋と呼ばれ、深海底で動物の死骸などを食べています。」
20126630.jpg
何故か、一部のダイオウグソクムシの皆さんが、行進の練習中

ん~さすがは深海エリア!なかなか気持ちの悪かったり不思議な形のモノが多かったなぁ~と思いながら通路を上って来たら、最後にこんな展示物がありました

色んなサメのお口がどーん!
20126633.jpg
こうして比較すると、かにゃり大きいお口だこと!
アオザメというらしい…
よく映画で出てくる怖~ホオジロザメに似ているけど、余りにも泳ぐ速度が速い為、外洋でしか見られないとか
20126632.jpg
ホオジロザメの三角形の歯と比べると、突き刺すような細い歯がビッシリ… おぉ、コワ!

ホオジロザメの口
20126636.jpg
映画「ジョーズ」以来、数多くの映画に出てくるだけあって、とてもがっしりとしたお口ですこと!
20126637.jpg
周りがギザギザのノコギリ状になった三角形の歯が、ビーッシリ! おぉ~怖い!

因みに、「ディープブルー」という映画のサメは、ホオジロザメではなくてアオザメだそうです

歯を見ると、噛まれたら痛そう!!くらいじゃ済まない重症を負うだろうな、という怖さがありますが、実は私は結構サメが好きなんですよね
あの姿形が、とてもカッコイイ~♪と思うンです
横に付いてるエラ、鰓孔(さいこう)が5つ6つ並んでるのもカッコイイなぁ~と


MARINE WORLD


PageTop

マリンワールド②

マリンワールドに来たら、是非観なくちゃいけないのが、イルカ・アシカショー(^-^)b
20126518.jpg
前の席は水を被ってしまうので、上段真ん中に座りました
お天気が良かったら、海の色もキレイなんだろうけど…

20126521.jpg
先ずは、アシカのショーからです
お茶目な動きが笑いを誘いますね~!

20126522.jpg
イルカのショー始まり始まり~のご挨拶

20126526.jpg
やっぱり、高いジャンプが見物ですよね~('▽'*)

20126532.jpg
バンドウイルカに比べて、クジラの仲間であるコビレゴンドウは、ジャンプの高さはイマイチ
だけど、ドーン!水しぶきは1番上がります
バンドウイルカには敵わないけど、一生懸命の大ジャンプに拍手喝采でした('ー'*)


ショーが終わってから、プールの縁まで近付いて…
20126535.jpg
実に気持ち良さそうに泳いでて、羨ましいなぁ

20126539.jpg
こうして見ると、確かに体つきがクジラっぽいユキちゃん

20126542.jpg
かなり人懐っこいようで、プールの縁で見ている私や子供達の前を何度もゆっくり回って来てくれました

20126541.jpg
小っこくて優しい目をしてるのが、写真ではイマイチ分かり難いのが残念


マリンワールドのショーは、九州の色んな水族館の中でも断トツだと思います
よく、ここまで芸を覚えさせる事が出来るなぁ~と感心しきり


PageTop

マリンワールド①

ちょっと前の事なんですが…

すっっっごく久し振りに、マリンワールドに行きました(^-^)

入場して直ぐの水槽は、とてもカラフル♪♪♪
20126472.jpg

20126471.jpg


20126479.jpg
相変わらず、チビッ子に大人気のクマノミ

20126480.jpg
「ニモー!ニモだぁー!」

20126490.jpg
真っ黄色の魚はフエヤッコダイ、薄赤色したのがケラマハナダイかな
色んな種類のチョウウオもヒラヒラしてて
とてもキレイなんだけど、余りにもヒラヒラし過ぎてて全然写真が撮れません(~_~;)
チョウウオというだけあって、紋様が色々あってキレイなんだけど

20126484.jpg
ウツボが「こんにちは」 このウツボは色がキレイですね

20126497.jpg
コレも確か『ファインディング・ニモ』でクールな役を演じていたような???
ツノダシ

何この魚?!
20126505.jpg
なんてお洒落な服を着てるンだろう!('▽'*)と思ったこの魚は、モンガラカワハギ

20126504.jpg
「同じ種類の魚であっても、よく見ると微妙に模様が違います。左の水槽に居るモンガラカワハギの体の右側に、小さいですが可愛い模様を見つけました!」というスタッフのつぶやきが掲示されてて

