Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千鳥屋 チロリアンアイス

“創業寛永七年 名菓千鳥屋”が、6月1日より販売を始めたチロリアンアイス
情報誌で見て、気にはなっていたンだけど…
1119160.jpg
「チロリアンクッキーの中は、阿蘇ジャージー牛乳100%のプレミアムアイスクリーム。
チロリアンクッキーの内側と両サイドは、オリジナルチョコレートでコーティングしています。
チロリアンクッキー、プレミアムアイス、オリジナルチョコレートの三重奏をお楽しみください!」

お買い物に行った博多大丸の地下で限定販売中だったので、調度甘いモノが欲しかったから買ってみよっかなぁ~と
販売は主にセット単位の通信販売みたいで、本店では1箱からでも買えるような事が書いてあったけど、わざわざ行く事もないかなぁ~と思っていたから、大丸の期間限定出店で、たまたま手軽にゲッチュゥ出来て良かった☆彡
1119148.jpg
他には、バニラ、ストロベリー、八女玉露、きなこがあるみたい

1119149.jpg 1箱2本入りでの単品で、チョコレートにしてみました
確か、¥300ちょっとくらい

1119152.jpg
チロリアンの入ってる丸缶のイラストと同じイラストが描かれてます
パッケージが黒で高級感を出してる感じだけど、このチロリアンのイラストは馴染み深くて、あぁ、チロリアンだぁ~って思えちゃうd( ̄ω ̄*)

1119150.jpg
中袋にも、チロリアンのイラスト  あのCM「チロ~リア~ン♪」が聴こえてきそう

1119153.jpg  1119151.jpg
パッケージの写真と違って、両端にチョコがはみ出してますよ!

1119155.jpg
1口齧ると、クッキーがモロッときて、中のチョコがポキッとして、アイスがギュッ!
おぉ~なかなか美味しいですっ!
冷たいモノを一気に食べると、私は頭がキーンとくるので、このクッキーのしっかりした部分があると齧り易いし、アイスと混ざって美味しいなぁ~と思いました

これは、贈り物として貰ったら、嬉しいかも!
http://www.chidoriya.co.jp/index.html
創業寛永七年 名菓千鳥屋
博多大丸では~6/30までの販売となってるようです







スポンサーサイト

PageTop

石田衣良 『眠れぬ真珠』


「出会いは運命だった。こんなにも惹かれてゆく…。
孤高の魂を持つ、版画家の咲世子。人生の後半に訪れた素樹との恋は、大人の彼女を、無防備で傷つきやすい少女に変えた。愛し合う歓びと別離の予感が、咲世子の中で激しくせめぎ合う。けれども若く美しいライバル、ノアの出現に咲世子は…。
一瞬を永遠に変えられる恋の奇蹟。情熱と抒情に彩られた最高の恋愛小説。」

直ぐに思い浮かんだのは、黒木瞳と岡田准一の映画 『東京タワー』
人妻と年下の男の子の恋愛映画で、私は岡田准一が好きなので観てみたンだけど…
これは原作が江國香織で、この人の本は、有名な『きらきらひかる』や他にも勧められて何度か読みかけたけど、あの独特の世界に私は入り込めないので、『東京タワー』もやーっぱり嘘っぽくて駄目で…
だから、かなりの年の差の、しかも女性が年上という設定に、最初からあんまりかなぁ?とは思って読み始めたら、まぁ、石田衣良はテンポがいいからスイスイ~っと

で、感想は、年輪を重ねてきた今の自分を受け入れて愛してくれて、今の2人の思い出を形として残そうとしてくれるなんて、羨ましい…
「羨ましい」 この一言に尽きるお話です



PageTop

訃報

朝のニュースで、マイケル・ジャクソンが心肺停止状態で救急搬送!と
かなり衝撃でした

色々とお騒がせなトコもあったけど、やっぱり才能もあったし、まだ若いし…
とても惜しい… とても残念…

1117880.jpg




PageTop

アメリカンチェリー

初物のアメリカンチェリー
1119019.jpg
白山陶器のナッツボウル、ハトに背負わせてみました

アメリカンチェリーって、色がスゴイと何時も思うンだけど…
1119020.jpg
日本の佐藤錦などとは比べモノにならないくらい、如何にもRED!と主張しているよう
と勝手に思ってる私ですが、美味しい~♪♫♡

岡山広島の旅から戻ってから、指を怪我してキーが打ち難いので、そのまま放置してしまっていたネタをぼちぼちUPしております
只今、尾道までUP中です
あぁ、本ネタも3冊以上ある…頑張ろうっと♪(* ̄ω ̄)v




PageTop

おかんの豆腐

男前豆腐というモノをスーパーで見かけるようになってから、何度か買ってみようか、食べてみたいな、と思いつつ、ずいぶん時間が経ってしまったのは、パッケージの所為もあったり
「日本男児」とか「男」とか「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」とか…(((^-^;
特に、あの、眉毛と目が描かれた「実録男前豆腐店マサヒロ」などは、売り場であの流し目と目を合わせないでいいように、そそくさと他のお豆腐を買ったりしていたくらい
なので、男前豆腐店というモノがどういうお店なのか、今迄全然知らなかったンですが…
今回、ちょっとHPを見てみたら、とてもお豆腐屋さんとは思えない感じでした
http://www.otokomae.jp/index.html
男前豆腐店

そんな男前豆腐店から出されている「おかんの豆腐」
1118997.jpg
ドコかのお豆腐屋さんの男前豆腐の真似っこかと思ったら、その男前豆腐店が出してるお豆腐のようで、「おかんの手作料理全般対応 しっかりなめらかで濃厚」と

今週ずーっと暑くてウンザリだるだる~で食欲が湧かなかったので、お昼に冷奴を食べようと思って買いに行き、目に留った「おかんの豆腐」
「こおり水でキンキンに冷やしてポン酢で食す日本の夏」って言葉に釣られ、ついに男前豆腐店に手を出してしまう事に…!キンキン冷奴にポン酢!
1118998.jpg
この鉛筆で描いたまんまな、青年コミック系のおかんイラストの「おかんの豆腐」
確かにしっかりなめらかで濃厚で美味しかったです♪♪♪
お昼に1Pは調度イイかも~

でも、やっぱり他の男臭さを全面に押し出してるお豆腐には、手が出せそうもありません(^ ^ヾ 


PageTop

太宰府天満宮 花菖蒲とあじさい

九州国立博物館でチベットを堪能した後、太宰府天満宮を参拝しました
只今、菖蒲池で花菖蒲とあじさい祭りを開催中
1118978.jpg
夜間はライトアップもされています
私も夜に来る事が多いンですが、今日のように、梅雨なのにまるで夏のような日差し!で日中は暑さに体力を奪われそう!だったので、やっぱり夜も涼しくなってからがおススメですね
1118976.jpg
満開まで、もう少し…ってトコかなぁ?  柏葉紫陽花と菖蒲

今日は参拝する人が多かったです
1118992.jpg

お御籤も梅雨バージョン菖蒲カラーになっていました
1118988.jpg  1118989.jpg
季節毎にお御籤の色や絵柄が変わるのって、太宰府くらいしか知りませんが…
1118990.jpg
楽しさがありますね♪

日差しが強かった所為でしょうか???
1118995.jpg
太鼓橋のかかる心字池の中の石の上や小島の縁で、亀が甲羅干しをしていました
え?こんなに居るの?!ってビックリするくらいの亀が上がってて、親亀の背中ぁ~に子亀をのせて~状態になっていたりして、みんな写真を撮ってました

1118991.jpg
ギョロ目の狛犬が、チベットっぽいな~と思ったり

1118996.jpg
お土産は、定番のかさの家で梅が枝餅
今日は、お友達お勧めの菓子舗梅園にオバちゃんが溢れていました
ココの鬼松葉、美味しかったよン!アリガトウ♡
1118962.jpg  1118964.jpg
止められなくなる味、鬼松葉(^-^)




1118986.jpg
やっぱり、夜間ライトアップされた菖蒲を見ながら、心太を食べるのがオツですね
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/太宰府天満宮


PageTop

『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』

今日はコチラへ行って来ました
1118981.jpg
九州国立博物館
『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』
本日、最終日でした

1118980.jpg
最終日だから人が多いだろうなぁ~と覚悟はしていたものの、やはりスゴイ人の多さ!
それでも、以前の若冲の時のようなギュウギュウ状態ではなかったので、なんとかしっかり見て回る事が出来ました

