Leave A Tender Moment Alone

風の吹くまま 気の向くまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホルトの木でランチ

今日は、“ホルトの木”というパスタとピッツァのお店でランチ♪
0662.jpg

場所は、西区周船寺になるのかな? R202から1本裏道に入った判り難い場所ながら人気のようで、お店の前も少し離れた場所にある契約駐車場も一杯でした
店内も混んでいたけど、10分くらいで席に着くことが出来ました
0663.jpg
テラス席もあります
駐車場から母屋?にある店名にもなった『ホルトノキ』を見る事が出来ます
ちゃんと看板も出てます
0687.jpg
大きくて立派な木ですね

さて、今日は初めてのランチメニュー¥900
0666.jpg
サラダ、1/4ピッツァ、パスタ、ソフトドリンクとかなりお得でボリュームありますね~
只今3月まで、ソフトドリンクはグラスワインにも変更可みたいですよ
ソフトドリンクの種類も豊富で、果汁ジュースが多いのは嬉しい限り♪

先ずはサラダ
0668.jpg
ポテトサラダが付いているのは嬉しいかも~
でも、夜に何度か来た時に食べた生ハムサラダが美味しくて大好き!という事で、別に追加オーダー
0673.jpg
細い千切りキャベツのシャキシャキ感と生ハムとドレッシングが絶妙ですぅ!

ピッツァ
0670.jpg
4人だったから1枚で来るとは思っていたけど、この大きさ!
軽く宅配のLサイズはありますね~ビックリ☆
とても美味しくてパクパク食べちゃいました~生地はパリパリ系でチーズたぁ~っぷり!

パスタは2品
ベーコンと木の子とモッツァレラのトマトソース
0678.jpg

鮭とブロッコリーのツナクリームソース
0676.jpg
とても具沢山で、美味しい~! トマトソース最高♪
麺の太さも茹で加減も調度イイですね

今日はデザートもオーダー 追加¥300で6種類から選べました
黒豆チーズケーキ
0681.jpg

プチケーキの盛り合わせ
0683.jpg

クリームブリュレ
0685.jpg
店名の入った可愛い盛り付け♡♡
他にはガトーショコラやバニラアイスなど… これで¥300は嬉しいですよね~
クレームブリュレは、クリームがちょっと何か違う感じで、何の味だろう?と考えたけど何だか分からず、でもとても美味しかったぁ!
黒豆チーズケーキも、チーズの味が主張し過ぎず上のクリームも重くなく美味しいね~と好評
プチケーキもかなり美味しかったようで、みんな大満足☆彡


0679.jpg

ココのシェフはイタリアで修行をして来られたのかな? 店内にはイタリアの写真と共に卒業証書のようなモノが飾ってあったり
0667.jpg
美味しいピッツァが焼ける石釜があったり

0688.jpg
テラス席には花が飾ってあったり

コストパフォーマンスの高い“ホルトの木”
0664.jpg
とても美味しくてオススメです
TEL/807-3377
営業/11:00~15:00 18:00~22:00(OS21:30)
定休/火曜

スポンサーサイト

PageTop

カツサンド

ココのカツサンドは美味しいンだよ~!とお土産に貰いました
0372.jpg

飯塚市の郵便局近くにある“とんかつふくや”のお持ち帰りカツサンド

0373.jpg
これは美味しいっ!
ソースが程好く、しっとりふんわり~パンの厚みも柔らかさも合ってます~
これはお店で豚カツメニューも食べてみたいなぁ~

PageTop

お菓子作りのお店クオカ

今日のデートはパロマグリルのランチとクオカがメインという事で、ランチの後は雨の中てくてくクオカの入っている季離宮へ

お料理好きお菓子作り好きなお友達と一緒だと、クオカも面白い~
色々解説して貰ったりして、勉強にもなりますぅ!
コレは何に使うのかとか、コレを使うとどういいのかとか色々教えて貰って、ほほぅ…

粉類も本当に沢山の種類があってビックリ!
パン用も『もちもち』『さくさく』やフランスパン用とかまで細かく提供されていて感心したり
これは笑ったネーミング
0659.jpg

え?歌丸師匠??大喜利ですか?

0658.jpg

なかないって、『泣かない』って事なんだそうですよ
泣いた跡のように固まったりしない粉砂糖って事で

バーゲン品で見つけたモノ
0660.jpg

杏仁豆腐っていうのが、杏の種を擦り潰して固めたモノだというのは知っていたけど、実際、この種のまま売られているなんて…
私には無理です~
これを買って本格的に杏仁豆腐を作る人もいるのでしょうね スゴイなぁ

お豆にハマってるお友達は、茶レンズ豆やお菓子の材料を購入しておりましたが、あの量のレンズ豆を私は消費出来そうもないなぁ
でも、型抜きクッキーを作ってみたい!と思いました
あの焼くだけで、ナッツ類をからめる粉ってのに実は興味津々だったり


洋菓子も和菓子も材料から調理器具まで揃ってますCUOCA
http://www.cuoca.com/

PageTop

パロマグリルでランチ

今日は、お友達とパロマグリルでランチデート♪
生憎の雨で残念だったけど、何時もブログで見て気になってるぅ!というお店へ行こう!て訳で
先ずは山荘通りから筑紫通りへ行き、ロイヤルアウトレットへ
お友達は新登場の和牛カレーパンを買い込んでいたので、私もつられて買ってみました
ロイヤルのカレーパンは、結構美味しいらしいです
後はアウトレット価格のアップルリングやプレッツェルなど

それから薬院に戻り、何時ものパーキングに入れようとしたらバーが開かないのか車が立ち往生していて、雨の中、少し遠くのパーキングに入れる事に…うぅ
工事車両とかで休日よりもパーキングが埋まってる感じでした
今日は1番乗りで、パロマグリル入りしました~

0646.jpg

先ずは前菜
0648.jpg

今日のグリンピースのスープは甘めで、お友達には好評でした
女性は好きな味かもね~

私のオーダー/新筍と若鶏のラグーパスタ
0652.jpg
ちょっと和風なペペロンチーノ
ラグーというのは、煮込みだそうです~若鶏のラグーを使ったペペロンチーノかなり美味しいっ!

こちらは、お友達のオーダー/本日の鮮魚のソテー ドライトマトとふきのとう風味
0655.jpg

本日の鮮魚は太刀魚でした
厚みのある太刀魚は、丁寧に骨抜きされていて、とても美味しかったです~
上にのってるトマトとふきのとうが甘くて、和風のような洋風のような面白さになってました
盛り付けも可愛い♪

0651.jpg

0650.jpg
お友達はパン2つバター盛り盛りにしてたけど、美味しかったのかな?

デザートは、私の独断で苺のロマノフと洋風ぜんざいをオーダー
今、お豆系にハマってるらしいお友達には、レンズ豆とタピオカのぜんざいは面白かったようです
オナカも一杯になったし、この後はクオカとボンジュールへ

0656.jpg

気に入ってくれたぁ?
http://www.palomagrill.com/

PageTop

五鉄で遅ぉ~い新年会

六本松交差点から桜坂へ向かって少し歩くと、“五鉄”と隷書体で書かれた看板があります
0637.jpg

今日はココ“五鉄”で、去年の忘年会から持ち越し、新年になっても更に延び延びになって、節分会から雛祭り会になろうという頃になって、漸く開催!の新年初顔合わせをしました

0618.jpg

予約して正解だったみたい
店内は満席で、後から後からお客さんがやって来てましたよ! 人気のようです
先ずは全員ウーロン茶で乾杯♪
ちょ~っと出てくるのが遅いよぅ!の突き出し2品
0619.jpg

0620.jpg
チンゲン菜の蟹玉あんかけと白菜とちりめんじゃこ和え物

定番の唐揚げ
0621.jpg


串モノ
0623.jpg
せせり
0626.jpg
豚バラ

隣りのオジサン達のトコに来たサラダが美味しそうだったので、同じモノをオーダー
0627.jpg
これは、かなりチーズっぽくて温泉玉子でまったりして美味しい~!