201236503.jpg 小さな❤ハート
上の写真の方がよりハートらしく見えて、望遠で撮ってみたら隠れミッキーっぽいかも

そして、コチラも激しく惹かれました!
20126483.jpg
チンウナギの皆さん
美味しく頂く鰻と比べて、顔つきも断然可愛いけど、その動きが、もぉ~可愛い(≧ω≦ )
ゆらゆら~ふらふら~
で、人が顔を近づけ過ぎると、ひゅいっと沈むンですよ!
コレは、海界のプレリードックかも


ナポレオンフィッシュというのが名前かと思っていたら…
20126509.jpg
メガネモチノウオという世界最大のベラの仲間だそうです(^-^)b
え?!ベラなの???鯛とかかと思ってました

20126510.jpg
「成長と共にメスからオスに性転換(!?)し、オスになると額の瘤が突き出て頭も大きくなります。」とか
うむ~瘤って邪魔そう!
口唇も分厚くてモコモコして見えるけど、思ってた以上に薄い体なのね…(^-^;
「この瘤がナポレオンの軍帽に似ている為に、ナポレオンフィッシュと呼ばれています。」

20126513.jpg
イトヒキアジ
海の生物は、昆虫同様「何故そんな姿に?!」と是非聞いてみたくなるモノが多々ありますが…
上のモンガラカワハギは、まだ暖かい海の岩礁に住んでる擬態として分かるとしても、このイトヒキアジの長ぁ~いイトというかヒモ
20126578.jpg
仲間同士で泳いでいて、「おい!邪魔!」とか「絡むから離れてくれ!」とかの騒動が起こらないのかと心配する程のヒラヒラぶりで、こんなにヒラヒラさせる意味があるのかなぁ???


20126516.jpg

20126576.jpg
首が白っぽくてほっそり長め、甲羅もつるりとした感じのタイマイ

20126517.jpg
顔も甲羅もごっつい感じのアカウミガメ

そろそろイルカ&アシカショーの時間となりました(^-^)


MARINE WORLD





PageTop

サザンメイド・ドーナツ・ファクトリー

ちょっと藤崎に立ち寄って、新しく出来たドーナツ屋さん“floresta フロレスタ”でも~と思ったンだけど…
直ぐ近くにある“サザンメイド・ドーナツ・ファクトリー”では、80周年を記念して、なんと¥105!!
20127464.jpg
アチコチにある“ミスタードーナツ”の¥100セールはよく利用してるけど、“サザンメイド・ドーナツ”のセールなんて珍しい~~~('▽'*)

たまには、このトランス脂肪酸が低減された材料やオイルを使用しているフンワリしたドーナツを食べてみたくなったので
20127465.jpg  20127466.jpg
クッキークリーム&私の好きなチョコ

クランチチョコが人気あるンだけど、このてろ~んとしたチョコがけにうっとりしてしまうンですよ
今日のシナモンロールは、かなり美味しかった!!(^-^)b

“floresta”は、また次の機会に…




PageTop

角田光代 『対岸の彼女』


「30代、既婚、子持ちの勝ち犬小夜子と、独身、子無しの負け犬葵。性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのか?!」

一時期流行った「負け犬の遠吠え」という言葉を使っての内容紹介とは、私は違う感じで読んだかな
男と違って、人生のある一定期間にどちらかを選択しないといけない女の性は、本当に、それぞれの価値感の違いや主張があったりして、なかなか相容れない事が多いように、周りを見ていても感じる、けど…

子無しの葵の台詞
「結局、私達の世代って、ひとりぼっち恐怖症だと思わない?」
「お友達が居ないと世界が終る、って感じ、ない?友達の多い子は明るい子、友達の居ない子は暗い子、暗い子はいけない子。そんなふうに、誰かに思い込まされてたんだよね。私もずっとそう。ずっとそう思ってた。世代とかじゃないのかな、世界共通の概念かなぁ」