1118982.jpg
チベットのお祝いの旗?と思っていたら、コレは五色の祈祷旗(タルチョー)というモノらしいです
お友達のブログにそう書いてあり、無知な私、大変勉強になりました!
「五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順に決まっており、それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現する」という祈祷旗は、「経文が書かれている場合は風に靡くたびに読経したことになる」そうです
お友達曰く、チベットは合理的というかテケトー風任せというか…
確かに、全然日本とは違うチベット仏教
仏像も顔つきからして全然違っていて、なんでも「怒りで悪を制する」ンだそうですよ
だから、チベットの仏像は眼力がスゴイ!
日本の仏像みたいに目を閉じていたり、うっすら開けていたりじゃなくて、ガッと見開いて睨んでます!迫力があります!
まるで、静と動って感じでしょうか
日本の仏像は立像でも静かに佇んでいる感じですが、チベットの立像は動きがあり過ぎて後ろにつっかえ棒が施されていたりします 自立出来ないなんてね
座ってる仏像でも、動きのあるモノが多いですね
お友達はインド舞踏みたいに腰がくねっててエロティックな動きがあると表現していたけど、私が本当にビックリだったのは合体した仏像
チベットでは下半身を袋に入れて見えないようにしてあるンだそうですが…
どうなんでしょうね(^^;
1118985.jpg
「世界的に大きな注目を浴びているものの、まだわが国ではあまりなじみのないチベット文化を総合的に紹介する特別展『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』
確かに、とても魅力的で楽しめました


1118984.jpg
次は、阿修羅展があるそうで、かなりの人が予告に見入っておりました
私も気になります


PageTop

ミニブーケ

1118912.jpg
ミニブーケのプレゼント☆彡

やぁーやっぱりお花を貰うっつーのは嬉しいモノですねっ!
1118916.jpg  1118915.jpg

紫陽花のブーケってのは見た事がないよね~と話してたら、紫陽花のスペシャルブーケが来て以来になるミニブーケ
1118919.jpg
嬉しくて激写♡♡♡

1118921.jpg
嬉しいから、ワインも飲んじゃうー! ヽ(〃▽〃)ノ イェイ

お部屋にお花があると華やぎますね


PageTop

村山由佳 『星々の舟』

カバーがかかったまま、題名と作者名だけで読み始めるのが最近気に行ってます
特に頂き物で、全然知らない作家だと、なぁーんの予備知識もないまま、真っ白な状態で読み始める事になるので、ちょっとドキドキわくわく☆彡
面白いかなぁ? 時間の無駄になっちゃうかなぁ?って

で、村山由佳 『星々の舟』は、ある家族の、それぞれが主人公になって1話ずつお話が進んで行くリレー式の短編集です
1話目の「雪虫」のインパクトが強いので、一体これからどういう風にお話が進んでいくのかなぁ?と気になって、何時の間にかグイグイ引き込まれて読み上げてしまいました

そして、久し振りに、読んだ後にまた直ぐ、気になった箇所を読み返したくなる
そんな本でしたね…


「禁断の恋に悩む兄妹、他人の恋人ばかりを好きになってしまう末妹、居場所を探す断崖の世代の長兄、そして父は戦争の傷痕を抱えて…。
 愛とは、家族とは何か。別々に瞬きながらも見えない線で繋がる星座のように、家族は「家」という舟に乗って無限の海を渡っていく。心震える感動の短編連作小説。第129回直木賞受賞」

後ろの内容説明を読んでしまっていたら、多分、印象が変わっていたかも…と思いますね

私の琴線だったのは、「ひとりしずか」と「名の木散る」
男の人に冷やかされるのは、隙があるからだとか、だらしがないとか、冷やかされる女の方が悪いように言う男の論理
足を踏んだ方は直ぐに忘れるけど、踏まれた方は忘れない…
確かに、言った方は簡単に忘れていて、そんな事…くらいにしか思ってない事でも、言われた方は深く傷ついたりするものだという事
指が白くなるまで握りしめたジッポライターと、口が足らず力にモノを言わせ妻や子供に手を上げていた昭和の父親…
解るなぁー


私は、勝手に文章から、作者が男性だと思い込んでました

PageTop

お菓子の工房 OPERAオペラ

東区のある“お菓子の工房 OPERAオペラ”
焼きドーナツは何度か食べる機会があったけど、ケーキは食べた事なかったので、東区に出掛けた時に思い出して買いに行ってみよう!と、うろ覚えの道を行ったり来たり…
R3号線の新二股瀬交差点から東へ向かって直ぐの交差点/下臼井を左折
1118838.jpg
マンションの1Fになります
駐車場が広いので利用し易いけど、一杯停まってます! 勿論、店内もお客さんで一杯でした

1118879.jpg
焼きドーナツとは違ったシックな箱ですね

1118883.jpg
スマイルマカロンの付いたカシスマングー  カシスムースの中にマンゴーのジュレが入ってます

1118880.jpg
オペラ 店名の付いたケーキです
コーヒーとチョコレートを使ったフランスの伝統的なお菓子をオペラ風にアレンジした逸品スウィーツです

1118885.jpg
艶々で丸みのあるハートのルージュ  
フランボワーズのムースの中に、ホワイトチョコのムースが隠れています
赤いケーキは、ドチラも可愛さだけで選んでみたら、味も似たような感じだったので、違うケーキを選んでみた方が良かったかも

1118887.jpg

次は純生ロールかな



PageTop

国産小麦パン工房FullFull フルフル

今日は香椎方面へ用事があったので、前々から気になっていたパン屋さんへ寄ってみる事に…
1118831.jpg
東区松島交差点の近くにある、“国産小麦パン工房FullFull フルフル”
コチラの明太フランスパンが、すっごい美味しいという評判なので1回食べてみたくて

駐車場が広い!その広い駐車場に車が一杯!おぉ!
お店の外のイートインスペースにも人・人・人… うわぁ~やっぱり人気があるンだね~と圧倒されつつ店内へ入ると、中も勿論、人・人・人…
入口から入ってグルリとパン台を回る間トレイにパンを取り、そのままレジに並ぶという、まるでカフェテリアみたいな感じでした

1118832.jpg
チョコクロワッサン

1118834.jpg
基本のメロンパン

1118836.jpg
お友達が大好きなカレーパン
1118837.jpg
どれも焼き立てでホカホカしてます
焼き立てだから美味しいのは当然ですが、メロンパンはとてもミルキーで美味しかったです

肝心の明太フランスは並んでなくて、やっぱり、これだけ人が多いと売り切れちゃうよね~と残念に思っていたら、レジで隣の人が明太フランスの注文していたので、私も真似っこして焼き上がり待ちをする事にしました
焼き上がりまで15分くらいという事だったので、その間に買ったばかりのパンをモグモグ
コーヒーのサービスもありますし、飲み物の自動販売機も設置されてるし、中でもジュースを販売していました
焼き上がったら、持たされたブザーが鳴ってお知らせしてくれる仕組みになっていて、周りの人ほとんどブザー持ってましたから、やっぱり人気なんでしょうね~もう期待でワクワクでした

ブブブ、ブブブ…
はーいはいはい、お待たせしました~の明太フランス
1118895.jpg
その場で、熱々のをパクリ
んー!粒々してて、しっかり明太子ですね!
1118894.jpg
食べ易いようにカットされてます
1118896.jpg
コレは美味しいっ!
これだけ買いに来たいかもー 明太フランスは20分毎の焼き上がりで¥304


1118835.jpg
http://www.full-full.jp/index.html
国産小麦パン工房FullFull フルフル

PageTop

2009*筥崎宮あじさい苑

今年もまた筥崎宮のあじさい苑へ
お天気はどんより曇り空で、朝から寒いくらいの気温で長袖を引っ張り出して東区へ出発!
先ずは、人気のパン屋さん“フルフル”に立ち寄ってお昼パンをしてから、筥崎宮に向かいました
筥崎宮参集殿横のパーキングに駐車すると、国指定重要文化財の一ノ鳥居まで歩いて直ぐ
1118841.jpg
一ノ鳥居の脇に控える狛犬の前に、あじさい苑の案内看板があります
1118840.jpg
お手水を頂いてから、本殿に参拝します
1118844.jpg
本殿前にも大きな紫陽花の鉢が置いてありました
1118845.jpg
さて、本殿向かって右横奥へと回ると
1118847.jpg
筥崎宮あじさい苑があります
1118877.jpg
紫陽花園 大人¥300

日曜日だけあって、今日は見学者が多かったです
入って直ぐ紫陽花の販売コーナーがあり、そこのトコに咲いている柏葉八重紫陽花
1118854.jpg
コレ、可愛くて好きな紫陽花です
1118850.jpg

110品種3500株 色々な紫陽花が楽しめます♪
1118867.jpg

1118870.jpg
今期は全体的に赤系の紫陽花が多かったような…個人的には青系が好きです
東屋の周辺は結構8分咲きくらいかなぁ~まだまだこれからが見頃という感じですね
1118860.jpg


1118849.jpg

1118851.jpg

1118862.jpg

1118855.jpg

1118864.jpg

1118865.jpg

1118868.jpg

紫陽花好きだぁー☆彡

販売コーナーにあった珍しい色の紫陽花
1118875.jpg
んー写真ではイマイチ色が違うけど…赤茶色だったンですよ
まるで、赤ワインのような錆びた色で、コレはこういう種類の紫陽花なのかなぁ?


