Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雫井脩介 『犯罪小説家』

新進作家、待居涼司の出世作「凍て鶴」に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は「凍て鶴」に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト「落花の会」を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め――。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス!

人気脚本家のキャラが目立ち過ぎて、主人公と同じように、読んでる私まで目障りになるくらいウンザリしてしまいました
自殺系サイトや自傷行為などの過去ログが出て来る辺りから、ジワジワ違う方向へと話が展開していって、公園の向こうの森に何かあるのでは?!から一気に読み進みました

…でも、え?そんな終わり方って有りなのぉ???と私はガックリでした


スポンサーサイト

PageTop

ロンブラージュビガレ

“クッチーナ・カルド”でランチの後、美味しいパンを買いに行きました
33333556.jpg
“L'OMBRAGE BIGARRE ロンブラージュビガレ”

今さっき食べたばっかりなのに…
33333558.jpg
どうしても1口齧りたい欲求に勝てなかったらしいガーリックトースト

まるでケーキ屋さんのみたいなホール型のアップルパイ
33333572.jpg
パン屋さんのアップルパイは四角形が多いような気がしますね

33333573.jpg
大きめにカットされた林檎がゴロリと覗いてみえるのも、そそりました~('ー'*)
見た目にかなり惹かれて期待し過ぎてて…もうちょっと林檎が甘い方が好きだなぁ~味は普通でした

他にも色々買い込みました
でも、名前がウロ覚えで…(^ ^ヾ
33333576.jpg
確か、クルミとシナモンのパン

33333577.jpg
チーズが上にも中にも一杯のチーズのパン

33333582.jpg
ホウレン草とパルメザンチーズのパン
33333583.jpg
ガリガリで歯応えも良く、しっかりした味わいで好きでした

33333585.jpg
リュストー

以前に比べて、ちょこーっとだけお値段が安くなったような気がするンですけど???
どうなんでしょうね~ 
そう感じられたなら良かったね


PageTop

クッチーナ・カルドでランチ♪

宮地嶽神社の菖蒲園がキレイですってTVで紹介してたり
本当は、もうちょっと遠くまで行きたかったけど…

何時も通りグダグダなまま… ( ノω-、)ウウウ

気を取り直して、予約が取れた“クッチーナ・カルド”
33333547.jpg
今日も満員御礼、そしてカウンター席でした

このサラダは、本当に美味しくて大好きです!
33333548.jpg
夜にもあったら良いのになぁ

オイル系パスタ
33333552.jpg
キャベツとジャガイモとツナだったかな

トマト系パスタ
33333553.jpg
ベーコンと木の子
ベーカリーハカタのソフトフランスパンは、オイル系のソースに合うわぁ~d(^ω^*)

33333554.jpg
デザートは、ティラミス
程良く濃厚で、程良い苦味で、ペロリと食べられるティラミスです


何時来ても変わらない美味しさの“クッチーナ・カルド”
どうもご馳走様でした~☆彡


PageTop

乾ルカ 『メグル』

2453001.jpg
「あなたはこれよ。断らないでね」奇妙な迫力を持つ大学学生部の女性職員から半ば強要され、仕方なく指定されたアルバイト先に足を運んだ大学生たち。そのアルバイトは、彼らに何をもたらすのか? 五人の若者を通して描かれるのは、さまざまな感情を揺り動かす人間ドラマと小さな奇蹟の物語。

「ヒカレル」「モドル」「アタエル」「タベル」「メグル」
色んなテイストのお話でした
私は、最初の「ヒカレル」が好きかな


PageTop

セルジュ・アレクサンドル

大丸のB2Fのスウィーツコーナーの改装の時、無くなっちゃったら寂しいなぁ~と心配していた“セルジュ・アレクサンドル”で、久し振りに小さなホールケーキを買いました
33333563.jpg
「コンセルト」
どれも美しいケーキばかりで、「イビス」にしようか、赤が印象的な「ラスベガス」にしようかとすっごく迷ってしまう~
結局、やっぱりチョコレート系になっちゃうのよね…('ω'*)