そして
「1人でいるのが怖くなるなるような沢山の友達よりも、1人でも怖くないと思わせてくれるような何かと出会う事の方が、うんと大事な気が今になってするんだよね」
とても印象に残りましたね~ 確かになぁ~と思って

今は割と個人や個性を優先させてくれるような、そんな世の中にはなってきてるとは思うけど、それでもやっぱり1人で居ると暗い子とか、変な子と思われるのは、そう変わらないのかな
お友達が多い方が良い、とは私も思わないけど、大切なお友達が居る、ってだけで良いです

この『対岸の彼女』のラストみたいに、お互いが助け合って行くってのが、理想ですね




PageTop

太宰府天満宮☆菖蒲池

太宰府天満宮にある菖蒲池には、「約55種3万本もの菖蒲が美しく咲き誇っています」と
小さい頃、夜間ライトアップされた花菖蒲を観に来ていたのは良い思い出です('ω'*) 

菖蒲池の周囲ぐるりと紫陽花が植えられていて、そちらも見頃でした♪♪♪
20127306.jpg
私の好きな柏葉紫陽花

20127307.jpg
額紫陽花も好きです

20127308.jpg
額の中の、小さな花が可愛い~☆彡 花火みたいね

で、そろそろ花菖蒲を!
20127315.jpg

20127311.jpg

20127313.jpg

20127310.jpg

20127318.jpg

20127324.jpg
なんだか菖蒲の写真って難しいなぁ…

という事で、やっぱり好きな紫陽花を
20127327.jpg

この紫陽花は、6月の最初にUPした紫陽花と同じ種類みたい…
20127309.jpg

テマリブルー
20127344.jpg
赤い花の中心にブルーの手毬???
咲き始めのモノ程、ブルーの色が濃いような


アナベル
20127337.jpg
まるで紫陽花みたいな葉野菜???って感じの緑の紫陽花
珍しいね~


城が崎
20127341.jpg
ピンク色の額が風にゆらゆらして、女の子っぽい紫陽花


オタフク
20127332.jpg
お皿のような縁ありの花と小さな花と
20127330.jpg
モコモコっとした紫陽花

ブルースカイ
20127352.jpg
キレイ~~~♪♪♪

20127358.jpg
紫陽花も菖蒲も楽しめて、嬉しいなぁ~(*‘▽‘)ノ



さて、そろそろ帰ろうかなぁ~と思ったら、足元に…
20127359.jpg  お!亀だ!!

ずっと以前、夜間ライトアップの中、同じような場所で、亀がモソモソしてて、よくよく見ると、どうも海亀みたいに後ろ足で懸命に穴を掘ろうとしてたンですよね
多分、卵を産むつもりなのかもしんないね~という事を思い出したり

20127363.jpg  20127365.jpg
うにょ!右見て、左見て、這い上がるのかと思ったら…!!

20127366.jpg
赤い紋様のある、多分ミドリガメ???がやって来て、グイグイと退かせてしまいました
ガメラだね、コレは




20127372.jpg
紫陽花と太鼓橋

太宰府天満宮

PageTop

ひっそりと…太宰府天満宮

明日は夏至
梅雨の曇り空で分かり難いけど、だんだんと日も長くなってきてるよね~
そろそろ太宰府の菖蒲が見頃らしいと聞いて、午後から行って来ました

あれ?まだ夕方前なんだけど、もう駐車場もガラガラで…(^-^;
参道のお土産物屋さんも店仕舞いを始めているので、何時もは参拝の後に買う梅が枝餅を先に買っておく事にしました
20127290.jpg
“かさの家”も今日は3組待ちでした

20127291.jpg
参道のお店が店仕舞いしていて、参拝客もまばら

なんだか、シーンとした太宰府天満宮
20127292.jpg

何時もは人が行き来して賑わう太鼓橋も、ガランとしてて
20127294.jpg
ちょっと不思議な感じでした

20127295.jpg
こんなにガランとした写真が撮れるなんて…

20127301.jpg
今日は、ゆっくりとお参り出来ました(^-^)