1118878.jpg
筥崎宮あじさい苑  見頃はこれから!
http://www.hakozakigu.or.jp/


PageTop

宮島*あなご飯

宮島からフェリーで戻り、フェリー乗り場前にあるお店へ
1118760.jpg
こちらは、JRのフェリー乗り場

昨日食べたお好み焼き“越田”の店長さんに教えて貰った美味しいあなご飯を買いに行きました
1118759.jpg
「うえのってトコのあなご飯が臭みもなくって、自分は1番美味しいと思います!」と
やっぱり有名なお店のようで、お客さんが次々とやって来ておりました
店内は満席で順番待ちしてる人もいました
私達は、お持ち帰り用のあなご飯のお弁当を買う事に…これも残り僅かだったようで、まとめて何個か頼もうとしていた人は、次の炊き上がりまでも時間がかかりますけど~と言われてて、私達はラッキー☆でした

1118761.jpg  1118762.jpg
元は、明治の頃より駅弁として売られていたあなご飯でしたが、宮島口で茶店を構え、あなご飯を提供するようになったようです

1118763.jpg
ほんのり温かいあなご飯
早速、1口食べてみました
んー!おぉ!本当に美味しい~♪♪♪
ご飯の味の付き方、塩加減も、すっごく良くて美味しい! 
こんな美味しいあなご飯は初めてですね~本当に、臭みがないというのがよく解りました
多分¥1300ちょっとくらいだったかな
1118765.jpg
折角なので、カープのお茶も買ってみました


さて、美味しいあなご飯を食べて、頑張って帰路に…
1118777.jpg
関門海峡大橋を渡ると、「帰って来たぁ!」って気になりjました
駆け足での観光でしたが、まぁまぁ、観光も出来たし美味しいモノも食べられたし
そこそこ満足♪(* ̄ω ̄)v


PageTop

宮島*小路散策

五重塔、豊国神社千畳閣から、光明院の方へ行くと景色が良くておススメ☆という事で…
1118741.jpg  1118740.jpg
「龍髯の松」という見事な松の小路がありました
樹齢200年以上を誇るクロマツで、二枝を延ばしながら手入れされ、龍の頬髭に似ている事から名付けられたそうですよ
龍の頬髭のようにと手入れされてきて、気の遠くなるような時間を経て、そうして、ここまで成ったンだなぁ~と思うと感動します!

1118743.jpg  1118742.jpg
宮島と言えば、紅葉で、ホールの蓋に紅葉が散っていました

1118747.jpg
光明院から下った先にある公園からの眺めです
町屋と五重塔、豊国神社千畳閣が見えます

なかなか良い眺めの後は、町屋通りへと下りて行きました
1118750.jpg  1118751.jpg
“酒と器 久保田”で、お土産用にお酒を購入したり、ぶらりぶらり
フェリー乗り場まで戻っていると、珍しいモノに遭遇!

1118754.jpg
野良狸ー!
狸って、夜に車で走ってる時とかに、チラッと姿を見かけてもサッと隠れてしまうので、こんなにしげしげと間近で見たのは初めてかも~
もみじ饅頭を細かく千切ったモノを男の子がやっているのを、ポツポツ拾いながらポテポテ歩いておりましたよ
もしかしてペット???と思ったけど、どうやら違うようで… おいおい!(m'□'m)野生の血は騒がないのー?!って感じ
完全に、野良猫みたいな野良狸になってるようでした
そうそう、鹿もね、猫みたいに屋根の上とか、土間とかで丸くなっていたりして、野良鹿してたり
人が近付いても、写真を撮っても、全然普通にしてました

犬や猫より、鹿が多いなんて、面白いですよね

PageTop

宮島*五重塔・豊国神社

厳島神社の裏手から、昔の町屋風な建物の山本寅吉商店の横へ
1118715.jpg

急な石段の上に、五重塔が見えます
1118716.jpg  1118718.jpg

1118720.jpg
「和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。高さは27.6m。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられています。内部は完全な唐様で、一般の見学はできませんが、内陣天井に龍、外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが極彩色で描かれています。塔内にあった仏像は、明治元年の神仏分離令により、大願寺に遷されました。またこの五重塔が建つ塔の岡は、厳島合戦で陶軍が陣を構えたと伝えられています。」

五重塔の周囲にはフェンスがあるので、中には入れません

この五重塔の横にあるのが、豊国神社*千畳閣です
1118719.jpg
こちらは、大人(高校生以上)¥100 小人(中学生まで)¥50の昇殿券を購入して、靴を脱ぎ、とても急な階段を上がり中へ入れます

階段を上がると…
1118727.jpg  1118725.jpg
その広さに圧倒されます

「天正15年(1587年)、豊臣秀吉が戦で亡くなった者への供養として毎月一度千部経を読誦するため政僧・安国寺恵瓊に建立を命じた大経堂です。島内では最も大きな建物で、畳857枚分の広さがあることから千畳閣と呼ばれてきました。
秀吉の急死によって工事が中止されたため、御神座の上以外は天井が張られておらず、板壁もない未完成のままの状態で現在に至っています。江戸時代、既にここは交流の場・納涼の場として人々に親しまれていたようで、大きな柱には当時の歌舞伎役者一行の名や川柳などが記されています。明治の神仏分離令により仏像は大願寺に遷され、秀吉公を祀る豊国神社となりました。」

畳にして、857枚分… 広い訳ですよね

1118726.jpg  1118733.jpg
広いだけではなく、色んな絵や書や道具なんかも掲げてあったり
五重塔側の入口の上には、櫛田神社の初詣で見た干支恵方盤があったり

1118732.jpg  1118730.jpg
広いから、涼しくて良かったです


1118739.jpg  
五重塔と豊国神社千畳閣は、こんなに近くにあります


1118721.jpg  1118722.jpg
五重塔を見上げて写真を撮っていて、ふと目線を下げると…
周りのフェンスに、可愛いモノを発見!

1118738.jpg
バンビだぁー!
何故か、盛んにフェンスをクンクン嗅ぎ回っておりました
可愛いなぁ~('ω'*) 


1118737.jpg
http://www.miyajima-wch.jp/
宮島公式サイト

PageTop

宮島*厳島神社


「古くから神の島とされ、平安時代後期に平清盛が厳島神社の社殿と造営して以降、広く信仰されてきた宮島。世界でも類を見ない厳島神社の建築美と前面の海、そしてその背後に広がる弥山(みせん)原生林の美しい対比は世界的にも高い評価を受け、1996年に世界文化遺産に登録された。」

東回廊にある参拝入口  
1118684.jpg
拝観料 大人¥300 高校生¥200 小中学生¥200

1118687.jpg  1118686.jpg

1118688.jpg  1118692.jpg

「平安時代の神殿造りをの粋を極めた朱塗りの社殿は、海を敷地に、各社殿を回廊で結んだ独創的いな作り。潮の干満で刻々と様相を変え、潮が満ちると、まるで海に浮かんでいるような姿になる。」

1118690.jpg
遠くに、朱塗りの大鳥居

本殿
1118698.jpg
この奥で参拝するのですが、かなり人が多かったです

本殿前には、舞楽を披露する為の高舞台と、海上へと張り出した檜の素木の板敷きの平舞台があり、この平舞台から大鳥居をバックに記念撮影するのが定番のようで…
順番待ちの行列が出来てました

1118695.jpg
海へと張り出している平舞台の手前から、記念撮影


厳島神社本殿前の狛犬
1118694.jpg  1118693.jpg
狛犬は、『阿吽』になっています
阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、万物の始まりと終わりを表す言葉で、『阿』は雄、『吽』は雌という事になってますが、この厳島神社の狛犬には、雌雄のシンボルがあり、全国的にも大変珍しいそうです
調度、観光ガイドさんが居て、そう説明されていました~ハハハ(^^*)
で、その部分を覗いて見たら、ありましたありました! 
もし、宮島厳島神社へ行かれる予定のある方は、忘れずに覗いてみて下さい
ご利益があるらしいですよ~ ホントかなぁ???