33333569.jpg
ミルクチョコレートとダークチョコレートのムースにチョコスポンジの層
流石の美味しさ♪♪♪

他のお店にあったカスタードレモンパイっって、すごく気になりました
ちょっと食べてみたかったけど、ホールで外れたくないなぁ~と思って…でも気になるぅ~( ̄ω ̄*)


セルジュ・アレクサンドル


PageTop

三浦しをん 『悶絶スパイラル』

初めて読んだ三浦しをんは『風が強く吹いている』が面白くて、その後、映画化された『まほろ駅前多田便利軒』シリーズも面白かったので、作者名と題名だけで選んでみたら、『悶絶スパイラル』はエッセイでした

ん~エッセイはイマイチかなぁ~


PageTop

紫陽花

33333539.jpg
6月に入って早2週間が経とうとしているのに、なかなかブログの更新が出来ていません…

朝晩は肌寒かったり、急に蒸し暑さMaxだったり、色々と忙しかったりで…

体調もイマイチで、本ばかり読んでいたり

雨でジメジメするのは苦手だけど、アチコチで紫陽花が咲き始めてキレイです

33333541.jpg
雨に濡れる紫陽花を傘をさしながら撮っていると、キレイですよね~と声をかけられました


ぼちぼちUPしてくぞぉ~(* ̄ω ̄)v


PageTop

MILKのクレープ

久し振りに、“MILK”のクレープをお土産に貰いました
以前、警固のオープンした時に買って以来です
その後、博多駅や新しく出来た木の葉モールなどにも出店したとは聞いていたけど、西新のプラリバで買って来てくれたそうです
西新も学生さんが多いから、1個¥100のお手頃価格は嬉しいですよね~

もう、夕方だったので選ぶほど残ってなかったとかで、やっぱり人気があるようですね(^-^)b
33333626.jpg
ミックスにピーチにバナナチョコにミルクレープ
5個買うと1個おまけ!で6個です

33333627.jpg
以前食べた時よりも、クリーム多めで、クリームの味自体も良くなってる気がする…!!と言ったら、お友達もそうかもね~って

元々は長崎から福岡にやって来たンですね~ へえ~ほぉ~
MILK



PageTop

真保裕一 『最愛』

33333622.jpg
「十八年間音信不通だった姉が、意識不明で救急病院に搬送された。重傷の火傷、頭部の銃創。それは婚姻届を出した翌日の出来事だった。しかも、姉が選んだ最愛の夫は、かつて人を殺めた男だという……。姉の不審な預金通帳、噛み合わない事実。逃げる男と追う男。姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ…… 慟哭の恋愛長編。」

真っ赤な装丁に、「最愛」の文字が気恥しいくらいのインパクト
一体どんなお話なのかなぁ?と読み進んでいきました
途中まで、激しいまでの強さを持つ姉の愛情の有り方という感じだったのが、最後になって、切ない姉と弟の愛情が根源にあった事が分かります
ラストは賛否が分かれるかもしれませんね


PageTop

博多炉端FISHMAN

スッキリしないお天気
雨も降ってないのに梅雨入り発表があったり、朝晩はまだまだ肌寒かったり
体調も気持ちもイマイチなまま、またまた“博多炉端FISHMAN”へ

今日は珍しくサバの味噌煮定食にしてみました(^-^)b
あんまりお家で煮魚って食べないので…
33333532.jpg
こってり味噌が濃厚で、ご飯が進むぅ~~~!
33333533.jpg
しかも半身1枚で、かなりのボリューム!!もぉ~オナカ一杯だわ~

お友達は、本日の日替わり定食
確か、ゴマサバならぬゴマブリだったかなぁ???
33333535.jpg
美味しいお刺身が食べられて良かったね~ d(^ω^*)