20127304.jpg 20127302.jpg
お手水処も貸し切り状態 御神籤処もひっそり

20127298.jpg 6月は御神籤が菖蒲色


20127296.jpg
本殿から見た楼門


20127305.jpg
たまには、こういうゆっくりとお参り出来る太宰府天満宮も良いかも

太宰府天満宮



PageTop

コウブツ

たまたま通りかかった道が工事中で、迂回してウロウロしていた時に、思い出して立ち寄ったパン屋さん
20127287.jpg
“コウブツ”


本当に小じんまりとしていて…
店員さんもお店の雰囲気も、シンプルで…
パンの味も素朴でした

こういう味や雰囲気が好きな人には良いかも




PageTop

湊かなえ 『往復書簡』

20127460.jpg
「手紙だからつける嘘。手紙だから許せる罪。手紙だからできる告白。過去の残酷な事件の真相が、手紙のやりとりによって明かされていく。衝撃の結末と温かい感動。書簡形式の連作ミステリ。」

「十年後の卒業文集」は、高校生の頃の記憶と大人になってからの記憶と、地元に残ってる人と出た人との情報量や思い出の差って、すごくよく分かるなぁ…と思いましたね
高校の時のまま、でもあり、でも、社会に出て揉まれて色んな経験をして、すっかり大人になって、高校生の時とは全然違ったり、かなり変わったよね~だったり、でも、そのままだと思いたがる人がいる…
高校の時はこんな人だったから、今もこうだろうって話
なんだか窮屈に感じるので、私もあんまり同窓会とか出席したいとは思わなくて…
でも、同窓会では似たようなお話を聞いた事が何回もあるから、誰それの今現在って興味のあるネタなのかもしれませんね
行方不明というよりは、連絡が取れないだけって思ったりするンだけど

「二十年後の宿題」は、1番好きだったかも
こういう学校の先生との出会いに恵まれなかった私にとっては、羨ましいなぁ~と
そして、ある女の子をずっと思ってきた男の子と、今現在思っている男の人と、どうなるンだろう???というラストが良かったですね


「十五年後の補習」も、なかなか良かったです
学生時代からずっと付き合ってきて、ずっと一緒に居た二人が、男性の海外青年協力隊入りで辺境地に行ってしまって遠距離恋愛となり、メールではなく、お手紙を交換し合う約束をして…
改めて遣り取りする手紙、キーを打つのではなく、字を書くという行為の新鮮さ、気障な台詞や可愛い甘え、お互いの照れ、それが徐々に学生時代に2人が経験したある事件へと触れて行って、ある程度の展開は読めてしまうけど、なかなか面白かったです

湊かなえの作品は、1つの事件に対して、関わった人がその人の視点で事件を語り、実はあ~だった、こ~だった、いや本当は…という感じの展開が多いような気がします
見方を変えると、常識が非常識だったり、という登場人物の表現は巧いなぁ~と思います



PageTop

白糸の滝☆あじさい祭

梅雨の合間の晴れ、かなり蒸し暑い日曜日
涼を求めて、糸島の白糸の滝へ行ってみました(^-^)

先週の土曜日に、白糸の滝の滝開きがありました~と新聞にもニュースにもなっていたので、多いかなぁ???と思ったら、そこまで混雑してなくて車も近くに停める事が出来ました


20127424.jpg
道路沿いに植えられた紫陽花
20127428.jpg
ところどころ満開の紫陽花もあるけど、全体的には5分咲きくらい

20127425.jpg
これから色づくンだね

20127426.jpg

20127430.jpg
白糸の滝の紫陽花は、昔からよく見ている紫陽花って感じで…

20127433.jpg
それもまた素朴で良いですね

20127427.jpg
白糸の滝は、かなり山道をぐんぐん上ったトコにあって、糸島市街地から遠く海まで見えます
ちょっと写真は白く霞んじゃってるけど



白糸の滝周辺は、家族連れやグループで賑わってましたね~(^-^)
20127436.jpg
ヤマメ釣りにBBQ、流しそうめんでワイワイ♪でした


岩肌を白い糸のように流れ落ちる優しい雰囲気の白糸の滝、落差24mあるそうです
20127437.jpg
滝の近くに行くと、スッと温度が下がって涼しくなりますね…
ひ~んやり(*´ー`) マイナスイオン浴び浴び

しばらく滝の前で涼んでいると、蒸し暑い下界には帰りたくなくなるのぉ~なんて
20127445.jpg
で、今回
今迄に数回来た事があるンだけど、全然気が付かなかった発見がありました!
20127446.jpg
滝の横に不動明王が!!