1118700.jpg ちょっとだけ失礼して…パシャリ☆


本殿の横ではお守り等の販売もあり、お札所は人でごった返してましたが…
1118699.jpg
お御籤は少し離れたトコにありました

1118702.jpg
お御籤1回¥100で、先ずは八角形の箱を振って、中から籤棒を出します
で、その籤棒に書いてある番号の引き出しを開けて、中のお御籤を引くという方式になってます
調度、私達の前にお御籤を引いていた方が、「おぉー!凶だぁぁぁ」とビックリしてましたけど、本当に凶なんて珍しい事だしスゴイ!と思いました
周りで、お御籤が凶だったなんて居ないなぁ~

1118706.jpg  回廊の先に見える反橋
コチラも重要文化財指定となってます
「かつては重要な祭事の際、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったことから別名・勅使橋(ちょくしばし)とも呼ばれました。現在の橋は、弘治3年(1557年)に毛利元就・隆元父子によって再建されたもので、擬宝珠の一つに刻銘が残っています。」

1118707.jpg  1118708.jpg
西回廊と能舞台

1118709.jpg
「国内でも唯一の海に浮かぶ能舞台。現在、重要文化財に指定されている国内5つの能舞台のうちの1つでもあります。この能舞台は海上にあるため通常は能舞台の床下に置かれる共鳴用の甕(かめ)がなく、足拍子の響きをよくするため舞台の床が一枚の板のようになっているのが特徴。」

そして、海上の能舞台の為、潮の干満により、足拍子の響きに違いが出るそうです

1118713.jpg
本殿の背後からの大鳥居

1118710.jpg  1118711.jpg
コチラの狛犬は、まるで猫が威嚇する時のようなポーズです


http://www.miyajima-wch.jp/
http://www.miyajima.or.jp/index.html
宮島観光協会

http://whitemary.web.fc2.com/oldshrine2/9miyajima.html
古寺巡りブログ

PageTop

宮島*厳島神社 大鳥居

表参道を抜けると、いよいよ日本三景でもあり、1996年に世界遺産に登録された厳島神社へ
1118654.jpg  1118655.jpg
鳥居も大きいけど、狛犬も大きいです

朱色の大鳥居が見えてきたら、もうワクワク♪ソワソワ…
参拝よりも先に、潮が引いた御笠浜へと下りて、宮島厳島神社のシンボル的存在である大鳥居まで行く事に
1118656.jpg
この日は大潮だったようで、潮干狩りをしている親子連れも多かったけど、やっぱり観光客は大鳥居を間近で見ようと歩いて行く人が多かったですね

1118668.jpg
下まで来ると、その大きさに圧倒されます!
「本社火焼前(ひたさき)より88間の海面にそびえる朱塗りの大鳥居は、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。主柱は樹齢500~600年のクスノキの自然木で作られており、8代目にあたる現在の鳥居を建立するにあたっては、巨木探しに20年近い歳月を要したといいます。また根元は海底に埋められているわけではなく、松材の杭を打って地盤を強化し、箱型の島木の中に石を詰めて加重するなど、先人の知恵と工夫によって鳥居の重みだけで立っています。」

1118663.jpg  1118671.jpg
自然木というのが、こうして近くで見るとよく判ります  根本がウネウネと太くなってます
よくぞ、こんな同じような大きさの自然木を見つけてくるものだなぁ~

1118670.jpg
「海の中に建つ大鳥居は宮島のシンボル。
実はこの大鳥居の根元は海底深く埋められているわけではなく、自分の重みだけで建っているのです。それなのに台風や地震がきてもびくともせず、動いたり、倒れたりしないのはなぜでしょう。
その秘密の1つは、鳥居上部の島木は箱形の造りで、中にこぶし大の玉石約7トンを詰めて“おもし”にしているから。また主柱・袖柱あわせて安定感のある6本足とし、柱と屋根の交差する部分には特殊な造りのクサビがほどこされて、柱と屋根の動きやひずみなどを自然に吸収。海底部分は松材の杭を打って地盤を強化したうえで、その上に布石を並べて基礎の代わりとしています。まさに先人の知恵のたまもの。数百年前にこれだけの仕掛けを行っているわけですから、改めて驚かされます。」

貝がビッシリと付いてはいるけど、海中にあると腐食菌の繁殖が抑えられ、支柱が腐る事はないそう… 大体200年毎くらいに立て替えてるようです


そして、私が1度は見てみたかったのが、コチラ!!!(*‘▽‘)ノ
1118665.jpg  1118660.jpg
西側に、月                                東側に、太陽

「鳥居の屋根の東西には、「太陽」と「月」が描かれています。風水では北東を鬼門の方位とするため、太陽は鬼門封じのためともいわれます。 」

この月と太陽は、大鳥居の下まで来ないと見る事が出来ないンです!
今回の旅行に際して、潮の満ち引きまで調べていた訳じゃなかったので、全く偶然に干潮の時間にあたってヨカッタヨカッタ~ヽ(〃▽〃)ノ
ちょっと靴が水没しかかったりもしたけど…

大鳥居の額には、社殿側が「伊都岐島神社」 海側に「厳島神社」の文字が入っています



1118674.jpg
こうして、海から厳島神社を見られる事も珍しいよね~と

1118677.jpg  1118676.jpg
五重塔と、豊国神社・千畳閣が見えてます


大鳥居、カッコイイ~♪
1118675.jpg
http://www.miyajima-wch.jp/index.html

PageTop

宮島*表参道 揚げ紅葉

広島平和記念公園から路面電車でホテルまで戻り、R2西広島バイパスを通って、次の目的地の宮島へ

宮島口フェリー乗り場へと入って直ぐのトコにある、広めの駐車場に車を入れました
1回¥1000 かなり高いなぁ~
フェリーは、往復で大人¥340 小人¥160って安いから、駐車場料金で儲けてるのかも???
1118629.jpg
宮島松大汽船のフェリーです
1118628.jpg
能古島へ行くフェリーよりも少し大き目です
約10分で宮島へ

徐々に見えてきた有名な厳島神社の鳥居
1118631.jpg
ん? 有名な海の中の鳥居がオカシイ………
あ!周りに人が一杯!! 干潮だぁーーー!

以前、来た時はよく写真で見る通りの海の中の鳥居だったけど、干潮の鳥居を見るのは初めてだからワクワクしてきちゃいましたよ

宮島に上陸! 
ほぼ定員くらいの大人数が一気に下りて歩いて行くのに圧倒された??今日は鹿のお出迎えが少なかったですね~以前はもっとウヨウヨ歩いてた気がするンだけど…
1118632.jpg
「何か、くれー!」という感じで突進してきたりせず、またりとする鹿の皆さん
1118634.jpg
でもね、女性グループのお土産の紙袋を噛み破ったりもしてたので、油断は出来ません

フェリー乗り場&観光案内所から、厳島神社へ向かう途中の表参道
1118636.jpg         1118640.jpg
エイリアンやプレデター等の手作りフィギュアの皆さん   懐かしい赤ポスト

表参道には,お土産屋さんやお食事処がずらりと並んでて、とても賑やか
広島土産として有名なもみじ饅頭も、色んな味が売り出されていますねー
チョコレートにカスタードにチーズに、マンゴーとかまでありましたよ!
で、宮島に行くなら、コレを食べたいっ!って事で、コチラのお店へ
1118641.jpg  1118642.jpg
“紅葉堂”の揚げもみじ☆彡 行列が出来てます~おぉぉ!
先に注文して、番号札を貰います

1118644.jpg  1118643.jpg
店内にお茶のサービスがあり、結構広めのイートインスペース???がありました
木彫りの仏像があったり、鹿の置物があったり、赤い毛氈が敷かれてたり
お茶を飲みながら、またり座って寛いでいるうちに番号を呼ばれました

1118646.jpg
竹籠にのせて出してくれます

1118652.jpg  1118651.jpg
カスタードとチーズです
事前情報通り、カスタードの方が美味しかったみたい
チーズは味があんまりしなくて、トロトロしてるだけって感じらしいです
熱々で、サックサクで、ハフハフしながら食べるもみじ饅頭なんて、ちょっと面白いですよね~
1118653.jpg
これは、お土産にするより、その場で熱々サクサクを食べないとね!