で、サバ味噌でオナカ一杯!もぉ食べれない~と言いつつ…
33333537.jpg
やっぱりパロマのカスタードプリン好き

博多炉端FISHMAN


PageTop

桂望実 『Run!Run!Run!』

33333623.jpg
「目標はオリンピックの金メダル。箱根駅伝は通過点、仲間なんか必要ないはずだった…。天才ランナーを揺さぶる血の秘密。」

表紙からして、走るがテーマになったお話だと思っていました
しかも、箱根駅伝
以前読んだ三浦しをんの『風が強く吹いている』みたいな青春モノなのかと思っていたら…
ちょっと違いましたね

この表紙のランニングシューズの捻じれが、二重螺旋構造の捻じれを表しているンでしょうね

まぁ、選手のドーピング等の事前の検査で、ここまで分かるのかなぁ???という疑問もあるし、走る為に操作されていても努力は必要だと思うので、最後まで走る事を突き詰めていく展開でも面白かったかも


PageTop

ヴェントット28 アパートメントイタリア酒場ディナー

イタリアンの好きなお友達を連れて行ってあげようって事で、最近よく行ってますね~の“ヴェントット28 アパートメントイタリア酒場”でディナーです
「え?こんなトコ入って行って、お店があるの???」と、初めての人は必ずビックリしますね
確かに、夜になると更に看板が分かり難いなぁ~と思いました

予約時間よりも早めに着いてしまって、オープン直前だったけど、快く入れて頂いて感謝☆彡
早速、おススメ1皿料理から
33333513.jpg
アオサの入った潮の香りのするゼッポロ 
ゼッポロ好きのお友達の為にオーダー(^-^)b
食感は“クッチーナ・カルド”のゼッポロが上!と評していたけど、この潮の香りも私は好きです

コレも以前GWの時に食べて美味しかったジャガイモのサラダ アンチョビソース
33333510.jpg
やっぱり、コレめちゃ美味しいーーー!大好き~
イタリアン好きのお友達も、ゼッポロ好きのお友達も匂いがねぇ~と言いつつ、結構食べてたり

本日の鮮魚、市場からの魚の刺身カルパッチョ
33333511.jpg
鯛と鯵と、多分ハマチだったかなぁ?
思っていたより盛り盛り!! 私は鯵が美味しいと思ったけど、鯛が好評でした

パスタを3品オーダー
多分、うにクリームのパスタ
33333516.jpg
アスパラが一杯で、うにクリーム濃厚で、とーっても美味しかった♪♪♪
この麺も好きなんですよね~よくソースにからんで良い d(^ω^*)

多分、トマトベースのパスタもオーダーしようって事で、リングイネだったかな?ガルガネッリかな?
ミートソースのような、ポモドーロのような
33333519.jpg
ムチムチした食感で、面白かったですね~

カルボナーラ
33333517.jpg
ベーコンも美味しいし、正にカルボナーラって感じ('ー'*)

ピッツァは1枚だけ
33333523.jpg
ボロネーゼ メランザーネ
ミートソースと茄子のピッツァです
ハチミツは付いてないけど、やっぱりココのピッツァは美味しい~~~(*´ー`)満足ぅ~

もう、オナカ一杯!パンパン!


PageTop

夏石鈴子 『逆襲! にっぽんの明るい奥様』

51jMU_.jpg
「女の子だった時代を過ぎ、奥さまなどと呼ばれたときから、突然世の中は一変する。逃げてばかりいる夫。言うことを聞かない子供。身勝手な姑。無自覚な世間の好奇の目。理解のない上司。修羅場のタネはどこにでもある。でも、彼女たちは何事もなかったように毎日を生きている。そんな奥さまたちの胸にそっとしまいこまれた、心の叫びが胸に迫る。夏石鈴子による大反響の奥さまシリーズ、ついに単行本化! 未婚既婚問わず、共感の嵐。涙をさそいます。」