私が気になった枝豆となんとかの薩摩揚げ
0624.jpg


とろ玉豚キムチ
0629.jpg
これは美味しかったです! まろやかでピリッときます
この時点で、ご飯モノが欲しいね~な気分
最初の飲み物の注文の時に、炊き上がりに時間がかかるという土鍋鯛飯(小)をオーダーしていたので、早く来ないかなぁ?と

海老マヨです
0632.jpg
揚げポテトの籠に入ってて、ガツガツ崩して一緒に食べると、これまた美味しいですねっ!

これも、隣りのオジサン達の真似っこして頼んだホタテと野菜のかき揚げ
0634.jpg
これもサクサクで美味しかったです~!
もう我慢出来なくて、鯛飯まだですか?と聞いちゃいましたら「もうお持ちしていいですか?」との返事だったので、お願いします!
という訳で、待ってました~の鯛飯
0635.jpg
美味しいです 上品な味ですね~
他の方は鯛飯を〆に食べるのでしょうか?私達は、もっと早く海老マヨや豚キムチと一緒に食べたかったぁ~ですね

他の席に運ばれてくるメニューをチラ見していると、他にも美味しそうな、かなり気になるモノがあったので、また次回オーダーしようと思います!
お値段も手頃だし、お料理も美味しいし、満足ですね♪


0638.jpg
五鉄
TEL/731-5120
営業/17:00~2:00 OS1:00
定休/不定

PageTop

ストロベリーガーデン/STRAWERRY GARDEN

福岡外環状線を走ってて、ふとミルクレープの美味しいケーキ屋さんがあったハズ!と思い出したので、寄ってみる事に…
原の交差点近く、サティの前辺り
0585.jpg

そう混んでもなかったからヨカッタけど、ちょっと駐車し難いですね~頭から入れてる人ばかり

店内は焼き菓子のコーナーと生菓子のショーケースに分かれてました
0582.jpg

ショーケースには、余りケーキがなかったから、あるかなぁ?と思ったら、ミルクレープはホールでショーケースの奥に置いてありました!
ヨカッタヨカッタ♪

念願のミルクレープ¥367
0609.jpg

これは美味しいっ!
0612.jpg

中にはフルーツ、上にはパリパリカラメルで、ウマウマだぁ~

こちらはチョコレートケーキ¥315
0613.jpg

ミルクレープが美味しかったので、ちょっと不利だけど普通です
もうちょっとチョコレートが効いてる方が好きですね

STRAWERRY GARDEN
TEL/092-847-1760  営業時間/AM10:00~PM20:00  定休/不定休

PageTop

天ぷらうどん

職場で美味しいうどん屋さんはドコ?って話になった時に、地下鉄唐人町駅の近くにあるうどん屋さんが美味しい!という人がいて、あぁ、そう言えば、プレハブみたいな簡素な建物のうどん屋さんがあったなぁ~
よくタクシーや車が停まっているし、幹線通りなのにマンションやビルにもならずに頑張っているから、美味しいのかなぁ?と気にはなっていたお店
0581.jpg

その人もお店の名前は???だったみたいだけど…
天ぷらうどん以外、何も屋号らしきモノが見当たりません
お店の名前“天ぷらうどん”でいいンでしょうか?

店内はカウンターとテーブル席が1つで狭いです
食券を買って、お水はセルフ
大盛りは無料で、食券を出す時に大声で言って下さいと書いてありました
0580.jpg


元々好きだけど、教えてくれた人もオススメ!という事で、ゴボウ天うどんをオーダー
0578.jpg

先ず、甘いな~と感じました 普通に美味しいかな 
オバアチャンが作ってる田舎のうどんって感じ
まぁ、実際にオバちゃん数人で切り盛りしてるンですけどね
でも、ちょっと気になったのは、うどん麺が切れ過ぎ
これだったら、麺通団や一番うどんのがいいね~わざわざ食べに来るほどではないけど、近くだったら有りかもね~という事で

明治通り沿い 地下鉄唐人町駅近く“天ぷらうどん”

PageTop

ご当地キティちゃん

先日行った北陸の旅ツアーでゲットしてきたご当地キティちゃん

ご当地の衣装を着たり、ご当地名産品などを持ったり被ったりしていて、なかなか楽しくてお手軽なお土産物だと思います
今回このご当地キティちゃんを見て、「これ、いい!」と買い集めるキッカケになったのは…
0547.jpg
世界遺産の白川郷と一体化!
さるぼぼというご当地の人形に扮して、しかも世界遺産にヤドカリ状態!
面白すぎるぅ~

0549.jpg
金沢兼六園でゲット!
金の箔押しが有名なんだそうです それで金の毬を持ってるんですね

0548.jpg
これはセントレア中部国際空港でゲット!
金の鯱に乗ってます
セントレア空港に向かう高速道から、名古屋城を見たのですが、本当に大きくて金ピカピカ☆の鯱がドドーンとのかってて、まるで角みたいになってました
でも、名古屋城って緑色なんですね~熊本城とかお城って黒と白のイメージしかなかったから、緑の屋根って変だぁ~と違和感ありました

PageTop

お好み焼き“むらた”

今日は飯塚市方面へお出掛け
晩ご飯に、お好み焼きを食べよう!という事になり、飯塚の潤野にある“むらた”へ
0569.jpg


厨房が見える席というか、お料理を作ってる様子が見られる席ってのが好きです
カウンターがあるお店だと、眺めの良い窓際の席とどちらにしようか迷うくらいなのですが、お好み焼き屋さんでは、迷わずカウンター!
コテでチャッチャカチャ、カッカッカ、と作ってるのを見るのって本当に楽しい♪

これはミックスと薄焼き
0570.jpg

モヤシとネギと天カスだけのシンプルな薄焼きをくるり
0571.jpg
う~んイイ焼き色だぁ!
隣りのミックス焼きも玉子の上に裏返しされてます

ソースに青海苔と鰹節を振り掛けて出来上がり~
0573.jpg

ソースはオタフクソースとは違ってウスターソース系な味かな?
ソースは激辛もありましたが、挑戦しませんでした
マヨネーズとソースは自分のお好みでどうぞ~形式
0572.jpg
生地はふんわりしてます
外はカリカリで中はふんわりで美味しいです

ココは焼きソバも美味しいようで、次々とお持ち帰りの注文にお好み焼きと一緒にオーダーされておりました
0574.jpg
目の前で作っているのを見ていると、お好み焼きでオナカ一杯なのに、つい追加オーダー
ん~キャベツの歯応えが美味しい~! 麺も珍しく細麺で固めの仕上がりです
これは、注文が多いのも頷けますね


0568.jpg
TEL/0948-22-4870
営業/11:00~22:00
定休/月・火曜日

PageTop

嬉しいなぁ~Sweets Gift Box

お菓子作りが得意で振る舞い好きな、なんとも有り難いお友達から、焼き菓子の詰め合わせが入った袋が届けられました~☆彡イェイ

0564.jpg

奥の赤いストライプの袋には、1口サイズのフィナンシェ クマの袋にはレモンケーキ
その手前がスノーボール その横が胡桃チョコと胡桃のパウンドケーキ
その後ろがフルーツケーキと盛り沢山!わぁい♪

見た目もキレイだけど、サクサク軽い口どけで美味しい~!スノーボール
0567.jpg


1つ1つ丁寧に包装されていて、さすがだなぁ~と感心しきり
とーーーっても嬉しかったよぅ! アリガトウ♡♡





PageTop

森永製菓

森永製菓のチョコボールが40周年という事で、限定のオモチャの缶詰をプレゼント!
森永の天使のマークが箱のクチバシについていたら、プレゼント~っていう昔からあるプレゼントですね~金なら1枚、銀なら5枚で貰えるという缶詰
その限定版黄金のキョロ缶をゲットする為に、かなり頑張りましたよぅ!
私はキャラメルが好きなのですが、周りはピーナツ派が多いような…

さて、今日ようやく届きました~黄金のキョロ缶
0562.jpg

黄金ってのは、ちょっと大げさ?? 金色のキョロちゃんは銅像っぽい
0563.jpg

ウチには他にも2匹のキョロ缶がいるのですが、赤いキョロ缶のが可愛いです

そして、他のブログを見て気になっていたお菓子
これも森永の有名なお菓子ですよね~小枝
その発売37年限定バージョン/大樹の小枝だそうですよ! 
0558.jpg

これをバレンタインにプレゼントしたかったのに、なかなかコンビニに売ってなくて、今日ようやくゲットしました
0560.jpg

本家小枝と比較してみると、かなりの大きさというのが判りますよね
味は変わらない感じだけど、大樹の枝の所為か、ポキッ☆ではなく、ボキッ☆とかなりの歯応え
本家のポキポキした食感が好きな人には、これ違うー!と思われてしまいそう

そして、もう1つ
0555.jpg

食べきり1口サイズ? それにしても小さいエンゼルパイ
0561.jpg

ん~美味しい~だけど、物足りないよぅ! ここまで小さくするのは、何故?