さて、次は、いよいよ厳島神社に向かいます!


PageTop

平和記念公園


1118592.jpg
原爆の投下目標になった相生橋が見えます
太田川と元安川の分岐点に架かるT字型の橋で、その特異な形の為に投下目標になったそう

元安川に架かる元安橋を渡り、平和記念公園内へ

1118594.jpg
原爆の子の像と折り鶴
「三脚のドーム型の台座の頂上に金色の折鶴を捧げ持つ少女のブロンズ像(平和な未来への夢を託している)が立ち、左右に少年少女の像(明るい未来と希望を象徴)がある。(高さ9m)」

被曝し白血病を発症した少女、佐々木貞子さんが、回復を祈り病床で鶴を折り続けたというお話は「ヒロシマの悲劇」の象徴として、そして、「佐々木禎子さんをはじめ原爆で亡くなった多くの子どもたちの霊を慰め、世界に平和を呼びかける。」目的で建立されたそうです

その原爆の子の像から真っ直ぐ…

1118595.jpg
平和の灯(ともしび) と平和の池
「水を求めてやまなかった犠牲者を慰め、核兵器廃絶と世界恒久平和を希求するため。」に建立
平和の灯の向こうに、平和記念資料館が見えます

「全国12宗派から寄せられた“宗教の火”、溶鉱炉などの全国の工場地帯から届けられた“産業の火”が1945(昭和20)年8月6日生まれの7人の広島の乙女により点火されました。
 この火は、1964(昭和39)年8月1日点火されて以来ずっと燃え続けており、「核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けよう」という反核悲願の象徴となっています。」

私は、原爆の火だと思ってました…


1118596.jpg

1118598.jpg
原爆死没者慰霊碑  原爆の子と原爆ドームが見えます

見学者が多かったです 大人¥50 
1118600.jpg

1118599.jpg

フラッシュ撮影は禁止とされていて、写真を撮ってる人もいたけど… 私は無理でした

ようやく探し出した夫の遺体をどうしても持って帰る事が出来ず、夫の着ていた手縫いの開襟シャツを遺品として持ち帰るしかなかったという、黒く焦げた開襟シャツ
どうしても、どうしても持って帰られなかった夫の遺体… 切な過ぎました



http://www.pcf.city.hiroshima.jp/index.html
広島平和記念資料館

PageTop

広島平和公園&平和記念碑

広島城公園から路面電車に乗って、原爆ドームまで
行先表示や乗り換えが不安だったので、キレイなお姉さんにお尋ねしてみたら、「私も同じ方面に向かいますので、ご一緒に…」と親切に言って頂き、そのお言葉に甘えて連れて行って貰いました
とても助かりました! どうもアリガトウございました

路面電車/原爆ドーム前で下車
広島城公園とは違い、コチラは観光客が多かったです

1118580.jpg
通称「原爆ドーム」と呼ばれている広島平和記念碑は、1996年に世界遺産に登録されました
「元の建物は、チェコ人の建築家ヤン・レツルの設計により1915年(大正4年)4月に広島県物産陳列館として完工し、特徴のある緑色のドームによって市民に親しまれていました。
 館は、県物産の展示・即売、商工業に関する調査・相談などを業務としていましたが、美術展や博覧会などの文化事業にも利用されました。
 その後、広島県立商品陳列所、広島県産業奨励館と改称し、業務の拡大が図られていきましたが、戦争の長期化・激化とともに業務が縮小され、戦争末期の1944年(昭和19年)4月から、内務省中国四国土木出張所、広島県地方木材株式会社など官公庁等の事務所として使用されました。」

1118582.jpg  1118583.jpg

1118585.jpg  1118584.jpg
「1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機が、人類史上最初の原子爆弾を投下しました。原爆は、広島県産業奨励館の南東約160m地点の上空約600mで炸裂し、建物は大破・全焼、館内にいた全員が即死しました。
 しかし、爆風は上方からほとんど垂直に働いたため、建物の壁の一部は倒壊を免れ、最上部に残った鉄骨により円蓋をもつ建物であったことが分かる程度の残骸となりました。
 戦後、広島県産業奨励館の残骸は、最上部の円蓋鉄骨の形から、いつしか市民から、原爆ドームと呼ばれるようになりました。」

全員が即死…
何が起こったのかも解らないまま、一瞬にして…


1118587.jpg
以前、ここに来た時に、白人のグループが歓声をあげながら写真撮影をしていて、すっごく嫌ぁーな気分になった事があったンですが、今回、目頭を押さえていた白人男性が居ました
原爆の是非を問う以前に、亡くなった人が沢山いる場所では騒がないで欲しいですね


PageTop

広島*広島城

朝のニュースで、今日の気温は30℃以上で蒸し暑い1日となるでしょう!と言っていたので、早目に行動開始する事にしました
普通のホテルだから、朝食バイキングなんて全然期待していなかったのに、めちゃ美味しいし、品数も豊富でビックリ!何時もはパン食を選択するのに、温泉玉子と有機野菜の煮物が実に美味しそうで、初めて和食を食べました

さて、朝早くからドコに行こうかな~と考えて、気になるスウィーツ屋さんの下見もしつつ、歩いて行けるルートで、広島城へ向かう事に
気になるお店があるのは橋本町というトコで、テクテク歩いていると、パンの美味しそうな匂いがしてきて、ついさっき食べたばかりなのに、ピザのようなチーズやガーリック系の匂いにそそられてしまったり
大きな教会の横を通ったり、蔦の絡まる女学校の前を通ったり
官庁街を抜けると、そろそろお城が見えてくるかなぁ?と思うのに、全然見えてこない…
天守閣が、そう高くないのかなぁ?と思いながら進んでいたら、いきなり大きな銅像が!
1118569.jpg
すっごい大きさです! しかも、このポーズ…一体これは誰?!と思ったら、広島県出身の総理大臣、池田勇人の銅像でした
色々とネットで調べてみたけど、この銅像の大きさが出ていないので正確な事は判りませんが、台座を入れなくても5mくらいはあったンじゃないかなぁ?
兎に角、圧倒される大きさで、しかも、このポーズ!
一体、誰がこのポージングにしたのかなぁ?
なんだかなぁ~右手がお姉系っぽくて、お茶目な感じで笑ってしまう~

1118570.jpg
広島城公園の中に、護国神社があり、その鳥居で東の石門から入りました
全然知りませんでしたが…
「広島護国神社のこの鳥居は、爆心地近くほぼ垂直に爆風を受けたので倒壊を免れたそうです。
 現在はお堀の東側裏御門近くに移設されています。被爆当時の鳥居の写真が爆心地・原爆被災説明板にあります。」
以前は、原爆ドームの近く、広島市民球場のトコにあったようです


1118571.jpg  1118572.jpg
福岡よりも、かなり大きなお堀です

1118573.jpg 史跡・広島城跡地


1118574.jpg 
かなり広いです
市民の皆さんがジョギングしたり、お散歩したり、休憩したり

1118575.jpg
公園を奥まで進んで、ようやく再建された天守閣が見えて来ました

1118577.jpg
見学の小学生がチラホラ…
折角ココまで歩いて来たけど、ちょっと中までは見なくてもいいかな~と、引き返す事に
まだ9時くらいなのに、本当に暑くて… うぅ 
ちょっと木陰で休憩してから、次は平和公園へ


PageTop

広島*お好みき越田

広島市内に入り、繁華街の近くのホテルにチェックインして、先ずはシャワー
汗を流してスッキリしてから、ちょっと夕寝を…
1118564.jpg

駐車場のお兄さんに、美味しいと思うお好み焼き屋さんを教えてくれませんか?とお尋ねしたところ、私達が福岡からの観光客と知り、それは美味しいラーメン屋さんはドコですか?というのと同じで、かなり個人の好みがあると思うので…と
確かに、とんこつラーメンの好みなんて、人それぞれですもんね~
それでも、観光ガイド本に載っていないかもしれないけど、八丁堀の“へんくつや”か、この近くにある“越田”が自分は好きですね~という事で、お礼を言って探してみる事に
見つからなければ、行き当たりばったりで入ってみようかな~と思いつつ、ウロウロしていたら、突然すごい雨がザーっと降ってきて、大慌て!
そして、調度、広島では「とうかさん」という大きなお祭りがあっていたらしく、お好み焼き屋さんがある辺り、飲食店やデパートの周辺は浴衣を着た人で大混雑!
なんとかアーケード街に入ったら、100均があったので、残り5本のビニール傘をゲット!
ラッキー☆彡

ウロウロしていて、多分この辺?と思ったら、やったー!ありました!見つけました!
お好み焼き “越田”
1118567.jpg
雨がザーザー降ってるから、周辺を見渡し難いし、人は多いし、繁華街だから駐停車両も多いし、ホントによく辿り着けたモンだ!と自分で自分を褒めてあげたいくらい(^-^)v
もうオナカがペコペコだったしね!