優しい雰囲気の滝なのに、何故、不動明王???


20127447.jpg
滝の下の天然の生簀には、ヤマメが一杯!
ブルーギルやブラックバスよりも、やっぱりヤマメの方が良いです私は
本当は釣ってみたかった、なぁ…
釣って焼いて食べて、みたかったですね


20127431.jpg
標高530mにある為か、まだまだ7月も紫陽花が楽しめるそうですよ(^-^)b






PageTop

空のパン

この前は残り1個のパンしか買えなかった“空のパン”の工房販売
小雨降る中、リベンジ(^-^)b
流石に今日は行列も少ないだろうと思ったンだけど、15分前に到着した時は既に5人待ち
“空のパン”ファンは、小雨なんて関係無く、焼き立てパンをゲットしに来てるンですね~
まぁ、私もその1人なんですけど


今日は、6番目だけあって、全種類揃っており選び放題で嬉しかったぁ♪
個数制限もなかったので、HPで見て気になっていたスコーン他、色々と買いました

20127405.jpg
オーブンでチン♪して食べました
美味しかったですね~ 何時もの“空のパン”とは違うような美味しさでした('ー'*)


20127403.jpg  20127411.jpg
アーモンド&ホワイトチョコ
ホワイトチョコってどんな感じ???と思ったら、粒々甘くて、少し焼くと更に甘さが増して、美味しかったですよぉ~!

20127406.jpg
アールグレイ&レーズン
何時もはコーヒーを飲むンだけど、このアールグレイには何が合うかなぁ???と
それくらいアールグレイの良い香りのするパンでした
ミルクにハチミツを入れたのが合いました d(^ω^*)  

20127408.jpg  20127410.jpg
ココア&チョコ&クルミ ライ麦
如何にも“空のパン”らしい、肌理の細かいしっとりさのあるパンでした

食パンは他にゴマとかあったンだけど、普通のに
以前よりも大分小ぶりになったのは、小麦のお値段が上がったりしたからなのかなぁ…

今回は、とても満足した“空のパン”でした(^-^)


空のパン


PageTop

セゾン

飯塚まで来たので、美味しいケーキ屋さん“Saison セゾン”にも立ち寄りました
本当は、定番のスフレタイプのチーズケーキや焼き菓子も買ったのに、何故か、画像が行方不明になっていて残念!( ノω-、)
チーズケーキは久し振りに食べたけど、美味しかったなぁ…
最近、ケーキのお値段も高くなってきたけど、チーズケーキはお手頃で嬉しい限りですね~(^-^)b

アメリカンチェリーののっかったチョコレートムースのケーキ
20127420.jpg
見た目は、かなり濃厚な感じだったけど、結構ふんわり軽くでぺロりでした

コチラも“セゾン”の定番のチョコレートケーキです
20127418.jpg
パリッとした上のチョコレートとふわふわしたチョコスポンジと、スポンジの間のチョコレートがとても美味しいンですよね~

アメリカンチェリーのタルト

コレは!と思ったけど…
昨年のアメリカンチェリータルトの方が美味しかったなぁ~
焼き込んでるのも良いかな???と思ったンだけど、もうちょっとチェリーが入ってたら良かったのかも

また福岡のデパートに期間限定出店してくれないかな
Saison セゾン



PageTop

佐川光晴 『とうさんは、大丈夫』

20127463.jpg
「児童相談所に勤め、温かい家庭を持つ主人公、澤村。父として家族の柱となり、児童福祉司として他の家庭を救うなか、突如事件は訪れた―。妻の声も子どもの声も、もう心には届かない。正しく生きてきたやさしい男の人生は、ひとつのできごとに殺された。果たして最後に彼を救うのは、叫びか、ささやきか、誰の声なのか。野間文芸新人賞受賞の著者が描いた長編小説。」