色んな企画モノを出してくる森永製菓
やっぱり、お菓子は美味しくて楽しくなくっちゃね!
http://www.morinaga.co.jp/index.html
 


PageTop

北陸ツアー帰路編

兼六園は金沢市内中心部にあったので、バスの中からですが、町の風景を見る事が出来ました
初め見て、「あれ、何だろう??」と思ったのは、コインパーキング
下から車体へ板が上がるタイプは、雪が積もったり凍結するから雪国では使えないンでしょうね
車の後ろから車の上を大きく回って半円になったバーが下りるようになっていて、そのバーの先がフロントグラスを押さえるような仕組みになってるようでした
ほほぅ  成る程ね~
しかも、そのバーの押さえる部分、ゴムのようなタイヤのような丸めたタオルくらいの大きさの黒いモノに、カードがぶら下がっておりました
ん~? あ!そうか~雪で下に板が付かないだけでなく、雪で地面の番号数字が見えないからなんだな~と思います 
しかし、既にそのフロントグラスにも雪が積もってナンバーカードも埋もれていたりしてて、雪国スゴイな~と思ったり

ビルの壁面に出っ張り部分が少ないし、街灯が九州とは形が違いました
信号も横型より縦型が多いですし、自転車もバイクも見かけませんでした
でも、車は普通に走っていて怖いくらい… 慣れってスゴイね~と話してました

金沢西ICから東海北陸自動車道へ
日本海も荒れていたけど、福井県に入ったら雪が凄かったです
0531.jpg

トンネルと抜ける度に雪が少なくなっていきます
途中、ちょっとだけ滋賀県に入りチラリと見えた琵琶湖
0532.jpg

養老の滝でお馴染み“養老SA”
0533.jpg


ココで見つけたのは、じゃがバター天という天ぷら
0534.jpg

0535.jpg

0537.jpg

中にジャガイモがごろり! ホクホクで甘さと塩気が調度良くて美味しかったぁ♪
他にも、ご当地キティちゃんをゲットしたり、うなぎパイのミニパックを買ったり

セントレア空港
0538.jpg

0540.jpg

帰りは夕暮れの中を離陸
0544.jpg



急遽参加した北陸ツアーは、雪満載の雪満喫ツアーとなりました
とても楽しかった☆彡
0543.jpg


PageTop

北陸ツアー金沢兼六園

朝ホテルの窓から見た景色
0046611.jpg

宿泊したのは石川県の山代温泉“ゆのくに天祥” 大きな温泉旅館というかホテルでした
昨日は予定より少し遅れてのホテル到着で、ちょっと慌しかったけど、その後の小宴?もとても楽しく過ごせました
0465.jpg

18ものお風呂とお料理が自慢のホテルという事でしたが、蟹が美味しかったですね~
朝ご飯のとろろご飯も美味しかったです♪ お米が美味しいンでしょうね!お代わり続出でした
「石川産こしひかりのお代わりどうぞ~」の声に誘われて、私も珍しくお代わりしちゃったくらいご飯が美味しかったです
仲居さん達も気さくだし、丁寧だし、感じが良かったです☆彡

さて、夜の間もずっと雪が降り続いていたらしく、ホテルの周りは雪かきしている人ばかり
0469.jpg

0467.jpg
葉っぱに積もった雪が重そう…

慣れているとはいえ、よくスイスイ運転出来るなぁ~
0468.jpg
これで道路に20~30cmは積もっています
通行量の多い道路は除雪してあるようですけど、脇道はこんな感じ
人の入らない場所なんかは、かなりの雪が積もっているようでした
でも、そんな雪の中でも、通学している女子高生はミニスカートだったりしてスゴイなぁ~と思ったけど、やっぱりミニスカートの下にジャージをはいている子もいたり…寒いもんね~

今日のメインは、水戸偕楽園、岡山後楽園と合わせて日本3大名園1つと言われる、金沢の回遊式庭園“兼六園”観光です
0524.jpg

『何代もの加賀藩主により、長い年月をかけて形づくられてきた回遊式庭園の兼六園ですが、作庭における基本的な思想は一貫していたようです。
その思想とは神仙思想。
大きな池を穿って大海に見立て、そのなかに不老不死の神仙人が住むと言われる島を配します。
藩主たちは、長寿と永劫の繁栄を庭園に投影したのです。最初の作庭者、5代藩主・綱紀(つなのり)は、瓢池に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛州(えいしゅう)の三神仙島を築きました。
また、13代藩主・斉泰(なりやす)も、霞ヶ池に蓬莱島を浮かばせています。

広い兼六園には、何ヶ所か入口があり、私達は上坂口という入口から入場しました
本当に一面の銀世界!
0474.jpg
これが有名な雪吊りの風景

『樹木に支柱を立てたり縄で枝を吊るなどして、北陸特有の湿気を多く含んだ重い雪から木々を守る「雪吊り」。雪の降り積もる前に行われる雪吊りは、金沢に冬の訪れを告げる風物詩となっています。
兼六園で行われる雪吊りは、11月1日、兼六園内の名木「唐崎松」から始められます。
雪吊りの種類には「しぼり」「みき吊り」「りんご吊り」の3種類があります。
兼六園の名木、老樹には一番複雑な「りんご吊り」が施されます。
ちなみに雪吊りが必要な樹木には、松や桜、ツツジ、アオキ、八つ手があります。
とりわけ松の木は、常緑の葉であるため雪の重みがひときわ加わることから最も念入りに施されることになっています。』
0478.jpg
“唐崎松”

大きな桜の木
0472.jpg
枝ぶりが素晴らしく、きっと花が咲いたらキレイだろうなぁ

写真にも映っているけど、本当に雪がバンバン降ってきて凄かったです
兼六園内の中心にある“霞ヶ池”も、シャーベット状になってます
0479.jpg


0484.jpg

“兼六園菊桜”
『普通の桜と違って、濃紅、薄紅、白と花の色が移っていくのが特徴で、日本で一つしかなかった天然記念物の兼六園菊桜の2代目です。
一つの花に花びらが300枚以上つき、ちょうど菊の花のように咲くことからこの名で呼ばれています。開花期は4月下旬から5月上旬までの約2週間。』
0481.jpg
菊桜、見てみたいですぅ~!

雪に埋もれる“明治記念之標”
0483.jpg
ココの近くには、雪深くて近付けませんでした

あひらこちらに雪吊りがあるのは、それだけ大きな年代モノの大きな木が多いという事なのでしょうね
0482.jpg


“根上松”
0485.jpg
ねあがりまつ と読むのは、大小40数本の根が2mも地上に露出しているから
兼六園名物の見事な枝ぶりの松です
しかし、雪が多すぎて、折角の根上がりはチラリでした

擬宝珠も雪の帽子を被ってて、とんがり頭が見えません
0486.jpg


0487.jpg


0505.jpg

“霞ヶ池”をぐるり

噴水です
0509.jpg

『この噴水は霞ヶ池を水源とし、池の水面との高低差による自然の水圧であがっています。
水の高さは約3.5mあり、霞ヶ池の水位の変化によって変わります。
藩政末期、金沢城内の二ノ丸に水を引くため試作されたものと伝えられています。日本で最古の噴水であると言われています。』 おぉ!日本最古の噴水!