1118565.jpg
普通のお好み焼きで、中身はそばで
麺がそばかうどんか選べるンだけど、うどんってどうなんだろうねーと
想像では、すっごいモチモチして、オナカにドーンってきそうなんだけど
1118566.jpg
“越田”は、かなりしっかりキャベツを焼きますね~もう焦げてない???って感じ
でも、すごく皮もそば麺も固めで美味しかったンですよ!
以前、広島に来た時に食べたチェーン店のお好み焼きは、もっとふんわり柔らかだったけど、なんか全部ふんわりしてて、オナカに溜まっちゃった~て感じだったのに、“越田”のは、しっかりしたお好み焼きって感じでした

お店の方が言うには、福岡の人がお酒の後の〆にラーメンを食べるのと同じように、広島の人はお酒の後にお好み焼きを食べる事が多くて、特に繁華街にあるお店なので、そういうお客さんが多いから、ウチのは少し小さ目だけど、しっかりギュギュッと作っているンだそう

何時もは、特に熱いモノを食べる時は1番遅い私が、今日はあっという間に食べ終わってしまって、自分も周りもビックリ!それだけ美味しかったンですよね~
まぁ、チーズとかトッピングしてなかったというのもあるけどね

ピカピカの鉄板から、直接コテを使って食べるのが広島風なのかな?ちょっと食べ難そうに見えたのか、途中ザックザクと切り分けてくれて、取り皿とお箸を出してくれました

1118568.jpg
もう場所は覚えた!お好み焼き 鉄板焼き “越田” 広島市中区流川町8-30
TEL/082-241-7508
営業/18:00~3:00
そうそう、お好み焼きだけじゃなく、何か鉄板焼きを食べてる先客がいて、でも、もう食べ終わってたから見れなかったンだけど、鉄板焼きもどんな感じだったのかなぁ?気になるぅ…

土砂降りの所為か客足が止まっていたので、お客は私達だけ
観光客の私達に気を使って下さったのか、店長さんが色々と話してくれたり
で、明日の予定は安芸の宮島という話になったら、あなご飯で美味しいのは「うえの」ですよ!臭みがなくて、本当におススメです!と
以前来た時は、あなご飯を食べてなかったので、よし!あなご飯は「うえの」!頭に入れました
どうもアリガトウございました♪



PageTop

尾道*路地裏・猫の細道

千光寺を後にして、尾道ゆかりの文学者の詩や短歌、俳句などが、道沿いの25基の自然石に刻まれ、それぞれに解説板が設置されている文学の小道を駆け下りるように抜けて(傾斜が急なので)市街地の路地裏へ

1118544.jpg  1118545.jpg
天寧寺の三重塔 コチラも国の指定重要文化財だそうです

1118546.jpg 三重塔を右手に仰ぎ見つつ下りて行くと…

1118547.jpg なんだか不思議な場所に迷い込んでしまった感じ…

1118549.jpg  1118553.jpg
草の生い茂る道端や、朽ちて壊れそうな屋根の上など、アチコチに石の猫がいました
1118557.jpg  1118556.jpg


これら石猫は、福石猫と呼ばれているモノ
1118550.jpg
道端に福の神の石猫もいました  どうやら猫の細道に迷い込んだらしい…

1118552.jpg  1118551.jpg
3回撫でると福が来るというので、勿論なでなでなで…
たいぶん撫でられ過ぎちゃった感じですね(^-^;


この福石猫は、「産みの親は、梟の館の主人、園山春二氏。1998年、自然の丸石888個にひとつずつ表情の異なる猫の絵を施し、尾道に福がやってくるようにと艮神社でお祓いをしてもらって、町のあちこちに設置したのです。その後も猫は増え続け、現在では1000匹以上!」というモノ

で、コチラがその“梟の館”
1118548.jpg  カフェみたいです

1118554.jpg 緑に飲み込まれたような、すっかり緑色の梟の館
まるで、さっきお茶してきた倉敷のエルグレコみたい…
ちょっと気にはなったけど、入らずに通過しました
http://allabout.co.jp/gourmet/cafegohan/closeup/CU20050701A/index3.htm
梟の館


1118555.jpg  厄除けの石猫アカ
気になる体の部分を薬指で撫でて下さい と書いてあります 無病息災

1118558.jpg  アダム&イヴ チュゥしてるし…('ω'*) 
男性は右の猫、女性は左の猫を手で隠して写真を撮って下さい
恋が実るでしょう 恋人同士は一緒に だそう…(*´ェ`*)

でもね、でもね、この猫の細道は緑が多いだけあって、すっごい蚊が多くて、今年初の蚊の来襲に早々に撤退するしかなかったので、この細道をゆっくり楽しみたい方は、スキンガードなど持参される事をおススメします!

1118559.jpg  1118560.jpg
蚊の大群から逃げるように路地を小走りに駆け下りると、左に艮神社の境内への入口がありましたが、表から入ろう!とロープウェイ受付まで下りました
その受付の左横に艮神社の参道があります
1118561.jpg  1118562.jpg
若い女性のグループが写真を撮ったり、はしゃいでいたので、参拝もせず引き返しました
多分、邦画好きのグループ旅行みたい
きっと色々尾道の事を勉強して来たンだろうな~楽しそうで羨ましかったな


さぁ、これで、予定の観光地は回ったぞー! 岡山、倉敷、尾道、頑張ったぞーぅ!
尾道は当初予定の半分しか回らなかったけど、ラーメンも美味しかったし、くさり山アスレチックも楽しかったし… 地図係だったり観光を任されて重荷だったりもしたけど、まぁまぁ満足
今日は朝も早かったしホテルで休憩しよう!と、高速へ戻り広島を目指しました


1118507.jpg
JR山陽本線のガード下に沢山咲いていた白い花
蒸し暑かった尾道で、涼しげに沢山揺れていた白い花  何の花???

PageTop

尾道*千光寺

千光寺展望所のベンチでオヤツを食べた後、ココから西に下りて行き最初の目的だった古寺巡りをするか、東に下りて千光寺から艮神社、駐車場辺りへと下りて行こうか…と
で、千光寺へ下りて行く事に
1118530.jpg
「千光寺を含む千光寺山一帯は“千光寺公園”といわれています。

明治27年、千光寺住職多田實圓和尚は、尾道市内に遊園地の少ないことを憂い、併せて当山の参詣者誘致のため公園の設置を企画し、檀家総代および有志と相計り、同年4月11日寺領の畑・山林・宅地、計1,347坪をもって公園敷地に充当し起工に着手。
以後、協力者の献身的な奉仕のもと、長年の歳月と巨額の篤志金を投入して、共楽園を完成。

明治36年2月24日寺領の共楽園敷地を尾道市に寄附し、後に『千光寺公園』と改称され今日に至る。(現在千光寺所有地のうち約一万坪は公園敷地として尾道市に管理を委託しております。)」

1118531.jpg
見晴らしが良く、ようやく風が心地よく吹いてきて生き返る~♪

1118534.jpg  玉の岩
「玉の岩または烏帽子岩と呼ばれ、周り50m、高さ15mあり、当山第三の巨岩で、次のような伝説があります。

『往古この岩上に如意宝珠あり、夜ごとに異光遥かに海上を照らす、しかるに異国人来たりてこの山に登り、寺僧に向かって、我に金あり、汝これを与えるにより、この大石を我に与えよと、寺僧それに答え、売ることはできぬがこの大石を買いて何にするかとあやしむに、異国人は、この僧が岩上に宝石のあるを知らぬことを確かめ、心中欣び、ひそかにこの大石に登り美玉を奪い去りたり』と。」

灯台代わりになっていた山の光を持ち帰ろうとした異国人が、この巨石の上の光る部分をくり抜き、山を下り舟に運び入れようとしたところ、ぐらり舟が傾いて、光る玉は海の中へ没してしまい、それでこの辺りは玉の浦と呼ばれるようになった という伝説があるようです
で、光がなくなり、夜の船の道標がなくて困る事態になり、毎晩この巨石の上でかがり火を焚くようにしたそう
今では、電気で光る玉が置いてあるという事ですが、夜になったら、この上の玉がどんな風に光るのか見てみたいなぁ~と思って、検索してみたけど、夜の画像が見つからず残念!