『とうさんは、大丈夫』というタイトルだったし、今迄読んだ佐川光晴の『おれのおばさん』『おれたちの青春』のストーリー展開から、途中まである程度安心して読んでいたのに、最後まで『とうさんは全然大丈夫じゃない』じゃん!って

恵まれた人と恵まれない人、逆境に強い人弱い人
色んな人がいるよね、仕方のない事だよね、とは思います

お話の中で、私立に通わせるか公立に通わせるか、というトコがあって、私も同感だなぁ~と思いました
色んな人が居る環境で、自分を保てるように、指導していくのが大変な世の中ではあるンだろうけど…


PageTop

ロイヤル☆アペティート

20127286.jpg
“ROYAL APETITO” ApplePie☆彡

ずっと変わらない定番のアップルパイと言えば、やっぱりこの“APETITO”のアップルパイ
シンプルで林檎たっぷりで大好きで、時々無性に食べたくなります

かなり昔々の一時期、すっごく好きでハマって食べていた抹茶のムースのケーキ
是非復刻して貰いたい!と切に願っております


PageTop

サッポロラーメン

TV番組で、ラーメン店としてではなく、何時も言えないからこそ、お手紙で…みたいなコーナーに出ていた飯塚市にある“サッポロラーメン 味の時計台”
20127103.jpg
九州と言えば、とんこつラーメンが王道の中、スープが売り切れ次第閉店するという人気ぶりと紹介されていて、たまには味噌ラーメンを食べてみたいよぉ~と言っていて、ようやく!(^-^)b

お天気が悪かったし、お昼も遅いというのに、行列こそは出来ていなかったけど、駐車場は満車!次から次へとお客さんがやって来てました
全然、システムが分からなくて…(^-^; 券売機で食べたいラーメンの選ばなくちゃいけません
次々お客さんが来るので、オタオタと焦ってしまいました
とりあえず、味噌ラーメンだぁー!って

20127099.jpg
コチラは、お友達の塩ラーメン バターのせ

20127102.jpg
そして、私の味噌ラーメン バターのせ

味噌ラーメンも美味しかったけど、お友達の塩ラーメンの方が私は好きでした
でも、まぁ、替えっこしてもらう訳にもいかないので、次回は迷わず塩ラーメンにしよう!と思いました




PageTop

横山秀夫 『第三の時効』

51WdpF8JJAL__SL500_AA300_.jpg
「時効の発生は、殺人事件発生から15年。しかし容疑者が事件後海外に滞在したため、7日間のタイムラグがある。F県警はこの間に容疑者を追いつめようと…。サスペンスとドラマ、警察小説の傑作連作集。」

F県警の捜査第一課の強行班捜査係、一班二班三班の各班長とその部下、三つの班を束ねる捜査第一課長それぞれ視点で語られる6つの短編
「沈黙のアリバイ」「第三の時効」「囚人のジレンマ」「密室の抜け穴」「ペルソナの微笑」「モノクロームの反転」

やっぱり表題作の「第三の時効」が、1番面白かったです
観察保護下に置かれている女の子の、小さい頃の母親の記憶を語る場面
父親も母親もなくしてしまうというラスト
お話としては面白かったけど、この女の子のその後に思いを馳せると悲しいお話かも


PageTop

ミニストップ☆アップルマンゴーパフェ

ソフトクリームが美味しいコンビニMINI STOP
店頭にはためく「アップルマンゴー」の文字が気になって気になって…('ω'*)
昨年は気になっているうちに期間限定販売が終了してしまったので、今年こそは!と

20127395.jpg
「アップルマンゴーパフェは、香り豊かで濃厚な味わいの果肉を使用しています。果肉は糖度12%以上のものを使っていますので、しっかりした甘さも特徴です。」

20127398.jpg
「今年はマンゴーソースに配合してるマンゴーピューレを増量!フルーツ本来の自然な味わいを一層堪能出来るパフェに仕上げました。」

うん!マンゴーが濃厚で美味しいーーー(≧ω≦ )

PageTop

ANTIQUE

「いつもの朝食に、仕事中のランチに、みんなで食べるおやつに…。どんなシーンでもお客様に笑顔になっていただけるパンづくりを心がけ、たくさんの商品をお届けしています。」というコンセプトの“ANTIQUE”パンです