0502.jpg

ほぼ1周ぐるり散策して、上坂口から入って直ぐにお店で昼食
0512.jpg
金沢の郷土料理である“治部煮/じぶに”
『小麦粉を付けて少し甘めの出し汁で煮るためにとろみがつきます。フワフワッとしてさらにトロリとした食感が特徴。煮る時に“じぶじぶ”と言っているように見える(聞こえる)ので、「治部煮」の名がついたと言う説もあります』
初めて食べる味でしたけど、なかなか美味しかったです

食事を早めに済ませ、近くを散策する事に
お店の前には雪だるま
0513.jpg

兼六園付近のマンホール
0522.jpg


桂坂口方向に歩いて行くと、江戸時代から現存しているという金沢城の石川門が見えました
0527.jpg

ぐるり金沢城公園となっているようです
0526.jpg

とても立派な門に見えるけど、石川門は金沢城の搦手口(からめてぐち=城の裏門)にあたるそう
0528.jpg



ちょっと雪が多過ぎ?の感もあったけど、冬の風物詩雪吊りの景色を堪能出来ました
兼六園とお隣の金沢城公園と併せて、とてもキレイに整備されている観光地だと思いました
0529.jpg
今度は春や夏に来て見たいなぁ~と思いつつ




0520.jpg

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/index.html

PageTop

北陸ツアー世界遺産の白川郷②


0440.jpg

折角、長瀬家の囲炉裏で温まったのに、外に出たトコで暫らく動けませんでした
本当に雪国だね~って、しみじみ感動しちゃったり

0444.jpg
つらららららら~♪

0414.jpg
ちょっと現代風の造り

0421.jpg
近所の子供が作った雪だるま&コウモリ?&コアラ??そしてクマ
道を挟んで反対側には、大きなカマクラが作ってあり、写真待ちしてました
勿論、私もちょっと中には入ってみたンですけど、妙に静かで真っ白で不思議な感じでしたね

0409.jpg
裸電球の傘にこんなに雪が寄りかかって、しかも、傘から氷柱まで!

半分凍ってて表面がシャーベット状になってる水路
0415.jpg

0442.jpg

雪が積もってるからって、足を踏み入れるとズボッ!となっちゃうから、必ず人が踏んでる場所を歩いて下さいね!と言われていたにも関わらず、この水路の上がすっぽり雪に覆われていて、いきなり横の人が消えた?!と思ったくらい、見事にハマってしまいました
本当にビックリ☆ 幸いにも雪にとられたのが片足で、ズボッ!となった瞬間、横に転んでしまったので足が塗れずに済んだけど、後ろから来てた人も急に体が下に沈んだから驚いた~!と言ってました
知らない場所で、しかも雪で覆われていると、何もワカラナイから怖いですね!
気をつけなくちゃいけません

さて、ワシワシと雪の中を歩いて、次の目的地は国指定重要文化財『和田家』 大人/¥250 小人/¥150
0446.jpg

『江戸時代の天正元年(1573)以来、代々弥右衛門の名を継ぎながら名主(庄屋)を務めた家柄で、火薬の原料となる焔硝(えんしょう)の取引をして栄えたと言う。  
現存する和田家住宅は、江戸末期に建てられた主屋(おもや)、便所、土蔵などが残っている。なかでも主屋は、白川郷の合掌造民家として最大規模で、式台玄関を備えるなど、質、格式ともに優れた建築である。』

こちらでも入る前には、しっかり雪を払い落としてから…
入って直ぐの間には、『長瀬家』よりも広い囲炉裏がありました
0448.jpg
天井も高いです
0455.jpg
チンチンと沸いてました

囲炉裏の写真の右側に映っている箪笥の横から、上に上がる階段がありました
0449.jpg
こちらも階段も人が擦れ違う事は出来ないくらい狭く、そして、とても急です
途中、左側に中2階の物置スペースがあるのも、同じような造り

0451.jpg
2階から下の土間&囲炉裏のある板の間を覗いたトコ
かなり広いな~と感じました  床もよく磨かれてますよね
横の畳から奥へと行くと、とても立派な仏壇のある仏間へと繋がってました

0454.jpg

『和田家』は3階建てになるのかな
嬉しい事に1番上の階まで上がる事が出来ました~♪
0453.jpg


5階建ての『長瀬家』とは違って、床というか天井が格子になっていませんでした
その奥の窓から見た景色です
0452.jpg
なんだか、外が真っ白…
雪が更に凄くなってない? ちょっとこれは早く戻った方がいいかも…
という訳で、急いで外に出てみると、もう目も開けられなくくらいの雪です
ちょっと前しか見えない~!とアセアセしちゃいましたが、きっと、こういう状況で人は簡単に遭難してしまうのかもしれないね~と後で話したのですが、本当に吹雪くと雪が入って目が開けられないンですね~怖かったぁ!
『和田家』を出る前に地図を見て、前の道を真っ直ぐ行けば大通りに出ると思って、ひたすら顔を下に向けてワシワシ歩いていると吹雪が少し弱まったので、地図を見直し近くにいる人に聞いてみたら、先を歩いている人が、もう少しで“であい橋”の手前で曲がってしまうトコだったので、大きな声で知らせました 「違うけーーーん!もっと先とってよ~ぅ」方言で…w



0457.jpg
『和田家』の柱時計も、しっかり時を刻んでおりましたよ




雪の白川郷 もっとゆっくり見て回りたかったですね
0403.jpg

春にも訪れてみたいです
http://www.vill.shirakawa.gifu.jp/
http://www.ah-sirakawa.net/

PageTop

北陸ツアー世界遺産の白川郷①

郡上八幡から、更に東海北陸自動車道を北上して荘川ICまで
そこからR158を白川郷へ向かって行きました
0399.jpg

どんどん雪が増えてきたね~とワクワクしていたら、雪の降り方が半端ないくらい凄くなってきて、どんどん真っ白の世界へ
何度も除雪車と擦れ違い、本当に雪国感溢れてるね~なんて最初は喜んでたけど、降りしきる雪の所為で周りの視界が悪くなってくると不安に…
0400.jpg

道路も真っ白だし、途中でチェーン巻きます!で休憩
「こんなに降るとは思いませんでしたね~」 はい、本当に!
御母衣ダムを見下ろす休憩所です
0401.jpg

生まれて初めて、こんな沢山の長ぁ~い氷柱を見ました! 軽く30cmくらいあるンですよぉ!
もう、氷柱だらけ! しかも簡単には折れないンですね~スゴイ!
0402.jpg

氷柱で怪我しないようにか、氷柱が下がってる場所の下に除雪した雪を積んであって、氷柱に近付く事は出来ませんでした
「こんなに雪が多いと除雪した雪を捨てる場所も無いから、トラックに積んだりもするンですよ~」との事
やっぱり雪国の雪事情は、私達には測り知れない程の大変さのようですね
先ず朝起きてするのは雪かきだそうで、それしないと外にも出られないそう… でしょうね~
写真の氷柱の下に積んである雪は大人の背丈くらいあって、この雪の壁の向こうに通路があるンですけど、もう雪で全然見えないです

バスはあっという間にチェーン装着して、「予想以上の雪で、この先どうなるか判らないので先を急ぎます!」と出発する事に


そして、漸く到着しましたぁ~! 世界遺産の白川郷です
276300.jpg

知らなかったけど、実際にこの家に住んで生活しているのだそうですよ!おぉ…
旅館やお土産物屋さんや色んなお店屋さんをしていたり、自宅を見学の為に開放しているお宅もあるそうですが、普通に生活している人もいるとか…
この世界遺産に指定された景色を守りながら暮らしていくのは、色んな意味で大変でしょうね