千光寺には、鏡岩、梵字岩、岩割松、鼓岩など他にも色んな巨岩があります
1118535.jpg
本殿横から、くさり山へと上る途中にある、奇岩/三重岩(みかさねいわ)
左へと上がって行くと、また変わった形の岩がありました
1118536.jpg  1118537.jpg
「夫婦岩 この岩の前で二人が愛を誓うと願いが叶うと言われています」だそう
この夫婦岩の上に上がれるようになっていて、でも、かなり険しいので鎖が付いていて、それでくさり山」なんですね~石鎚山鎖修行の協力金大人¥100 小学生は無料と書いてあり、お賽銭箱が置いてあります

いやぁ~これは大変!かなり険しくて、子供だけで上ってはいけませんって書いてあるけど、小さな子供だけでは上れそうにありませんよ(´¬`)
後ろから押してもらったり、引き上げてもらったりしないと上がれません

1118539.jpg
1本目の鎖を上がったトコからの景色

1118543.jpg
3本目の鎖を上がったトコには、小さな祠があり、石槌権現が祀られています
かなりの高さです
下のJR山陽本線を電車がガタンゴトンと音を立てて走るのが、オモチャみたいに見えますが、音はとても近くに聞こえてきて、汽笛や線路の鳴る音を聴いていると、あぁ、ここで夕日まで待っているのもイイかも~と思う気持ち良さと開放感…
頑張って上った甲斐がありましたね!( ̄ー ̄)v

さて、風が気持ち良いけど、そろそろ下りて行く事にしまーす



http://www.senkouji.jp/index.html
千光寺

PageTop

尾道*Galetterie Common ガレットゥーリ・コモン

千光寺ロープウェイ乗り場の直ぐ目の前に、素敵なカフェがありました
“茶房こもん”
「1977年、当時では珍しいワッフルの専門店として「茶房こもん」が開店。外装や内装に顕れるように、シンプルで印象深い味わいを信条として、31周年を迎える。
2000年からは隣接してテイクアウト店「ガレットゥーリ・コモン」がオープン。茶房こもんのイートインでしか提供していなかったアイスクリームやシャーベットも製品化し、テイクアウト仕様のワッフルとあわせて販売を始める。」

暑かったし、ちょっと休憩したかったンだけど、まだ、オナカには尾道ラーメンがあったので…
ワッフルのテイクアウト店“Galetterie Common ガレットゥーリ・コモン”へ
1118512.jpg  1118508.jpg
「こちらでお持ち帰りのできるワッフルは、季節によっても違いますが、”どれにしようか”と迷うほど、種類が豊富で楽しくなっちゃいます。
勿論、茶房こもんでもこだわりの製法で手づくりされたアイスクリームやカスタードクリームを添えた焼きたてのワッフルがいただけます。そのとろけるようなフワフワ感は絶対クセになるはず!」と紹介されていましたが…
1118509.jpg
お昼過ぎて、調度オヤツの時間だったのか、あんまり残ってませんでした

1118510.jpg
店内は涼しくて、甘い匂いがして、それだけでホッとしてしまう
蒸し暑い外に出たくなくなっちゃうな

1118514.jpg
テイクアウトで2つワッフルを購入して、千光寺公園へ

1118526.jpg
千光寺ロープウェイを下りると直ぐに見えてくる展望所
面白い建物だったンですけど、POPがベタベタと貼ってあって中に入るのに臆してしまい、この展望所の下にあるベンチでオヤツタイムー♪

1118527.jpg  1118529.jpg
酸味のあるサッパリとしたフランボワーズ         生クリームとカスタードは甘かったぁ

よくあるテイクアウトのワッフルと同じような感じだけど、エールエルよりも生地はしっとり
やっぱり甘いモノを食べると元気が出ます☆彡


1118511.jpg
http://www.common.jp/
COMMON


PageTop

尾道*千光寺山ロープウェイ

本当は尾道のおススメ観光の古寺巡りりを続けようと思ったけど、この蒸し暑さに堪らず西國寺だけで断念…
暑いのって、本当に苦手な根性無しです…( ̄ω ̄;)

聖徳太子が建立した浄土寺には、足利尊氏が武運長久を祈った十一面観音菩薩像や、願掛け石、国宝の多宝塔などがあり、すっごく観てみたかったンだけど、何しろ暑いし、西國寺まで歩いた距離の倍以上歩かなくてはいけないようで、ちょっと足が向きませんでした
まぁ、また尾道に来る機会があれば… 寒いくらいの時期の方が歩き回るにはいいかも~

西國寺から千光寺へと行く為に、千光寺山ロープウェイ乗り場に向かいました
途中で見つけたお店で、体力回復に甘いモノを購入しつつ、ロープウェイ乗り場に到着~
1118513.jpg
ロープウェイに乗るのって、すっごく久し振りです
長崎の仁田峠のロープウェイ以来かな?
多分、ずーっと以前に北九州の皿倉山の帆柱ケーブルカーとかも乗った事あるけど、こういう乗り物ってワクワクします♪♪♪
大人片道¥280/往復¥440 小人片道¥140/往復¥220
受付の方に聞いたら、「往きだけロープウェイで行かれて、帰りは千光寺や文学の小道を通って帰って来られる方が観光的にもおススメです」という事で、片道でチケット購入し、ワクワク乗り込みました(*‘▽‘)ノイェィ 先頭さんだぁ!

お姉さんが乗り込んで出発!
直ぐに、大林信彦監督映画「時をかける少女」に登場した艮(うしとら)神社の上を通過
1118515.jpg  1118516.jpg
結構、大きな神社のようです
こうして、頭上をロープウェイが通過する神社というのは全国的にも珍しく、上から神社を眺められ、お参りしていると上をロープウェイが通る不思議な光景が見られます と説明がありました

1118518.jpg
中腹で下りのロープウェイとすれ違います

1118519.jpg
前方に~千光寺がぁ見えて参りました~

1118520.jpg  1118522.jpg
千光寺本殿と                         上に丸い石玉がのっかっている玉の岩

1118521.jpg
鐘楼

艮神社と千光寺の上を通過して、片道3分ちょっとで到着!
1118523.jpg
ロープウェイを下りて後ろを振り返ると、尾道水道と市街地が見えて景色がイイ!感動!おぉ


http://www.go-shimanami.jp/shisetsu/onomichi/002.html
千光寺ロープウェイ

PageTop

尾道*真言宗西國寺まで

尾道観光案内所で教えられたのは、観光するなら、千光寺のロープウェイに近い尾道市役所の近くの駐車場が安くて良いですよ~という事で、ココに車を入れました

最盛期には81もの寺院が建立され、現在でも25もの寺院が残り、主な寺院を石畳で結ぶ古寺巡りがおススメ観光コースとなっていて、その旧市街の調度真ん中辺りの駐車場になります
先ずは、ロープウェイに向かって右のエリアから行く事に
尾道市最大の寺院、真言宗西國寺へ

1118563.jpg
JR山陽本線のガード下を潜って寺院のエリアに入ると
1118477.jpg  1118478.jpg

1118481.jpg  1118480.jpg
入り組んだ細い路地と急勾配の石畳の上り坂ばかり… (u_u;)キツイ
まるで、長崎の亀山社中跡辺りと同じような感じですね~猫も多かったし

1118479.jpg
最初に目指した西國寺までの上り道が辛くて…すっごい蒸し暑さに体力が奪われてヘトヘト
細い路地だから、あまり景色は見えないンだけど、後ろを振り返ったら、かなりの高さまで来たのが分りました

ようやく辿り着いた西國寺
1118483.jpg  1118485.jpg
コチラ仁王門には2mもの大わらじがかかり、足の病気にご利益がある事で知られているそう
創建は天平年間729年~南北朝時代に備後の守護山名氏建立の金堂と、足利6代将軍・義教寄進の三重塔が国の重要文化財に指定されている…