内容紹介の「共感の嵐」って、ちょっと大げさ~(ノ∀`)
色んな奥さまが出てきます
「お茶くみ奥さま」「レジ打ち奥さま」「長生き奥さま」「安心奥さま」「加味逍遙散奥さま」「天城越え奥さま」「にせもの奥さま」「逆襲奥さま」
言いたい事を何でも言う奥さまと、言わないで我慢する奥さま
どちらの奥さまの事も分かるような分からないような、でも、こうして色んな奥さまがいる事で、奥さまの世界が回っているのだろうなぁ~

唯一、「にせもの奥さま」だけが奥さまではなく、でも、しみじみと良いです


PageTop

博多炉端FISHMAN

雨の中、ランチへ
トンカツとか天麩羅とかの揚げモノが食べたくて、“博多炉端FISHMAN”

私の天麩羅定食なり~
33333484.jpg
蕨の天麩羅って初めて食べたけど、オクラ程はないけど噛むほどにネットリしてきて美味しい♪
小鉢の筑前煮のサトイモもネットリしてて美味しかった♪♪

お友達は、お刺身が食べたいと魚男丼に
33333485.jpg
今日のブリもマグロも、大層美味しかったそうなり
確かに、私の小鉢のブリの切り身も美味しかったもんね

なんだか、本当に「SO TIRED」なお友達
33333487.jpg
頑張ってこ~(^▽^)/


PageTop

山田悠介 『復讐したい』

00_AA300_.jpg
「2020年の日本では、復讐法に則って、家族を殺された遺族は、犯人を殺すことができる。ルール1 場所は太平洋上の孤島、蛇岩島に限る。ルール2 制限時間は100時間。ルール3 遺族には、武器と食料とGPS等が与えられる。犯人は丸腰。ルール4 ここでは、誰が誰を殺傷しても罪にはならない。最愛の妻を殺された泰之は、復讐法を使って、最も残虐な方法で犯人を殺すことに決めた!背筋の凍る復讐ホラー。」

貸して貰った3冊の中で、1番面白かったです!
こういう復讐法という制度があったら、裁判をせず、この制度を使って自分の手で復讐したい!と思う人が一体どれくらい出てくるだろう?
実際は、そんなに活用する人はいないような気がすると言う人もいるし、いやいや結構いると思うよと言う人もいたり

確かに、犯人に復讐したい程の残忍で凄惨な殺人事件があるのも事実なので、被害者側としては、こういう選択があると恨みを晴らす!仇をとる!同じ苦しみ痛み恐怖を味わわせてやる!という怒りを直接ぶつけられて良いのかもしれませんね

最後のオチは、復讐は復讐しか生まないという連鎖なんですが、最愛の妻を殺された主人公が、何故妻が殺されなければならなかったのか?という犯人の動機を知る部分、二転三転して引っ張るンだけど、オチがえ?コレだけで???と、あまりのアッサリ具合にビックリでした
もうちょっと、自分だけ巧妙に逃げて、逃げた後に誰にも助けを求めず、私だけ置き去りにした!許さん!!みたいな「殺してやる!」と思う程の怒りを書いて欲しかった


PageTop

明野照葉 『砂の花』

500_AA300_.jpg
「生きている。だけど…。十年連れ添った夫と別れ、会社も辞めた。そして、死のうと決意した浜田美砂の前に、二人の男が現われる。生への深い哀しみをたたえた桧山と、美砂の肉体を狂わせる左京という男。十カ月後、周囲の人々に美しい記憶だけを残してこの世を去るはずだった。ところが、美砂を死以上の恐怖のどん底に突き落とす思いがけないつまずきとは。」

自分らしく生きたい、格好良く見られたい
「自分らしく」という言葉はよく目にするけど、どうなんだろう???と思ったりする私ですが、この主人公は自分らしくある為なら、少々の犠牲も構わず我儘を押し通していって、人の意見に耳も傾けずにいる自分に酔っている?という状況から、一転して格好良くどころか、惨めな状況に追い込まれる訳で、そこまでは割と一気に読んでしまいました
で、この状況から一体どうオチをつけるのだろうか…?と思っていたら、最後は生きる道を選択するんですね
死のうと決意した筈なのに、生きる為に逃亡する
まぁ、そんなものなのね という読後感
主人公の強かさと自分愛に、ちょっと辟易としてしまいました