0404.jpg
駐車場からは、“であい橋”という吊り橋を渡って『荻町合掌造り集落』内へ
この吊り橋を歩いて渡ったのですが、もう滑って怖いし思うように進めず四苦八苦…

0408.jpg
近くで見ると大きいです 圧倒されますね~

0407.jpg
積もった雪の厚みがかなり… おぉ



「合掌造り」は、叉首構造の切妻屋根とした茅葺きの家屋で、一般の日本の民家に比べて規模が大きく、屋根の勾配が急傾斜となっています。このような形式の家屋が造られたのは、降雪に対処するためですが、養蚕などの用に供するため小屋内の空間を広く大きくとる必要があったからでもあり、多くの場合、小屋内を2~3層、あるいは規模の大きな家屋では4~5層に造って効率的な利用を図っています。
小屋内をこのように活用するのは日本の農家では極めて珍しく、また、聳え立つような大きな三角形の妻面をみせる家屋が群となって並び立つ集落景観は、他の地方には見られない独特のものです。
277400.jpg


県重要文化財『鐘楼門庫裡』
0411.jpg

かなりの雪を被ってて重そうです
0412.jpg
この鐘楼門の下には、雨宿りならぬ雪宿りしている人が多数いて、門をくぐる事を断念しました

段々と雪の降り方が激しくなってきて、顔が冷たい~~~!
目の中にも雪が入ってくるので、目も冷たい~~~!
沢山の人が歩いているのに雪は溶けもせず、歩き難い~足をとられるぅ~!と大騒ぎしながら見学出来る『ふる郷/長瀬家』へ到着しました 大人/¥250 小人/¥120
0441.jpg

「玄関でよく雪を落としてから、お入り下さいね」と言われて自分を見てみれば、帽子の上にも肩にも雪が積もってる! 
うわぁ~スゴイ事になってるね~!皆、真っ白けです
睫毛にも雪が付いてる!おぉ!
という訳で、入る前に小さな箒でお互いの雪を払い落としてから、靴を脱いで『長瀬家』へ
0422.jpg

入って直ぐの奥の間には、囲炉裏がありましたが、其処ではお茶のサービスが受けられるようです
そして右手の仏間へ
色んな古いモノ、この家の歴代当主や親族の写真なども飾ってあり、普通に旧家に上がってる感じ
0424.jpg
飾り欄間

0427.jpg
ちゃんと時を刻み続けている時計

そして、天井です
0426.jpg
こうして天板が格子状になっているので、下の囲炉裏からの熱が上へ上へと上がっていくようになっているらしいです
この火で家全体を燻す事によって、木材の腐敗をなくし乾燥させ、害虫を寄せ付けないようになっているそうです 

急な階段を上ります
0430.jpg
この2階までが生活の場という感じでしょうか
その上からは更に急勾配の階段というか、上層階になるにつれ梯子の様相を呈してきます
0432.jpg
この床板が2枚、奥に向かって続いていて、左右と中央に色んなモノを置いておくようになってました
昔は、このスペースで養蚕業が行われていたらしく、その道具や昔の生活道具などが展示されてました

この梁には釘などは一切使われていないそうです
0431.jpg


格子状の天板の上に床板が置かれているだけなので、こうして下の様子が見えます
0436.jpg


この長瀬家は、中2階もあったりして4層構造になっていたのかな? 多分5階建て
1番上の階は立ち入り出来ませんでしたが、合掌造りの頂点だぁ~と思って見上げていました
0437.jpg
ココは秘密の部屋って感じで、ワクワクしますね!

下の囲炉裏が調度空いていたので、冷え切った足を温める事にしました
大人が10人くらい囲めそうな囲炉裏です  囲炉裏の火ってイイですよね~
0438.jpg
ぶんぷく茶釜みたいな鉄瓶です☆
コーン茶を頂きながら、またり
「ドコから、お越し下さいました?」と聞かれたので、「九州です」と答えると、「こんな雪は見た事ないでしょ?驚かれたでしょ?」と
今日は特に雪が多くて、これから泊りに行くトコまで無事に行けるといいですね~と言われたりしながら、コーン茶で体もすっかり温まったので次へ出発~♪




PageTop

北陸の旅ツアー郡上八幡

急に誘われて、“冬の白川郷と北陸の旅ツアー”に参加する事になりました

朝1の飛行機に乗る為に、5時起きして福岡空港へ
空港って大好き~! 飛行機に乗るのも大好き~!
あの離陸する瞬間がたまらなくワクワクしちゃいます
0371.jpg


眠いなぁ~と思っていたけど、周りはみんな元気一杯で圧倒されつつ、朝の搭乗ラッシュを無事に通過して機上の人に…
0374.jpg

搭乗検査で、4回もゲートを通らされていた若い女性の2人組に対して、私の後ろのオジサンが「いやぁ~ん じゃねぇっつの!」と呟いていたりして、とても殺気立った空気だったけど、飛行機に乗るのは本当に楽しい♪
こんな雲海を見られると嬉しい~ウキウキ☆彡

約1時間でセントレア中部国際空港へ到着
それからバスに乗り換えて、東海北陸自動車道を北上しました
途中で休憩したSA長良川
0379.jpg
SAのマークもエリア内も、九州のSAとは違うので、旅行に来たなぁ~って感じ
東海北陸自動車道を北上するにつれ、周辺は雪景色へと変わっていきます
トンネルを抜ける度に、雪の量が増えていき、最初の目的地に着く頃には、山だけでなく平野まで雪で真っ白になってきて北国に来たなぁ~って実感

さて、昼食&観光で岐阜県の郡上八幡へ
郡上八幡の城下町として栄え、郡上盆踊りで有名なようです
“流響の里”という1Fがお土産物物産販売所、2Fがお食事所で昼食をとりました
0381.jpg

昼食は、お味噌を使った郷土料理
0382.jpg

甘味噌で炊くお野菜とお豆腐は、ご飯が進みますね~美味しかったです
舞茸と白葱とお豆腐だけのシンプルさなのに、甘くて美味しいの!
0383.jpg


食事を済ませてから、自由行動という事で、この“流響の里”の周辺を歩いてみました
山の上には、昭和8年に1万8千円で再建された模擬城
0386.jpg
とても小さなお城です
どうも石垣が古くて有名なようだけど、時間がないのと雪道の階段は滑りそうで怖かったので上りませんでした

古い町並みをぶらり
0393.jpg

0397.jpg

0398.jpg

脇道に入ると、そこには“宗祇水”という湧き水がありました
『室町時代の連歌の達人である飯尾宗祇がこの湧水の傍らで庵を結んで愛用したことから「宗祇水」と呼ばれるようになった』
0394.jpg

なんと、日本の名水百選の第1号に選ばれたという湧き水らしいです! おぉ
こんなトコに第1号が!とビックリでした
0395.jpg

湧水量はそうでもなさそうでしたが、町の人の保全管理が行き届いている様子で、兎に角キレイでした

“流響の里”に戻り、お土産物や雛人形を見たり
0387.jpg

0388.jpg

とても古い雛人形の展示や下げもんもあったけど、私はこの木目込み人形が可愛くて好きです
雛人形を見ると春を感じますね


郡上八幡
http://www.gujohachiman.com/kanko/index.htm

PageTop

Valentine's Day♡パティスリールカ

デパートのお菓子売り場は大変な混雑だったので、チョコレートを買うのは諦め、パロマの帰りに“パティスリールカ”でケーキを買う事に
0356.jpg

勿論、ルカも駐車待ちの車が一杯!
ちょっと離れたトコに停めて、てくてく歩いて買いに行きました
店内はそう混んでなかったのでヨカッタ~

バレンタインって事で、赤いハートが可愛いチョコレートケーキを選びました
0359.jpg

本当は、細いチョコレートのハートの飾りが付いていたけど、ポッキリ折れちゃってて残念!
ちょっと洋酒が利いてるかな?ふんわりしたムースの優しいチョコケーキでした
下のダークチェリーとザクザクしたクッキーが変化のあって美味しい~♪

0361.jpg

中にバニラ一杯のプリンが入ったケーキ
周りのチョコムースが、濃厚でかなり美味しい!