20127039.jpg
ハリネズミのメロンパン

20127028.jpg
カリッカリのチョコチップが入ったパン

20127029.jpg
ショコラミルティーユというブルーベリーのパン

20127036.jpg
ゴマとレンコンのパン

20127037.jpg
クリームチーズのベーグル

可愛い系あり、お惣菜系あり、お菓子系あり、色んなパンがありますね!(^-^)
私は、カリッカリのパンが1番好きっ!2番はショコラミルティーユ
また食べたいなぁ~

HEART BREAD ANTIQUE

PageTop

星野村☆広内上原地区棚田

八女市星野村から、R52を通ってうきは市吉井町へと抜けて行く事に
途中にあった石積の棚田
20127277.jpg
「星野村を代表する景観の一つに石積みの棚田があります。この棚田は、永い年月を費やし、山を鍬で拓き山石を一つ一つ積み上げて造られたもので、星野村のいたるところで見る事が出来る原風景の一つとなっています。
特に星野村の棚田は、急斜面に造ってある為、狭く長いのが特徴です。田の幅は山の形に沿って広くなったり狭くなったりしながら、狭いところは1mにも満たないほど狭く、長さは、長いもので300m近くもあります。こうした棚田が、山の斜面に帯状に連なり、山裾野から山頂まで続く様子は、天に向かって延びる階段のようにも見えます。」

20127280.jpg

20127279.jpg

20127281.jpg

「何時の時代から造られ始めたか、その起源は定かではありませんが、星野村のいたるところに見られる棚田の中でも、もっとも美しく精巧な石積の棚田が広内上原地区の棚田です。137段、425枚の棚田が標高差230mの斜面に広がっています。」
1999年に、日本の棚田100選に選ばれたそうです

この棚田が観られる展望所には、地元のオバアチャン達が作ったお野菜やお漬物を販売中で、八女市星野村の高原野菜を買って帰りました

PageTop

星のふるさと公園 

星の花公園から下って、麻生池へ
20127268.jpg  20127270.jpg
自然のままな感じ、緑もりもりの麻生池でソフトクリームを食べよう!と思って…

麻生池に面する“レストラン湖畔”は、お土産も売ってましたよ
やっぱり八女市だもん、お茶のソフトクリームを食べなくちゃね!(^-^)b
20127267.jpg
星野産抹茶のソフトクリーム¥300
そこまで、抹茶の味が濃くなくスッキリとしていて、私は好きでした

20127273.jpg
麻生池からの風を浴びながらソフトクリームを食べていると、ドコからかお父さん犬が近寄って来てて、控えめにおねだり
コーンだけあげてみたけど、ふぅん…て感じ
抹茶ソフトじゃないと満足しないのかな???


PageTop

星の花公園☆動物園

星の花公園の一画に、木工の動物園がありました
なかなかの造形、そして、ネーミングが面白くって!!(≧∇≦)ノシ

20127176.jpg
仲良しコンビ コアラのこうちゃん&こぐまのくうちゃん

20127187.jpg
象ののんちゃん

20127188.jpg
クロコダイルのダンくん

20127190.jpg
ゴリラのりょうたくん

20127178.jpg
キリンのたくちゃん

20127191.jpg
バッファローのばいそんくん
20127196.jpg
なかなかリアルでしょぉ~ 目が血走ってるけど可愛い

20127192.jpg
ひょうの親子 さっちゃんファミリー

20127195.jpg
テナガザル おっとくん 

20127198.jpg
パンダのしろくろくん

20127199.jpg
サイのみっちゃん

20127201.jpg
バクのとおるくん

20127203.jpg
シマのないシマウマ しまさん

この木工の動物園、とても気に入りました(^-^)b
HPを見ると、足達木材㈱とあるので、そちらで造られたモノなのでしょうか???
殆ど、実物大だし、ネーミングが面白くて、何で「みっちゃん?さっちゃん?」

20127182.jpg
青空に長い首が映えるキリンのたくちゃん

木くずが敷き詰められているのも、気持ち良かったです


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。