PageTop

ヴェントット28アパートメントイタリア酒場

ピッツァ好きのお友達に、どうしても“ヴェントット28アパートメントイタリア酒場”のピッツァを食べて欲しくて、ようやく都合をつけてランチへ行った5月末の事
色々とピッツァを食べているけど、ココのお店のピッツァ生地が、最近の私のNo.1(^-^)b

ランチに付いているズッパ
33333468.jpg
イタリア語でスープの意
お野菜たっぷりのミネストローネです

パンは、フォカッチャ
33333470.jpg
“ヴェントット28アパートメントイタリア酒場”のフォカッチャは味がしっかりしてて、すごく好き!!
お代わりも出来ます


お友達がオーダーしたピッツァ
33333473.jpg
クワトロフォルマッジオという4種類のチーズがのっかった、実にシンプルなピッツァ
ゴルゴンゾーラチーズも大好きというお友達らしいオーダーだね~d(^ω^*)
もう、すっごいチーズの香りプンプン
33333474.jpg
このピッツァには、ハチミツが付いてきて、このハチミツをトロリとかけて食べると、甘塩っぱいピッツァになって、ちょっとデザートぽくもなったり
お友達もすごく気に入ってくれたみたいで良かったぁ~♪♪♪

グリルチキンと新ゴボウのカチョエペペ
33333475.jpg
カチョcacio(中部イタリア以南の方言)=チーズ ぺぺpepe=胡椒だそうで、かなり胡椒の利いたパスタでした
コレは、カッペリーニじゃない方が良かったですね~

前回、GWで食べて美味しかったので、ランチメニューにあったから即決した塩豚と春キャベツのアンチョビパスタ
33333476.jpg
前回もカッペリーニだったかなぁ??? コレも細麺は合わないような気がします
でも、塩豚の柔らかさ、キャベツの甘み、めちゃ美味しかったです!!

33333480.jpg
食後のアイスコーヒーと、コーヒーが飲めないお友達はオレンジジュース

ピッツァ気に入ってくれて、ヨカッタヨカッタ♪(*´^ω^)(^▽^*)ノシ


PageTop

山田悠介 『@ベイビーメール』

「奇妙な女性の死体が立て続けに発見された。遺体のそばには、何故か切り取ったへその緒だけが残されていた。彼女たちは皆、送信者不明のメールを受け取った1ヶ月後に殺され、しかも、していないはずの妊娠をしていたという。そして雅斗の恋人、朱美にも死のメールが届いてしまう。彼女の死までに残された時間は1カ月!メールにこめられた呪いは解けるのか。」

実際には起こり得ないホラーなお話
超有名な『リング』『らせん』にちょっとヒントを得てる???感もあるけど、メールで妊娠するかっていうのがイマイチ微妙で
コレは、TV番組「世にも奇妙な物語」での映像化がピッタリかも~と読んでいて思ったけど、どうでしょう?

PageTop

桂望実 『女たちの内戦 セルフウォーズ』

AA300_.jpg
「結婚相手を探して合コンにあけくれる真樹29歳、家庭に安住しながらやりたい仕事を模索する佳乃34歳、望んだわけでもなくバリバリのキャリアの道を歩むめぐみ39歳、離婚後自分の店を持ち岐路に立たされる治子45歳。恋愛、結婚、仕事、子育て、そして家族…理想と現実の間をさまよう4人の女性たちの葛藤を描く連作長編小説。」

嗚呼、私の周りにも、こんな人いるいるいる!とか
回りから見れば、私もこんな感じかも?!とか

女は、年代によって、未婚既婚によって、その時々の社会的な立場によって抱える悩みがあって、多分こんな感じなんだろうなぁ~というのが、よく書かれていて面白かったです

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。