ルカのケーキは、ちょこちょこと崩しながら食べるのではなく、上から下まで切った1切れをお口に入れて、積み重ねたそれぞれの層が織り成す食感を楽しみ味わうように作られているような気がします
パリッときて、フワッとして、まったりして、ザクザクッとするような

そして、今日こそはお試ししちゃうぞ~!と塩ロールを購入
0362.jpg
ハーフサイズがあるのも嬉しい

中に胡桃が入っていて、おぉ~本当にほんのり塩加減の甘さ!美味しい~!
0364.jpg

シュー皮もアクセントですね





0363.jpg
www.lek.jp

PageTop

パロマでランチ♪

天神で用事を済ませて、本当は福間まで行きたかったけど、オナカがペコペコだ~という事で、何時ものパロマグリルへ
今朝ね、TVの情報番組『ももち浜ストア』で、パロマグリルの洋風ぜんざいが取り上げられてたんだよぅ!と話していたら、足が向いてしまっていたというね、もうコアですよね

さて、今日の前菜は春に変わっておりましたよ
0345.jpg

スープがグリンピースに! 春らしい色です

そして、メイン/タンドリーポーク
0348.jpg

ちょっとカレー粉が利いたしっかりした味で、ご飯が合いますね!
0349.jpg
付け合せもゴロゴロリ

こちらは、ヘルシードリア 山芋と豆腐のソース
0351.jpg
もうちょっと変化が欲しいかも…

デザートは苺のロマノフ小さい版
0354.jpg

今日はValentine's Day なので、夜のパロマはカップルで埋め尽くされそう…
苺のロマノフはValentine's Dessertにピッタリかも~♡

お喋りしていると、店内に響くトンカン☆トンカン☆ え?金槌の音??
と思ったら、夜の仕込みでしょうか? シェフが穴子を捌いておりました!おぉ…!
0355.jpg

あの穴子が一体どんなお料理になるのか気になる気になる~!
調理場が見えるココの席は、私達にとっては特等席ですね



0353.jpg
http://www.palomagrill.com/

PageTop

6周年を迎えたパロマグリル

急に誘われて、パロマグリルで晩ご飯♪
0310.jpg

遅い時間だったけど、店内はお客さんで一杯でした

何時ものTAPAS/スパイシーチキンとお初のラタトゥイユの温泉玉子添え
0312.jpg

温泉玉子を隠している野菜を開いて
0314.jpg

温泉玉子を割って
0316.jpg
ラタトゥイユとからんでウマウマだぁ!
これは女性は好きな味だと思いますね~

さて、今日は6周年記念の期間限定メニューをオーダーしなくちゃね!
0323.jpg

何時もの醤油オムライスの中から、和牛ステーキがゴロゴロと!おぉ~!
0326.jpg
これは食べ応えあり!

そして、今日は看板に書き出しメニューがあったので、オーダーする事にしました
なんでもシェフが毎朝3時に(おぉ! 睡眠時間は大丈夫なんでしょうか?)長浜の魚市場でその日仕入れてきたお魚を使ったお料理というのが、メニューに加わっておりました
木の実のソテーやふきのとうの味噌焼きなど、4種類の看板メニューの中から選んだのは、
“天草産天然鯛モンテカルロ風”
0320.jpg
ミネストローネみたいで美味しいです!
鯛もフワフワです

海老とフレッシュトマトのパスタ
0319.jpg
今日は酸味が利いてた気がします

デザートは苺のロマノフ
0330.jpg
もうコレは最高ですね! 口福ですね☆彡




0327.jpg

http://www.palomagrill.com/
いや、別に回し者じゃないですから… 
美味しいモノは美味しい!というだけですから…


PageTop

湊公園ランタン

湊公園に入る竜宮門は長蛇の列が出来ていて、スゴイ人だかり!
やっぱり、灯りが入るとキレイです
老鼠娶親
0297.jpg

0295.jpg


鳳凰
0299.jpg


金魚達
0302.jpg

0304.jpg



0303.jpg


0305.jpg

昇り龍
0306.jpg


来年もまた来よう!

PageTop

幻想的なランタン

日が暮れてランタンに灯りが入ると、長崎の町は色鮮やかで幻想的な雰囲気に包まれます
特に、賑やかな中華街から少し歩いた商店街の中にある唐人屋敷会場は、とても幻想的で怪しい雰囲気
洋菓子店がお祝いの桃カステラを売っていたり、蒲鉾屋さんやお魚屋さんが露天を出していて、店先で海鮮汁や焼き牡蠣やエビチリなどを食べさせたりして賑やかでもあるけど、古い商店街なので細い暗い路地があり、ドコか違う世界に吸い込まれてしまいそうな、不思議な空間なのです
0292.jpg



そんな唐人屋敷跡には、土神堂/天后堂/観音堂/福建会館4ヶ所の中国式お堂があります
唐人屋敷とは、中国人版の出島みたいなモノで、鎖国時代オランダ人の居留が出島でのみ許されたように、中国人は唐人屋敷でのみ生活が許されたそうです
先ずは、土神堂から
0274.jpg
お堂内
0275.jpg

ココは近くに唐人町会場のインフォメーションなどがあり、かなり人が多いです
入口から入って石橋を渡らなければならず、ギュウギュウしてますね

土神堂を出て左に路地を進むと、何時か入ってみたいよね~と思っている昔ながらの銭湯/丸金銭湯があります
0277.jpg

この銭湯からランタンを辿って坂道を上って行けば、天后堂に着きます
タイムスリップしそうな空間が其処彼処に…
0279.jpg


天后堂
0280.jpg

0281.jpg

天后堂の前には広場があり、ソコにも大きなランタンオブジェが飾られています

観音堂は奥まった場所にあります
0282.jpg

0283.jpg


観音堂から下って行くと福建会館があります
0284.jpg

0288.jpg


4ヶ所のお堂を巡ると、良縁に恵まれ夢が叶うというらしく、各堂で赤い蝋燭を点す台が設置されています
0289.jpg


私達は4ヶ所お堂を巡った後、何時も長崎といえば蒲鉾!とイカの入ったすり身に割り箸を刺した串を買います¥150 ピリ辛で美味しい~
串をパクつきながら、灯りの入った港公園会場のランタンを見に行く為に下りて行きました



0293.jpg
長崎ランタンフェスティバル
http://www.nagasaki-lantern.com/

PageTop

長崎ランタンフェスティバル

お天気予報では、強い寒気の影響で午後から雪になるかも~だったけど、お休みも取れたし約束もしていたので予定通り長崎ランタンフェスティバルへ
0129.jpg

長崎ランタンフェスティバルとは、『長崎在住の華僑の人々が、中国の旧正月(春節)を祝うための行事として始めたもので、もともと「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行なわれていましたが、平成6年から規模を拡大し、長崎全体のお祭りとして、冬を彩る一大風物詩となりました。』


ランタンフェスティバル期間中は、パーク&ライドで1日¥500の駐車場があるので何時も利用してます
そして市内へはチンチン電車で…
このチンチン電車に乗るのも、長崎に来ると楽しみの1つ♪
0111.jpg


先ずは、浜市アーケードのランタンから観る事にしました
0114.jpg

この大丸とマクドナルドのあるアーケードの交差した場所に、ランタンのインフォメーションがあるので、そちらでランタンのプログラムを貰って、今日の予定行事を見る事に

アーケードは上にも沢山のランタンが下がってるけど、大きなランタンオブジェが通路にデデーンと飾ってあります
今年は初お目見えのポケモンやトトロもいたりして、子供達で賑わってました
月下老人
0116.jpg