遠くに、チラリと三重塔が見えてます
1118486.jpg 私の好きな柏葉紫陽花がこんもり咲いてました
1118488.jpg  1118487.jpg

この柏葉紫陽花が咲いているお手水処の奥に、石段があり…
1118490.jpg
上が見えないくらいの急勾配の石段の数に、溜息が出てしまいます
もう、黙々と足を運んで上る上る 「これは苦行に近い」などとこぼしつつ、上る上る
で、後ろを振り返ったら… (m´Д`)m おぉ!
1118492.jpg
ぎっしり詰まってる感じの尾道市街地が見下ろせました
ん~本当に高いトコまで来ちゃったなぁ~頑張ったなぁ~
でも、まだ三重塔までは辿り着きません(=_=; 意外に距離あるなぁ

1118491.jpg
室町初期の建築で国指定重要文化財の金堂です
「屋根の勾配や反りの軽やかさ、太い木割り、軽快さと力強さを兼ね備えた美しい建物」
確かに、凛々しいな、と思いますね
1118503.jpg
金堂の周辺はキレイな玉砂利が敷かれ、その中に作られた通路を更に右奥へ
鐘楼の後ろへ進み、本堂へと上がって行きます

地元の方らしい参拝者がチラホラいらしたので、あまり写真は撮ってませんが
本堂と繋がって、不動堂、毘沙門堂とあり
1118500.jpg
毘沙門堂の前に、お米10kgくらいの大きさの楕円形の石がごろりごろり転がっていて
1118501.jpg
「力石
尾道は一千年の港町です。港では荷物の上げ下ろしに多くの人が働きました。
力自慢の人達がこの石を持ち上げて、競い合いました。」
1118493.jpg
休憩用のベンチが設置されている門からは、港町が見下ろせます

渡り廊下で繋がっている大師堂
1118502.jpg
この渡り廊下の下から、本殿裏へ

1118494.jpg  ようやく三重塔です

1118495.jpg  「足利6代将軍義教によって建立された室町時代初期純和風の復古建築で、重量感に加え姿の美しい塔で、廻縁がなく、石製基壇の上に立つ優秀な塔である」


1118505.jpg
真言宗西國寺 
尾道に来たら、ちょっと坂道が辛いけど、是非どうぞ♪


PageTop

尾道ラーメン

倉敷から高速に乗って、次の目的地は尾道です
尾道と言えば、坂とお寺と映画のロケ地、そして尾道ラーメンでしょ!
という事で、そろそろ腹ごしらえをしなくっちゃね~尾道は歩いて回らないといけないしね~と、少し遅めのお昼ご飯に尾道ラーメンを食べる事に…
先ずは、JR尾道駅構内の観光案内所で、丁寧に周辺の駐車場や観光MAPの説明を受け、数日前に買ったガイド本の「食べておきたい尾道ラーメン」の特集から、1番オーソドックスそうなお店を選んで駅ビルの“尾道らーめん たに”へ

1118472.jpg

「試行錯誤の末に完成したコクと深みのあるスープは、瀬戸の小魚でとった出汁が隠し味。シコシコした固湯での中細麺が特徴だ。」と

1118469.jpg
調度、ランチタイムの混雑が引いた後みたいで、店内はそう混んでもなく、焦らずに食べられる雰囲気で良かったなーと
普通にラーメンと餃子をオーダーしました

1118470.jpg
福岡とんこつと違い、醤油ベースの黒いスープですね
背脂がのせてあるけど、全体的にサッパリスッキリしてスルスル食べ易いラーメンでした
瀬戸の小魚の出汁を感じるような魚臭さは、全然なかったです
ちょっと生月島の陸蒸気のあご出汁海鮮ラーメンっぽい感じもあるけど、それよりも背脂のコクがあって、なかなか美味しかったです

11481211.jpg
餃子も普通に美味しかったです
皮がツルンとなるような焼き上がりで、具は家庭の手作りっぽい感じ


PageTop

倉敷*美観地区④

カフェ エルグレコで一息入れてから、もう少し美観地区をふらり散策してみました
1118401.jpg  1118457.jpg
白鳥って泳ぐのが早いンですねー!おぉ


1118404.jpg  

今橋
1118405.jpg  1118406.jpg
「欄干は孫三郎とは旧知の間柄であった児島虎次郎によって、めでたいという意味と孫三郎
が辰年ということで上り竜がデザインされ、また石柱の頂部には皇室の紋章である菊があしらわれています。欄干の通路側は線彫り、外側は浮き彫りの竜が彫刻され、その緻密で重厚な橋は、倉敷美観地区の象徴ともなっています。」

1118403.jpg

1118402.jpg

日本郷土玩具館
1118461.jpg  1118460.jpg
古~い土鈴があったり、凧があったり
1118458.jpg  1118459.jpg
倉敷のお土産として、橘香堂で「むらすずめ」を購入したり

1118464.jpg
こんなトコにまで、サンリオ・キティちゃんが出店してて、キティパワーを感じたり

こういう細い路地ばかりの倉敷美観地区
1118465.jpg
レトロな雰囲気に浸れる観光地です

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=5300
倉敷美観地区

PageTop

倉敷*美観地区③エルグレコ

大原美術館の横に、蔦に覆われた洋館が立っています
cafe EL GRECO カフェ エルグレコ
1118410.jpg
周りが白壁の建物ばかりなので、この全体が緑の葉っぱに覆われた外観、フサフサと風に葉っぱが揺られてる様は涼しげで、入口の赤が目立ちます

「大正14年、大原美術館の設立者である大原孫三郎が、奨農土地管理会社を設立し、翌年に大原邸の川向かいに、建築家薬師寺主計の設計により事務所を建築した。 その後、移転し喫茶店に改装した。
喫茶店の名前は、大原美術館に展示されている絵画、『受胎告知』の作者エルグレコの名から大原総一郎により名付けられた。 
 建築家薬師寺は好きだったアイビー(蔦)をこの建築のそばに植え、今では建物の外壁の全面を覆い美観地区のなか四季の彩りを添えている。板張りの床、升目の竿ぶち天井や上げ下げ窓などは事務所当時のままに大正ロマンを残している。」

1118421.jpg
木製の扉を開けるると、一瞬、あれ…?と
1118442.jpg
扉を開けると直ぐにガラスの衝立があって、店内が見えないようになってました
成る程、元は事務所だったという感じの造りですね
なんだか昔の松本清張の映画に出てくる警察署みたい…こんな感じの衝立があったような

1118440.jpg
衝立の後ろはベンチ席になっていて、ココにテーブル席が3つ4つ

私達は奥の窓際のテーブル席に座りました
1118427.jpg  1118428.jpg

蔦に覆われて店内が薄暗いのかと、勝手に思い込んでたけど…
1118426.jpg
意外に中が明るいンですね~
蔦の緑がそのままカーテンのような御簾のような感じで、ゆらゆら風に吹かれて蒸し暑かった外とは別世界でした
1118438.jpg
天井が高くて、音が響くような、上へと吸い込まれるような、なんとも独特の空間
私達の他に、2組のお客さんしかいなかったので、静かな店内だったンですけど


とても簡単なMENU ( ゚ω゚)'''' 1118422.jpg
「カステイラ」という書き方が気になったけど、レアチーズケーキ(ブルーベリーソース)をオーダー
1118431.jpg
さっぱり軽くて食べ易いレアチーズケーキで、何時もはチーズケーキ系は食べないお友達まで「美味しいかも」と横から食べてました

お友達オーダーのミルクセーキ   1118437.jpg
長崎のミルクセーキみたいに、ジャクジャクしてシャーベットみたいなミルクセーキです
暑くてダルダルだったのが、スッキリしゃっきり☆彡

暑かったので、コーヒーはアイスで…
1118433.jpg
ブログや口コミでは、このアイスコーヒーの評価が分かれてたけど、私は蒸し暑くてウンザリになってたので、少し甘くて濃い目のコーヒーは美味しく感じました


なんだか、時間がゆっくり進んでるような感じ  1118435.jpg

1118439.jpg レジカウンター周辺

カフェの一角に、ガラス工芸品や古い絵本、小物やアクセサリーが置いてあり
1118446.jpg

1118444.jpg1118443.jpg
販売もしているみたいでした        この1輪差しの青がとてもキレイ☆で惹かれますね~





1118447.jpg
http://www.elgreco.co.jp/
cafe EL GRECO カフェ エルグレコ


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。