福(福の神) 裾に蝙蝠が付いていてオシャレ~!
0115.jpg
3賢人のランタンもお初でした


それから、眼鏡橋の中島川公園会場へ
0120.jpg

小雨がパラついて風もある所為で水面がザワついててキレイな眼鏡になってないし、黄色のランタンもくすんで見えて、ちょっと残念!
両岸には、それぞれ干支に因んだ動物のランタンと、出目金やランチュウなどの金魚のランタンが飾ってあります
これから崇福寺や興福寺などのお寺を廻るか、中央公園会場に行くか迷う迷う
一昨年はランタンのCMで使われている崇福寺がすごく良かったけど、今回は早めに帰宅するつもりだったので、中央公園から中華街へ行き、唐人町会場へ行くルートを選択
(その途中で、久しぶりにグラバー園にも立ち寄りました)

中央公園会場は、中華街横の湊公園と同じく、舞台と出店のある会場になります
調度、二胡の演奏があっていたので暫らく拝聴していましたが、もう寒くて寒くて!
早々に退散しました

途中で、去年の干支メインオブジェだった豚さんを発見! 鐵橋会場は橋の上になります
0163.jpg
この愛くるしい顔がなんとも…
こうして擬人化?されているようなオブジェがあるかと思えば、すごぉく写実的なオブジェもあったりします

湊公園に入る竜宮門
0150.jpg

中華街横の湊公園には、供物祭壇が設置されています
本物の豚の頭がズラ~リ! ちょっと圧倒されますよね~
0132.jpg
初めて見た時は、正直ギョッ!としたけど、毎年「今年も美味しいモノが食べられますように…美味しいモノを食べさせて貰えますように…」とお祈りをするようにしております
でも、何時もスゴイ人込みでギョウギョウ状態になるので、今年は人の少ない明るいうちに参拝する事にしたのは正解でしたね

0133.jpg

老鼠娶親
今年の干支は子だから、メインのランタンオブジェは、勿論ネズミです
『中国では正月3日の日にネズミが嫁に行くという言い伝えがあります。ネズミは神の使者として、大変縁起がよいものとされ、ネズミが居ついた家は家運が上向き、災難から免れるといわれています。』
0134.jpg


湊公園会場のランタンは、去年に比べて数が減ってたようです
余りにも人が多くて危ないからでしょうか
孫悟空
0144.jpg

孔雀
0141.jpg

雙獅戯球
0137.jpg

0139.jpg
巻き毛が愛らしい♡




0286.jpg

かなり寒かったけど、少しパラついていた小雨も夕方には止みヨカッタ~



長崎ランタンフェスティバル
http://www.nagasaki-lantern.com/

PageTop

長崎グラバー園②

旧リンガー邸を前を通り、次に向かうのは旧オルト邸です
旧リンガー邸の周囲から奥に向かって沢山の花々が植えられており、旧オルト邸に向かう途中、調度、今年初の梅も楽しめました
0204.jpg

0238.jpg


『イギリス出身のウィリアム・オルトは、開国とともに長崎入りしオルト商会を設立しました。そして長崎の大浦慶という女性と提携して、九州一円からお茶を買い求め輸出事業を行いました。』

江戸時代末期に天草出身の職人/小山秀之進が手がけた旧オルト邸は、タスカン様式の列柱が印象的で、ポーチ横には日本最古の最大級の木香バラが茂っています
0211.jpg
邸宅も広く、天井が高く、花に囲まれてる感じで、グラバー園の中の邸宅では1番好きかも

0212.jpg


0216.jpg

バルコニー正面に噴水があるのも素敵だなぁ
0213.jpg


旧オルト邸の裏には、台所や使用人の作業する棟があり、その横の山の斜面には穴を開けて食べ物を貯蔵する為の室が設えてありました
0215.jpg
旧オルト邸の窓から見たところ

0201.jpg

0218.jpg

水仙も一杯咲いてました
0210.jpg

この更に奥に、旧スチイル記念学校というのがありますが、行きませんでした

来た道を戻って、第3の壁式噴水の前には、日本人オペラ歌手/三浦環像があります
ココは人が多かったので写真はなし
0189.jpg

0206.jpg

ベンチとテーブルがあって休憩スペースですね
以前、夏の夜に来園した時は、ライトアップされた噴水の前でオペラ演奏があってました

噴水の横に亀の置物が守っているような池があり、丸々と太った鯉が泳いでます
旧自由邸という西洋料理のお店の前を通過して階段を下りると、旧グラバー邸へ
0224.jpg

0227.jpg

トーマス・ブレーク・グラバーは、日本人女性と結婚したのですね~初めて知りました
息子のトーマス・アルバート・グラバーは、『グラバー』から倉場富三郎と名乗っていたそうです
ほほう

旧グラバー邸は、江戸時代末期に建てられた日本最古の木造洋風建築で、上から見ると建物全体がクローバーの形をしているそうです
サンルームもあってモダンな造りですよね
0237.jpg
グラバーが植物好きで温室を作ったようです
そんなグラバーに薩摩藩から寄贈されたソテツが、邸の前にデデーンと生えてます
0231.jpg
樹齢300年の巨大ソテツ 圧巻ですね

室内から見た温室
0236.jpg


長崎港の夕暮れ
0232.jpg


そして、グラバー園内のマンホール
0225.jpg


久しぶりにグラバー園に行ってみよう!と思った1つには、これがありまして…
0230.jpg

園内にある敷石がハート型になっている場所があるのです
それを探すと恋人同士はハッピーになれるとか…という訳で、以前訪れた時の記憶を頼りに探してみました
しかし、2つのハートを見つけるのは簡単だったけど、後1つが見つからない
上ったり下りたり、また上ったり下りたり…ふぅふぅ はぁはぁ

で、諦めてパンフレットを見てみたら…!
なんとハートストーンの場所が明記されてるじゃぁありませんか!
えー!前に来た時は場所のヒントもなく、ただ3つのハートストーンの写真のみ
その形だけを頼りに、一生懸命探した思い出があります
そして、ハートストーンも3つあったハズなのに…あと1つは、一体何時消えちゃったンでしょうね??
0243.jpg
見つけ易いように、ライトアップまでされてます
良い運動になりました(^ ^)


0244.jpg
てくてく帰って行く警備のオジサンを見送り、私達もランタン会場へと

帰りに見つけた福を呼ぶ蝙蝠
0271.jpg

オシャレな福砂屋のビルですね~



グラバー園/長崎南山手物語
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/glover/



PageTop

長崎グラバー園①

久しぶりにグラバー園にも行きました
長崎市の南山手町にあります
チンチン電車は、緑色の5系統/石橋行きで、大浦天主堂下で下車
0167.jpg

ぶらりと歩いて大浦天主堂の前を通過して、横の坂を上って行くとグラバー園への入口というか、上り階段とエスカレーターがあります

先ずは、長崎さるく(ブラブラ歩くの長崎弁)キャンペーンのマスコットがお出迎えしてくれました
既に、ゼェハァと息があがってたり…
0168.jpg

入園料は大人¥600/高校生¥300/小中学生¥180
小中学生の入場料の安さに、ビックリです! さすが観光の町/長崎ですね~!
0169.jpg
チケット売り場にもランタンがゆらゆら


『グラバー邸は、スコットランドから渡航したトーマス・ブレーク・グラバーが1863年に建設した住まいです。グラバーは、異国の商人達だけでなく、倒幕の野望に燃える幕末の志士達や、西洋の学問を志す若者達に援助尽力しました。また明治以降も経済人として日本の近代科学技術の導入に貢献しました。』
南山手の丘のグラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築している公園なので、“グラバー園”というようです

先ずは動く歩道で、園内の最も高い場所にある“旧三菱第2ドックハウス”へ
0171.jpg

1896年に建設された洋館で明治期建築の典型的スタイルだそうです
0174.jpg

当時は、修理船の乗組員の休憩宿泊施設として利用されていたとの事
2階のベランダからの眺めは最高にキレイです
0175.jpg

下には前庭と噴水と池
0177.jpg

彼方には長崎港
0178.jpg
曇り空なのが残念ですが…

それから順路に従って下りて行くと、壁の噴水があります
0184.jpg

0185.jpg

壁式の噴水が3ヶ所あるのですが、私はこの1番上の噴水が好きです

次は、旧ウォーカー邸
0193.jpg
向こうに見えているのは、旧長崎地方裁判所長官舎です

0194.jpg

0192.jpg

『ロバート・ネール・ウォーカーは、イギリス出身で1898年に長崎にウォーカー商会を設立し、日本の海運業に大きな業績を残しました。その後、日本初の清涼飲料水メーカーを設立しました。』
このロバート・ネール・ウォーカーの次男の旧邸で、他の邸に比べて、こじんまりした印象ですね

旧ウォーカー邸横の2番目の壁式噴水
0190.jpg

ここから階段を下りて行くと、旧リンガー邸があります
外壁が石造りで、優雅な南欧風バンガロー形式の明治初期の洋風建築だそう
フリーメーソン・ロッジと呼ばれている石門
0197.jpg

『フレデリック・リンガーはイギリス出身で、1864年にグラバー商会に勤務した後、自身でリンガー商会を興し、貿易/長崎の上下水道建設/製茶/製粉/発電/ホテル事業など幅広く事業を行いました。』
リンガーハットちゃんぽんは、このフレデリック・リンガーが名前の由来だそうですよ ほほう
0200.jpg
暖炉があるのが、外国らしいなぁ~と思ったり

0198.jpg

本当に天井が高いですね~
0201.jpg

外に見えるのは長崎港
こうして明治初期の洋館から眺めると、不思議な感じ



PageTop

島原半島名物じゃがちゃん

以前、島原半島をドライブした時に食べた『じゃがちゃん』
長崎に行くなら、また食べたぁい!という事で、ちょっと寄り道しました
島原周辺はジャガイモが名産のようで、ジャガイモに衣をつけて揚げたモノを串刺ししてる『じゃがちゃん』
0094.jpg

ホクホクで塩加減が絶妙でほんのり甘いンです~
0093.jpg

これを食べたいが為に、今日は高速道を諫早ICで下りて島原方面へ
橘湾を見下ろす展望台とバスターミナルとお土産物屋さん?が合併したような千々岩観光センターって場所で売ってます
0097.jpg

今日は雨で残念だったけど、ココからの景色はなかなか素適です
熱々のじゃがちゃんを頬張りながら海を見るのがオススメ(^ ^)b

それから、長崎へ向けてR251島原街道を初めて走りました
初めての道って、ワクワクドキドキ☆

PageTop

パステル

手にしたお土産の袋の色を見た瞬間に「あ!パステル!」
もう、すっかり有名ですもんね
0086.jpg

うわぁい♪ 調度、甘いモノが食べたかったンだよぅ!

パステルなめらかシリーズは、私的には、ゆるゆるのヨーグルトのようなプリンって印象です
『なめらか特濃ミルクプリン』
0088.jpg

とろっとろのゆ~るゆるなカスタード 甘々です~ ¥336


そして『ふわふわショコラレアチーズ』
0087.jpg

蓋を開けるとカシスの匂いが鼻をくすぐります~
カシス大好き♡
おぉ!これは、かなり美味しい! やっぱりショコラムースとと甘酸っぱいカシスは合いますね~
0090.jpg

なめらか特濃ミルクプリンより少しだけ高い¥378

どちらも2月の限定モノみたいです
なめらかプリンPastel
http://www.chitaka.co.jp/pastel/index.htm

なめらかプリンブリュレも気になるぅ~

PageTop

ロイヤル/アペティート

博多区那珂にあるロイヤルでパンのアウトレットのお店がオープンして数年
博多駅辺りに用事がある時に、たまぁに寄ります
トレイに山盛りしても半額だから安心♪ お財布に優しい~

今日はバナナマフィンがあったので、直ぐに車で食べる用に
0021.jpg
系列のエリザベスマフィンと同じレシピ? しっとり柔らかくて美味しい~♡

後は、プレッツェルとシナモンがたまらない美味しさロッキーとベーグルなど
そして、アップルリング
0030.jpg

0031.jpg

これは美味しい!
アップルロールが6個詰まってアルミ容器に入った多分定番商品のパンがロイヤルにあって、私はそれが大好きなんだけど、なかなか店頭になくて…今日は久しぶりにアップルの入ったパンが食べられて満足☆彡

ロイヤルの商品で、これも好きなドリンク パラダイスティー 
0022.jpg

商品パッケージ通りに、トロピカルでパラダイスでスッキリした飲み心地です

パンだけでなく、揚げ物やケーキや焼き菓子とかのアウトレット商品もあり、イートインスペースもあって便利です

PageTop

節分で恵方巻き

節分に恵方巻きを食べるっていうのは関西では多いようですが、最近は普通に九州でも恵方巻きが売っているようになりましたね
商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持つとされる恵方寿司とも呼ばれるらしいですね
0080.jpg


『恵方巻き』とは、節分の夜にその年の恵方に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら丸齧りする太巻きの事
今年の恵方は南南東だそうです
方位磁石がドコに行ったか分からず、地図から方位を調べて南南東に向かって食べ始めました
途中で話しちゃいけないって電話かかってきたらどうする?とか思いながらバクバクバク
結構オナカにきますね、これは… う~苦しかった!


0081.jpg

鬼は外~! 福は内~~~!

PageTop

初めてのパンケーキ

そろそろお昼ご飯食べよう!と思ったけど、時間が無い!
という訳で、色々悩んだり探したりせずに何時ものパロマグリルへ
お昼時だからお客さんが一杯だったけど、運良く「お席ご用意出来ます~」と5分くらいで店内へ案内されました

今日は新しいメニューがありました前菜
0066.jpg

0068.jpg
ん?これは何??
と思ったら、これキウィでした 何がかかってるンだろう??甘酸っぱい~

若鶏のスパイス焼きメキシコ風サルサ添え
0071.jpg

辛さも調度良く美味しかったらしいです


そして、他のブログで見て気になっていたパンケーキ
今回はチョコ&バナナにしました
0073.jpg

何時もがっつり食べてしまうので、前々から気にはなっていたけど、エッグシングスの粉を使っていますという文字にも引かれていたけど、なかなか余裕がなくて頼めていなかったパンケーキ&ワッフルです
パンケーキが見えない程のクリーム&アイスクリーム! もう、めちゃ美味しかったぁ!
今度はフルーツをオーダーしようかなぁ☆彡



パロマグリルは6周年を迎えたそうですよ!
只今、1/25から2/17までパロマ感謝祭を実施中!
期間限定特別メニューがお目見えしているという事なのでワクワク♪
0074.jpg

http://www.palomagrill.com/




PageTop

marimekko

楽しい気分になるよ!と連れて行かれたのは、VIOROに入っている“marimekko”
0063.jpg

フィンランドの有名なテキスタイルブランドです
きっと、この花柄を目にした事あると思います
3490592790.jpg


勿論、花柄だけでなく色んなモノがあり、ウィンドーには苺模様のワンピースがあったり

0064.jpg

0065.jpg

バッグやポーチなどの小物やタオルにクロスにクッションカバーに食器など
店内は色鮮やかで賑やかです

『テキスタイル』とは、繊維製品全般、布地やインテリアなどに使われる図案まで含めるモノのようです
テキスタイルデザインは、アパレル用の生地やインテリア用生地や織物のデザインのことで、服飾関係のプリントやインテリア関係における布地のデザインを指すようです
『ファブリック』は、生地や織物の総称から少し広い意味で用いられることが多く、カーテンやテーブルクロス、椅子やソファの張り布地、クッション、ベッドカバーなど、布を使ったもの全般に指すようです
しかし、同じようにクッションやベッドカバーやクロスもあるし、スクリーンパネルやカーテンとしても使われているようなので、デザイン性の高いモノが『テキスタイル』という感じなのでしょうか

“marimekko”
http://www.marimekko.jp/


北欧のテキスタイルブランドはイイなぁ
エゲット、ボラスコットン、そしてクヴァドラ…素敵過ぎ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。